臭気判定士の激闘

国家資格:臭気判定士がお送りする、消臭と脱臭対策について。悪臭苦情との闘いの日々。
キレイな空を目指して、株式会社カルモアの全コンサルタントが執筆しています。


テーマ:

中国国内の主流はマスキング消臭剤、カルモアが一石を投じる。

 

日本全国あらゆる工業地域で臭気の問題が発生しております。

中国においても同様で、非常に多くの臭気苦情が発生しているようです。

 

 

今年が始まって4ヶ月、既に何件もの問合せを中国から受けております。

カルモアに問いあわされていないモノを含めたら大変な数になるのではないでしょうか。

 

日本の企業殿同様に、中国の企業殿も

低コストで臭気対策を打ちたいと考えている模様です。

 

臭気対策の中で比較的、

経済的なのが消臭剤による対策となります。

 

中国国内では、

マスキング系(付臭系)の消臭剤が主に使用されております。

 

 

マイクロゲルはそういった消臭剤と異なり、

香りのついていない無臭型消臭剤となります。

 

日本国内では、付臭系消臭剤が主でしたが時代の流れと主に、

香りの付いていない無臭型消臭剤が流行るようになりました。

 

なぜか、

 

無臭型消臭剤は臭気を無臭にするという

悪臭対策の本質的な部分を目的とするものだからです。

 

弊社は、中国国内に無臭型消臭剤の良さを伝える使命があります。

 

中国国内では現在、弊社のパートナー企業様が

一生懸命この使命を伝える為に活動して頂いております。

 

中国でも本質的な臭気対策が実現出来るよう

弊社は日夜努力を惜しまず尽力していきます。

 

 

■株式会社カルモア

 産業設備チーム 直通 : 03-5540-5851

 メールでのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は薬剤の幅を広げるべく、コールタールに薬剤を直接添加して

臭気対策を図る前段のテストを行いました。

 

コールタールご存じの方も多いと思いますが、

石炭を蒸し焼きにして時に得られる副生成物の一つで

黒くドロドロのもので、手に付いたらなかなか取れない代物です。

 

直接添加をして発生した臭気を評価するために、

まずはテスト方法を独自で考え、実際にテストに臨みました。

 

1) コールタールを容器に入れ、加温します。

   温度測定時に臭気が逃げないように工夫しました。

 

 

 

2) 実際の工程を想定して加温していき、

   設定温度まで昇温したら薬剤を添加します。

   その後攪拌を行い静置します。

 

 

 

3) ポンプを使い容器内の臭気を採取します。

   容器フタを少し緩めて外気を取り入れながら採取しました。

   実現場でも屋外の空間で行うため、外気と混ざることを想定しています。

 

 

 

採取した臭気を快不快度で評価し、

コールタールの嫌なにおいは軽減されていることがわかりましたので、

薬剤サンプルをお客様に差し上げて実現場にてお試し頂いているところです。

 

実はこの薬剤は最近開発した

アスファルト(合材)用消臭剤オドソルバーシトラスという香料タイプのもので、

マスキング効果が非常にあります。

今回はこの新薬剤をテストしてみましたが、

対象物が違うため実現場で効果があまり感じられなかった場合は

新薬剤を開発するのみです。

 

このようにカルモアでは、社員一人一人が担当案件のことを考え、

お客様と折衝して諦めず対応しますので、

臭気の問題をお抱えの際にはぜひカルモアまでお問合せ下さい!

 

■株式会社カルモア

 産業設備チーム 直通 : 03-5540-5851

 メールでのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とある工場様にて更衣室に工程からの臭気流入し、

作業者の方から苦情になっているとのことで

酸素クラスター除菌、脱臭装置をご提案致しました。

 

今回お伺い致しましたのは食品残渣より鳥の餌などの飼料を生産する工場様です。

工程ラインからのにおいが更衣室に流入し、

作業者の方からクレームになっていました。

 

室内臭気の対策には消臭剤、オゾン脱臭など様々ありますが、

人がいる空間ではできる事がかなり限られます。

そこで弊社がご提案致しましたのが、

酸素クラスター除菌・脱臭装置『レビオン』です。

 

 

このレビオンは酸素クラスターという自然界に存在する酸素イオンを利用した脱臭機です。

有人空間でも使用する事ができる上、高い消臭効果があります。

特に弊社の納入実績で最も多いものがゴミ置き場です。

高層のタワーマンションなど室内にゴミ庫がある場合、臭気対策が必要になりますが、

弊社のレビオンが多くの場所で設置され活躍しています。

 

話を戻しまして、

今回設置致しました脱臭機はシルフィード2という機種です。

効果を臭気判定士の鼻で6段階臭気強度と9段階快不快度という方法で評価致しました。

 

結果は下記の通り、しっかりと改善されておりました。

 

■装置ON→臭気強度3(楽に感知できるにおい)

        不快度-3(不快なにおい)

 

■装置OFF→臭気強度1(やっと感知できるにおい)

         不快度0(快でも不快でもないにおい)

 

装置のON、OFFで入室時から明らかにニオイの違いがわかりました。

装置が稼働している時は明らかに室内のにおいがスッキリ取れていました。

 

作業者や事務の方などたくさんの方にご好評頂き、とても好感触でした。

最近では工場見学の見学者通路向けに販売させて頂くケースも増えております。

 

もし、更衣室や居室など工場室内空間の臭気でお悩みの方は是非ご連絡下さい!

