チャイルドヨガ・プレイスクール天使の輪(R)

『虐待・育児放棄根絶のために』『育児って楽しい』を伝えたい\(*⌒0⌒)/日本最大規模のベビーケア教室を展開中!
ママと子供のナチュラル療法も実践中!!
全国の教室主宰者さんは行政、医療関係、教室オーナーとして活躍!


ママとベビー触れ合い教室!!全国で毎月1000名以上の親子が参加 ●商標登録第5247590号●



ベビマ・赤ちゃんヨガ指導者養成講座 in 仙台

2016年10月8.9日 ベビマ~チャイルドマッサージ
べび③4種のマッサージと母性を育む熱い講義
虐待、育児放棄根絶のためにきらきら!!


2016年11月19.20日 赤ちゃんヨガ&チャイルドヨガ
あひるベビーちゃんとの遊び方をたーくさんご紹介
ベビーの笑顔のプロフェッショナルに


詳細⇒



■好き!を詰め込んで『ワタシスタイル』のお仕事■
天使の輪、指導者たちの活躍スタイルは いろいろ
↓クリックでご紹介ページへ↓
代表取締役として
地域No.1リーダーに
保育士から指導者へ転身
子育て中でも地域のリーダー!3児の母
一日でベビマ教室の予約が埋まるカリスマ講師


わたしたちは地域のリーダーです

テーマ:
わたくし代表高橋は15年ほど各地に出向いて「ふれあい教室、子育て教室」を真摯に運営して下さる指導者養成をしてきました。すると指導者通り越して笑養成講座講師をお願いしたいDASH!って思える受講生に出会うことがあります
そんな場合、即スカウトするのですが、添田氏もその一人星日々指導者たちの目標となる活動をしていらっしゃいます。そんな彼女がブログで熱く語ってます。これは皆さんにシェアすべき音符私の想いや天使の輪みんなの思いが語られてます。長文ですがお読みください

今日は、珍しく私の想いを綴ります。
長文ですが、よろしければお読み下さい。

先日、昨年養成講座を受講し卒業した、インストラクターさんと会ってこんな話を聞きました。

「ある日、ある人に、
『ベビーマッサージなんて関東ではもう流行ってないから、これから始めるなんて時代遅れだよ』と言われました。」と。

これから始めようって人にそんな風に言う人がいるんだな、と、まぁ私も衝撃を受けたわけです。
でも、そのインストラクターはこう答えたそうです。

「流行っているからやるわけじゃない。自分がベビーマッサージで救われたように、必要な人に届けられるように頑張るんです。」と。

私はとても誇らしく、涙が出そうなほど嬉しかったのです。

カラコロを卒業していったインストラクターさんに、ちゃんと伝わってる、理解してくれている、そうそう、そうなの。ベビーマッサージってね、流行りだから、ただ我が子が可愛いからなでなで…のレベルの話じゃないの。
そもそも、流行ってるからだけで始めた人は、根底に熱くブレない想いがない人はつづかないよ!って。


ベビーマッサージは赤ちゃんが生まれて間もなくから行える親子のスキンシップ。
赤ちゃんの頃からのスキンシップは、親子の絆を育みます。
でもね、それだけじゃなく、まず身近な人、ママやパパを信頼できるかどうかで今後の信頼関係・人間関係・社会性や協調性にも関わってくるんです。

じゃあまず一番身近なママを信頼してもらうためには?

不安になったら抱っこしてくれる、お腹が空いたらおっぱい・ミルクで空腹を満たしてくれる、オムツが濡れて気持ち悪いよ〜って泣いたら替えてくれる。

そう、この人は自分の全てを受け止めてくれて、抱きしめて大好きって言ってくれる。たくさんの愛を肌で感じる事ができるんだ!!

生まれてきてよかった、ママに会えてよかった、自分は愛されていると、自己肯定感に繋がるんですね。
その溢れるママの想いや愛を伝える手段として、ベビーマッサージがあります。

ママの温かい手でタッチされると、安心できてリラックスできて、とっても幸せな気持ちになるんだよね。

ママも赤ちゃんのふわふわな柔らかい肌にタッチし、わが子を愛おしく思うことで、肩の力も抜けてリラックスすることができます。

この時、脳内にはリラックスした時にだけ現れるα波、そしてオキシトシンという物質が分泌され情緒が安定します。

これは、ママの産後のホルモンバランスの変化に伴う情緒不安定や、産後鬱の改善にとても有効と言われています。

現代では、核家族化が進み近くに頼れる人がいない家庭(ママ)も多く「孤独な子育て」と感じるママも多いようです。
悲しいことに、「孤育て」と表現されることもあるほどです。

