FP独立成功術<ファイナンシャルプランナーの独立への軌跡>

資格を取得して、独立したいと考えている方は、現実的にどうやって仕事を得たり、収入を確保していったらわからない方が多いと思います。そういった方々に、私が歩んできた独立への軌跡について参考にしていただけるのではないかと考えて、このブログを始めることにしました。

NEW !
テーマ:

8月・9月の東京・大阪の講師は、すべて当社の独立指導を受けた人間です。

 

 

 

 

 

FPの業界も他のプロの世界と同様に、ピラミッド型を形成

していると考えるのであれば、その上部に位置しなければ

食べていくことはできません。

 

上にいけばいくほど同じ階層の人数は少なく、下にいけば

いくほど同じ階層の人数が多くなります。したがって、

みんなと同じにやろうとする考えは捨てる必要があります。

 

サラリーマンでは尊ばれる「協調性」は、独立後の世界では

まったく意味がなく、それどころか自分で自分の首を絞める

ことにつながってしまうのです。

 

逆に、エリートサラリーマンのように頂点を目指すことを目標

として、他人と競争し、他人を蹴落としていくのがいいのか

といえば、そうではありません。すでに既得権をもっている

上位の人間を追い越そうとしてもこれは容易なことでは

ないからです。

 

いくら頑張っても、それが結果に結びつかないというのが

当たり前の世界です。努力してもそれがまったく無駄に

なってしまうのは珍しいことでも何でもありません。

 

ならば、サラリーマンによくいる人のように、自分より上のレベル

の人にこびへつらって、仕事をもらおうとするのはどうでしょうか?

 

これはもっとも馬鹿なやり方です。自分より上のレベルの人から

仕事のおこぼれをもらおうとするならば、永遠にその人の上には

行かれないということになります。現実にはこういったやり方を

しようとするFPが非常に多く、そうすることにより自らの可能性を

閉ざしてしまい、結果として食べていかれなくなってしまうのです。

 

100段のピラミッドがあったとして、その90段目ぐらいにいる人が

80段目の人から仕事をもらおうとすることに何の意味があるのか

ということですね。

 

みんなと仲良くやろう考え、先行者を追い越そうとする効率の悪い

やり方をして、こびへつらいで仕事を得ようとするならば、これは

絶対に上のレベルには進めません。もっと頭を使えば、容易に

何十段も飛び越していくことができるのです。

 

それが「差別化をはかる」ということなのです。

 

 

当社の無料メルマガです。差別化がはかれれば、20段や30段はすぐに飛び越せます。

いいね!した人  |  リブログ(0)