臭気判定士の激闘

国家資格:臭気判定士がお送りする、消臭と脱臭対策について。悪臭苦情との闘いの日々。
キレイな空を目指して、株式会社カルモアの全コンサルタントが執筆しています。


テーマ:

都内にあるオフィスビルで喫煙室だった場所を通常のオフィスに戻す事が決定。

しかし、タバコの残存臭気が強い為、脱臭作業の依頼がはいる。

 

2020年の東京オリンピックにむけて、

「タバコのないオリンピック」というコンセプト実現の為に

国内では健康増進法の受動喫煙に関する法改正の議論が進んでいますね。

 

元々、国内では平成15年に施行された健康増進法で受動喫煙防止が法律化されました。

そして、オフィスビルなどでは禁煙・分煙が進み、喫煙所が設けられようになりました。

一方ではオフィスビル内では全面禁煙にする動きもあり、

タバコ臭の除去依頼は当時、多く頂きました。

 

そして、今回の東京オリンピックに向けて、

受動喫煙に関する法律がより厳しい報告に改正する事が明確になってきました。

そのせいなのか、最近弊社に、

「喫煙所の臭気は除去出来るか?」

という問い合わせも増え始めてきました。

 

企業によっては、すでに方向性を決めて、

先行して受動喫煙の対策として、

ビル内の全面禁煙を掲げているところも増えてきました。

 

そのような時、カルモアではオゾンと専用消臭剤を用いた脱臭作業を提案しております。

においのプロが行うこの作業、効果は非常に高く、

長年染みこんでいたタバコ臭もしっかりと除去可能です。

 

 

作業期間は残存臭気の強さにもよりますが、

2日~4日程でほぼ無臭近くまで除去出来ます。

 

【↑写真1:測定の様子】

 

【↑写真2:オゾン脱臭器】

 

今回の現場も、ビル内は全面禁煙となるにあたり、

今まで喫煙所だった箇所を通常のオフィスにリニューアルする事が決定し、

タバコ臭の除去依頼を頂きました。

 

お客様自体は、過去より何度も同様の依頼を頂いている客先だったので、

現調から作業までスムーズに進み、臭気もしっかり除去する事が出来ました。

 

そして、臭気判定士の嗅覚でしっかりと測定を行い、

数値化する事で、効果を目に見える形にもする事が出来ます。

 

今後、法改正の内容が決まると、

それに準拠する為に、このようなお話は増えると思います。

 

そのような時、タバコの残存臭気は、

躯体に染みこんでいるので、部材の撤去だけでは除去出来ません。

そのような時は是非カルモアプロサービスまでお問い合わせ下さい。

 

■たばこ臭、喫煙室の脱臭作業について

 (株)カルモア プロサービスチーム 直通 : 03-5540-5851

 メールでのお問い合わせはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

竣工後3年経ったマンションにて漏水が発生。

部屋中にカビのニオイが充満してしまい、建設会社にて内装を撤去するも、

躯体にニオイが染み込んでしまっていた為、弊社に脱臭作業の依頼がきました。

 

こういった場合、弊社ではまずお部屋に漂っているニオイの強さを測定致します。

 

 

ニオイの強さをマッピングすることによって

どこにオゾン脱臭機を集中すればいいのかを判断し、

効率の良い脱臭作業を行います。

 

 

オゾン脱臭作業を行っていると、オゾンが分解した臭気成分が副生成物となり

脱臭の効率を落としてしまう為、途中で換気を行いながら脱臭作業を致します。

 

 

この作業を繰り返し行い、染み込んだ臭気を徐々に脱臭していきます。

 

脱臭作業が終わったら、再度ニオイの強さを測定し、

どの程度の臭気がどれくらいまで下がったのかを目で見て分かる様に致します。

 

後日、上記内容を報告書としてお客様にご提出致します。

 

この様にお客様に目で見て納得頂ける資料を作成しご提出できるのも

弊社の一つの強みとなっております。

 

ニオイにお困りのことがございましたら、

是非ともカルモアまでご連絡くださいませ。

 

■株式会社カルモア

 プロサービスチーム 直通 : 03-5540-5851

 メールでのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カルモアでは、脱臭製品の販売だけでなく、脱臭作業も行っております。

都内の某高層ビルで喫煙所として使用されていた室内を解体(スケルトン状態に)したのですが、

それでも室内にはタバコの臭いが躯体に染みついており、

その臭気を除去したいとの依頼を受け脱臭作業に参りました。

 

なかなか手強いタバコの臭気。

脱臭作業は、オゾン燻蒸によって室内を隅々まで脱臭します。

 

高濃度のオゾンは人体に害があるので、

我々作業員が責任を持って、立入制限、脱臭作業を行います。

 