誰にも頼れず朝から夜まで赤ちゃんと二人。家に引きこもりがちになってしまい、産後鬱や精神のバランスを崩してしまうことによって、ネグレクト(育児放棄)や虐待に至るケースも少なくありません。

赤ちゃんを出産する前と、出産してからでは、可愛いだけではない大変さや孤独感、社会から置いていかれてしまうのではないかという不安感は、多くのママが実感するところではないでしょうか?(実際に私自身もそうでした)

そんな時、
●赤ちゃんと一緒に出かけられるところがあったら?
●不安や心配事、愚痴を聞いてくれる人がいたら?
●育児を大変と思っている人は私だけじゃないんだ!と思えたら?
●子育ての喜びも大変さも分かち合える仲間ができたら?
●赤ちゃんとのお家での遊び方やふれ合い方を知ることができたら?
●ママとしての自信に少しずつでも繋げていくことができたら?

今まで大変で不安ばかりで、心から育児を楽しめないと自分を責めていたママはどんなに楽になるでしょうか。
何もわからない、こんなママでごめんね、と涙を流したママがどんなに救われるでしょうか。

実際に、涙を流していくママもいます。不安を吐き出して、楽になって、また明日から頑張ろう!そんな風に思ってもらえる場所でもあると思っています。

カラコロをはじめ、TASセラピストアカデミーナチュラルのベビーマッサージ教室は、そんなママ達の拠り所でありたいと願っています。

ママにとっては育児への自信に繋がり、赤ちゃんにとってはこれから力強く生きていくための活力ともなるベビーマッサージ。

ママと赤ちゃんの肌と肌のふれ合いは、双方にとって必要不可欠だと思うのです。

初期の愛着関係が確かなものとなれば、ネグレクトや虐待といった悲しい事件が起こることもなくなります。

だから、流行りで終わらせてはいけない!!

これは、養成講座を開講する時に受講生に伝えています。そして元は私の尊敬する、代表高橋先生、そして、べびっく 遠藤しのぶ先生に言われたこと。これをしっかり伝えていかなければいけないと思っています。

所詮、民間資格です。でも、私達の存在はこれからもきっと必要で、もしかしたら悲しい事件に繋がっていたかもしれない家庭を救えているのでは?そんな風にも思っています。

そして何より、教室に来てくださるママと赤ちゃんの笑顔が私達の存在する価値をしっかりと認めてくれている!!そう、自信を持って言うことができます。

そして、福島は原発事故後5年が経ったけれど、その時学生だった、子どもだった女の子達がママになっていきます。

震災や原発事故によるたくさんの不安や孤独、強制的避難を余儀なくされ慣れない土地での生活を送っている(送っていた)子ども達。
その子達がママになったとき、安心して子育てができる場所をつくりたい!!!
(↑この事を思うだけで私はいつも涙がでます)

そのためにも、これからもずっとずっと、できるなら生涯、私はベビーマッサージ、そして親子で通えるサロンを続けていきます。
私にできる事なら、なんでもチャレンジしたいと思っています。

養成講座を受けてくださったインストラクターさん達にも、自信を持って、誇りを持って活動して貰いたいと願っています。
私もまだまだ未熟ですが、これからも色んな分野での知識を深め自分力を磨いて、インストラクターさん達をしっかり支え、活動していきたいと強く思っています。
(その中には、ベビーマッサージについての知識や心理学、伝え方や集客、経営についても勉強を続けていく必要があると感じています。)

嫌な事があったり、言われたりすると、人間だもの、どうしても落ち込んだり悲しみに押しつぶされそうになります。
(実は私も嘘を言いふらされたり嫌な思いをして体調を崩したことがあります。でもいちいち反論も攻撃もしません。きっとそれも一過性のものであり、何も言われても真実は一つだからです。コナンくんみたいですがw )

