札幌で接遇マナー第一に実直に生活する介護福祉士 菊地浩一郎のブログ

ひとりはみんなのために みんなはひとりのために

                                                                

     





札幌で接遇マナー第一に実直に生活する 介護福祉士 菊地浩一郎のブログにお越しいただきありがとうございます。



それなりに人生を経験してきた中で、人付き合いを深めていくには、感じの良い自分でいることが大切だと感じています。


人との関わりをもちながら、「働き・遊び・休む」日々の暮しの中で感じた、マナーのこと、福祉のこと、世相のことなどを文章にしています。


できるだけ、しがらみや束縛から離れて、気持ちを楽に穏やかな暮らしを送っていきましょう。



“みんなちがって みんないい”



合同会社あすなろのHPは→こちら
































NEW !
テーマ:

おはようございます。

 

札幌で接遇マナーを第一に実直に生活している 菊地浩一郎です。

 

先週末、息子や娘の願いとは別に

 

実家でいまだ一人暮らしを続けている

 

父親の生活の安全と安否確認に役立てたいと

 

柔道やレスリングで有名な大手警備会社のA社に

 

ネットで見守りセンサーの資料請求をした時のことです。

 

この会社とは別にもう一社に同じように資料請求し

 

届いた資料を見比べて、妹にもそれを見せ

 

どちらのセンサーにするかを決めようと考えていたのですが

 

A社は唐突に資料を直接もってアポなしで

 

自宅に訪ねてきたようで

 

仕事を終えて帰ったら、食卓テーブルの上にA社の封筒が置いてありました。

 

(もう一社はスマートに郵送で届けてくれました)

 

別に変な商品の資料でもなく、妻に内緒にしていたわけでもありませんが

 

共働きの我が家ゆえと、まずはじっくりと、「見守りセンサー」という

 

製品そのものを把握した上で、どちらの会社の製品にするかを決めようという

 

思惑のもとに資料取り寄せを図ったこちらの意思を確認もせずに

 

いきなり訪ねてきたことに気分を害してしまいました。

 

「資料を見ていただいていかがでしたでょうか?」などと

 

再び営業訪問されては叶わないと考え

 

A社の支社に電話を入れ、こちらから連絡するまで

 

訪問は控えてもらいたいと申し入れをしました。

 

「なぜ、連絡もしないでいきなり訪ねてきたのか?」と

 

尋ねた私の質問に対する答えが

 

「直接お持ちしたほうが早いかと思いまして・・・」というものでしたが

 

この担当者の頭に中には

 

「売りたい」という自分勝手な気持ちばかりで

 

相手の都合や気持ちを想像しようとする視点が欠けているのだな。

 

会社もそういう教育をちゃんと施していないのだなと

 

感じた次第です。

 

警備業界では1,2を争う大手のA社ですが

 

仕事の前線で行っていることはこの程度です。

 

私も長年営業職でしたので「売りたい」という気持ちは

 

理解できます。

 

資料を請求してきた見込み客に直接挨拶して

 

感触をつかみたいという気持ちもわかります。

 

ですが、営業は嫌われたら終わりです。

 

初期対応のミスで、成約にもっていく交渉のハードルが上がってしまいます。

 

ハードルを上げてしまったのは、無計画に行動した自分自身です。

 

「売りたい、決めたい」という営業職としての欲求を抑えて、

 

相手の気持ちに沿って交渉に臨まないと成果にはつながらないのです。

 

なにごとも、自分視点ではなく、相手視点で考えて行動する。

 

そういう基本を崩さずにできる人が

 

成績の上がる営業職だと思います。

 

“売れる”営業のやり方は

 

相手の気持ちを想像し、それを損ねないように

 

行動することから始まるのです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

おはようございます。

 

札幌で接遇マナーを第一に実直に生活している 菊地浩一郎です。

 

医療・福祉に携わる仕事の人の多くが

 

マスクをして仕事をしている姿をよく見掛けます。

 

かくいう私も、先週始め頃から風邪気味で

 

咳が止まらなくなることがままあるため

 

マスク着用で業務についていますが

 

マスクという物は、装着していて決して快適な物ではないということは

 

誰もが感じていることではないかと思います。

 

マスクをしているためにメガネが曇ったり

 

うがいをする時や、飲み物を摂る時に、いちいちずらさなけらばならないのは

 

面倒なことです。

 

そんな風に、煩わしいことが少なくない、マスクを身に付けるのは

 

自分と接触する他の人に、風邪を移さないようにすることや

 

不快な思いをさせないという

 

他者への気遣いであることが大きな目的だと思います。

 

「マスクなんかしていたって風邪やインフルエンザは防げないよ!」

 

ということをいう人がいて、実際そうなのかもしれませんが

 

それでも私は他者への気遣いで、マスクをする人を尊敬します。

 

ただ単にマスクをするということではなく

 

そういう人はいつも、他人基準で物事を判断し

 

行動する優しい人だと思うからです。

 

自分基準で考え、行動する人のまわりには

 

人の輪は生まれません。

 

輪が生まれないところには、和も生まれない。

 

他人との良いつながりを作りたい人は

 

他人視点で考え、動いてみてはいかがでしょうか?

 

見える景色と流れる空気が、きっと変わります。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

こんにちは。

 

札幌で接遇マナーを第一に実直に生活している 菊地浩一郎です。

 

スポーツの場においては

 

「相手の弱い所を攻めて勝機を見出し、勝利につなげる」という考え方があり

 

短期決戦ではそういう作戦で成果を上げることができますが

 

常勝チームはどこもどういう戦略や作戦をとらないのは

 

どのスポーツ、どのチームでも歴史が証明しています。

 

ビジネスの世界でよく言われる「WIN WINの関係」も

 

一皮むけば、2社が両立して利益を上げている陰で

 

多くの中小零細な取引先を泣かせている実態が

 

あるのではないでしょうか?

 

残念なのは、日本の産業の大多数を占める

 

中小零細の企業や個人の中にも

 

力関係を背景に相手を泣かせて

 

利を得ようとする動きがあることです。

 

相手の弱みにつけ込んだり

 

自分の都合ばかりを優先した態度は

 

利己的で独善的なだけで人としての哲学が感じられません。

 

人の世は、助けたり、助けられたりの繰り返しで

 

進んでいくものなので

 

調子が良い時も、悪い時も、変わらぬスタンスで、

 

過去に受けた様々な人からの恩を忘れずに

 

生活していきたいものです。

 

“持ちつ持たれつ” の行動ができない人は信頼できません。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。