喫煙所の使用頻度や大きさなどからどの程度で脱臭できるか、

プロである臭気判定士の活躍が試されます。

 

繰り返しの作業を経て、無事ニオイセンサー値の値が減少し

タバコの臭気もなくなり、お客様にも満足して頂けました。

 

脱臭作業のご用命はカルモアまでお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

 

脱臭作業に関して

プロサービスチーム直通 : 03-5540-5851

メールでの脱臭作業についてのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

受動喫煙防止法により、今まで喫煙室だった部屋を

通常のオフィスに戻す工事が行われていたが、

建築材料を撤去してもタバコの臭いが残っていた為、脱臭作業の依頼が入る。

 

2003年に施行された健康増進法により、

受動喫煙防止の対策が必要とされて10年以上経過しました。

その中で、オフィスビルにおいても、

今まで喫煙室として使用していた部屋を禁煙とし、

建物内で全面禁煙する事が多くなってきました。

 

しかし、長年、喫煙室で使用していた部屋はタバコのヤニ、においが多く付着します。

その為、まずは内装材を撤去する事が殆どですが、

撤去しても躯体にタバコの臭いが染みこんでしまっている事が殆どです。

 

その場合、そのまま新しい内装材を入れて改修してしまうと、

完成後、タバコの臭いが残ってしまいます。

そうなると当然クレームとなり、問題となります。

 

そこで、カルモアではこのような残存したタバコ臭に対して、

「オゾン及び消臭剤を用いた脱臭」作業を提案しております。

http://www.karumoa.co.jp/product/service/odor/deodorize.html

 

オゾンは酸化力の強いガスであり、

空間内や躯体に染みこんでしまった臭気に対し、

強い酸化力で、分解を促し、臭気を低減させます。

 

 

しかし、オゾンだけ薫蒸しても

躯体の奥まで染みこんでしまった臭気はなかなか取れません。

 

そこで登場するのが液体消臭剤「マイクロゲル」。

http://www.karumoa.co.jp/product/deodorant/industry/index.html

 

このマイクロゲル消臭剤を併用し、

躯体の奥にまで残ってしまったタバコ臭を表面に引き出す事で、

より効率的にタバコ臭を分解します。

 

 

この作業により、残っていたタバコ臭を無臭化させる事で、

新たなオフィスへとリニューアルが可能になります。

 

もちろん、カルモアは臭気判定士が多く在籍しており、

作業前後に臭気をしっかりと測定し、効果の検証も行います。

 

2020年東京オリンピックに向けて、ますます禁煙化の波は強くなっています。

もし、タバコ臭でお悩みの場合、是非カルモアへご相談下さい。

 

◆株式会社カルモア 

 プロサービスチーム直通 : 03-5540-5851

 脱臭作業に関するメールでのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

老朽化により、学校の教室で使用していた灯油ストーブの配管が故障し、大量の灯油が教室内に漏洩。灯油ストーブの撤去、灯油の回収、清掃を行ったが、床パネルの下の躯体まで染みこんでしまっていて、灯油臭が教室内で充満し、使用出来ない状態となり、その対策をカルモアへ依頼。

 

首都圏にある学校で、使用していた灯油ストーブが、経年劣化により故障し、灯油が床面に漏洩する事故がありました。

 

その後、故障した灯油ストーブの撤去、灯油の回収、清掃を行いましたが、教室内は灯油の臭気で充満してしまいました。

 

また、漏洩した灯油は教室内の床面の木材パネルを浸透し、構造体のコンクリートまで染みこんでしまっている状態でした。

 

 

一昔前は、灯油の臭気を除去するのは難しいと言われておりました。

しかし、カルモアでは、色々な商品開発や施工方法の検討を行い、

現在では灯油臭を除去する事が可能になっております。

 

詳細な方法はお伝え出来ませんが、灯油臭の由来成分の特性を理解した上で、

最適なマイクロゲル消臭剤オゾン+αを用いて対策を行いました。

 

3日間の作業で臭気は無くなりましたが、念には念を入れて、今回は、コンクリートに塗膜も行い、作業は終了しました。

 

塗膜に関しては、復旧の際、新しい床パネルが設置されるので、見た目の影響も無く、

全ての作業後に臭気測定を行ったところ、灯油の臭気は臭気判定士の嗅覚でも感知出来ないレベルとなり、無事に教室が使用出来るようになりました。

 

 

最近は、学校もエアコンになってきておりますが、まだまだ灯油は使用されています。

学校に限らず、住宅でも灯油をこぼしたりする事で、発生する臭気問題も多くあります。

 

少しでも困っているようであれば、是非、お問い合わせください。

 

キーワード:灯油 マイクロゲル オゾン  臭気測定 臭気判定士

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。