 

■株式会社カルモア

 産業設備チーム 直通 : 03-5540-5851

 メールでのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ1ヶ月で国内工場の臭気対策の引き合いが急に増えて参りました。

臭気苦情は夏場に多くなるので、温かくなってきたということでしょうか。

 

私自身も出張の機会が多く、

北九州1回、大阪2回、京都1回、名古屋3回、盛岡1回を

この3週間ほどの間で行っていたことが判りました。

スケジュール表を見て驚いています。

 

今回は出張してきた中の一つ、

関西の自動車部品メーカーでの案件をご紹介します。

幸いにも臭気苦情は来ていない工場で、

今後の環境配慮のためのご相談でした。

 

「焼成炉という大きなオーブンから出る排気について、

生産量が増えてきた為、今後は夜間のみの焼成炉稼働だけでなく、

昼間にも稼働させたいのだが昼のニオイが強くなってしまう。

苦情が発生する前に臭気対策の必要性を見極めておきたい。」

というご依頼でした。

 

お客様とは以前にも、ベトナム工場での臭気対策をお手伝いしており、

そのときは消臭剤マイクロゲルのスプレーシステムを使用していただいておりました。

 

ベトナム工場にて臭気対策をする際、

マイクロゲルについては脱臭効果や納入形態、

安全性など様々な面で好評だった事から、

今回の関西工場の臭気対策も最初から

マイクロゲルを筆頭候補に臭気対策を検討戴いておりました。

 

もちろん、マイクロゲルを使用する脱臭設備は有効なのですが、

臭気対策は現場や周辺住宅の状況まで考慮し

脱臭装置を選定したほうがよいため、

「まずは臭気の現状調査からスタートしましょう」、という話になりました。

 

10台近くある焼成炉は全て夜間に稼働するため、

深夜作業で臭気の調査に臨みました。

 

 

写真の上側にある装置はマノメーターという微差圧計なのですが

焼成炉排気に代表される高温排気の測定を行う場合で

どうしても風量を計る必要がでたときに使用します。

 

現場での調査作業が終わると、報告書の作成作業を行います。

今回は特定方向についての拡散計算を依頼されておりましたので

下記のような1方向限定での詳細拡散シミュレーションを行い、

現状の影響度と脱臭目標値を計算しました。

 

※上の絵は見本です。今回のお客様とは無関係ですので悪しからず。

 

拡散シミュレーションを行うと

工場臭気がどの程度影響するかが目に見えるようになりますので、

リピートされるお客様も多いです。

 

今回は気象条件や排気条件を考慮し、幾つかのパターンで検討したところ

脱臭装置を導入すれば臭気問題が発生しない水準で生産できるという事が判りました。

昼と夜とでは臭気拡散の仕方も変わるのですが、

かといって臭気を出す訳にはいきませんので、

拡散シミュレーションが如何に重要かということを改めて感じました。

 

そして何よりお客様が増産に踏み切れることがわかり、

弊社としても役立つことができました。一安心です。

 

■株式会社カルモア

 産業設備チーム 直通 : 03-5540-5851

 メールでのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

工場関係者の皆さま!

工場における室内空間を快適にしませんか?

 

毎日同じ現場にいると、どうしてもニオイに慣れてしまいますが、

トイレ、事務所、更衣室、休憩スペース、見学通路などに

現場のニオイがなければとても快適ですよね。

 

もっと言えば、働く従業員の方が快適な空間の中、

作業できるよう作業環境改善に努めるべきとも考えております。

 

弊社では周辺地域から発生する苦情対策も行っておりますが、

今回は室内空間を快適にするための対策についてご案内したいと思います。

 

今回ご案内する製品は、

酸素クラスター除菌脱臭装置Levionです!

 

Levionシリーズでは分子量の巨大な酸素クラスターイオンの力で脱臭を行っています。

酸素クラスターイオンは、空気中の悪臭成分や

細菌・ウイルス・有害物質を包み込みむ性質があり、その効果を利用して

脱臭・除菌・空気の快適化を行います。

 

またLevionシリーズは大きくわけて2つに分類されます。

 

①ダクト挿入型 RAITEI(ライテイ)

 こちらは空調機の二次側ダクトに設置して、室内給気口から

 酸素クラスターイオンを対象に室内に供給します。

 第一種換気方式で運用される、大規模空間の使用に最適です

 

 

 

②室内設置型 シルフィード

 製造ラインは勿論、包材置き場、ゴミ置き場、更衣室等でも

 ご使用していただけます。また近年増加している工場見学者向け通路へ

 設置するのも良いかもしれません。本製品は主に給気口付近の天井や

 壁面に露出で設置致します。

 

 

 

デモ機のお貸出も行っています!

少しでもご興味ございましたら

(株)カルモア 産業設備チームまでへお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

■株式会社カルモア

 産業設備チーム 直通:03-5540-5851

 メールでのお問合せはこちら

 

-----------------------------

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

http://www.karumoa.co.jp/

-----------------------------

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。