プロパンガス

いっしょうけんめい働いた人が
せめてビールぐらいは安心して
本物を飲める世の中をつくろう


テーマ:

秀吉の朝鮮侵略と民衆

北島万次

 

僕が、ずっと不思議に思ってること。

 

秀吉(にせよ、他の戦国武将にせよ)が、国内で戦を進めるときには、いきなりガチンコで武力でぶつかるのではなく、敵将を諜略してみたり、なだめすかして降伏を呼びかけたり、一夜城で驚かせたり、とにかく手を変え品を変え、戦わずして勝つ方法を考える、あるいは最小限の被害で勝とうとする。

 

だけど、朝鮮出兵については、そういう話がぜんぜん聞こえてこない。

 

もちろんいろんなことがあったはずなんだけど、虎を捕まえたとか、鼻を削いだとか、そういう話ばかりで、短期間の中で平壌まで進んだにしては、あまりにストーリーらしきものが少ない。

 

そのあたりが知りたくて読んでみたんだけど、ダメだった。

 

いや、本のせいじゃなく、朝鮮半島の地名とか、人名とか、当時の役職の名前とか、日本にはない漢字もいっぱい出てきて、ぜんぜん頭に入らない。

 

トルストイとかドストエフスキーとかを読んでいてロシア語の固有名詞に悩まされる以上に、何が何だかわからなくなる。

 

僕の能力の限界。

 

僕の人生においては、このテーマは諦めることにした。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

プロパンガスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「読書」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。