逆をいえば、改めて自分の想いを再確認できたり、それでも私は自分を信じて、仲間を信じて進んでいこう!そんな風に思うことができ、プラスに転じたと思っています。

悪口を言う人、嘘を言う人、陰口を言う人、人のせいにする人、足を引っ張ろうとする人。

嫌な想いもするけれど、そこから学べる事も多くあります。

だから、人生嫌な事ばかりじゃないね。マイナスもプラスに変えていこう!!!
私にも仲間にも、そのパワーがあると信じて、進んでいきます☆

今日は想いが一気に溢れて…長くなってしまいました。

お読みいただきありがとうございます。
また、レッスンレポートも少しずつアップしていきますね❁︎
長文失礼しました。


カラコロ 〜福島の親子ふれあい教室〜
添田麻美
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
30年前の話し(ってすっごい昔?!)
わたくしが育児真っ最中の頃(現在長女33歳、長男31歳)

近所のママ友宅の悲劇…惨劇
父親による虐待でまもなく1歳のお誕生日を迎えるはずだった男の子T君が殺されました

ホントにおうちも近く、子供の年齢も近くて毎日のように遊んでいたお友達

葬儀の日の小さなお棺が忘れられません
苦しそうな顔が昨日の事のように思い出されます

当時、虐待防止法なんて制定されてなかったし社会的に見てもニュースに取り上げることもなく
なにより、虐待を知った医師はじめ近所の人間にも通告の義務もなかった時代

犯人は逮捕されませんでした

もやもやが心に住み着き「自分の子を愛せないって何?」「T君は何のために生まれて来たの?」
次第に・・・
「虐待育児放棄をなくしたい」
この時の何かがベビーマッサージを広める仕事に私を就かせたなのだと思います

看護職では産婦人科の病棟で出産現場がわたしの仕事場
母性が豊な母とそうでない女性を大勢見た20年

ベビマの先生を養成するために全国で講座を行った15年間
思えば長いコトこの世界にいる

今年10月と11月に仙台でチャイルドスペシャリスト養成セミナーを開催します
ベビーマッサージインストラクター
赤ちゃんヨガインストラクター
チャイルドヨガトレーナー
の3つの資格

講師はベビマ、チャイルドマッサージがわたくし、代表高橋
赤ちゃんヨガ・チャイルドヨガは北関東No,1講師 べびっく遠藤しのぶ
アシスタント講師には、新しく地域本部主宰する佐藤真紀子

可愛いからクルクルってマッサージ
ではなく
本来の
母性をはぐくみ、子供の成長を応援し
親子の絆をはぐくむ先生を養成するセミナー


そうそう、座ってるだけではだめなんですDASH!参加型の熱いセミナーメラメラ

育児支援活動を本気でやりたい受講生さんが集まりますキラキラ

詳細間もなく発表致します
北関東、東北のみなさん
ご期待ください!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
4.23にNHKで放送されたすくすく子育てについて

抱っこが不安定で赤ちゃんの頭がぐらぐらになってしまっている母親の質問に対し…

抱っこを実演した保健師さん
涙抱き方、間違ってますからあせる

ばつ股関節脱臼を予防に大切なM字開脚になってない
*おんぶの時も抱っこの時も、胎児姿勢と同様にM字になるように足を開いてあげること
これがなされていなかった「布おむつ+カバー」時代、股関節脱臼は今より多かった
おむつ、おんぶひも(今はベルトという?!)などの改良により激減
私の子供の頃、そして30年前に育児してた頃、股関節脱臼の子をけっこう目にしました
*そして胎児姿勢のような「まんまる」に抱けてない
生後六ヶ月頃まで、体幹前後の筋力バランスは前側が優位
徐々に後側の筋力も増します。つまり新生児~2~3か月は体幹を丸く保持できる「まんまる」抱っこが普通です。だって10か月もその姿勢でいたのですから
*赤ちゃんの体幹…ねじれてますよ
DASH!

ばつ声掛けに全く愛情が無い
*たぶん子供に愛情をもって接したこと無いんじゃないかな(間違ってたらごめんなさい。でも少なくともあの放送では全く感じられなかった)

ばつ赤ちゃんに邪魔な長い髪!
*赤ちゃんの目に入らないか、顔にかからないかハラハラでした


NHKさん
新米ママがきっと参考にするであろう育児番組
もっとちゃんと作って下さい


そして・・・
私たち天使チャイルドヨガ・プレイスクール 天使の輪(R)では
マッサージだけでなく
抱っこの仕方
赤ちゃんへの関わり方
遊び方も
ご紹介しています

そしてそして・・・
先月から半月滞在していてカナダで見てきた「ベビーマッサージ教室」のカリキュラムを踏まえ
新しい展開も考え初めています
向こうで考えていた所に、このNHKのやらかし見てますますやる気がわきましたかお
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。