FP独立成功術<ファイナンシャルプランナーの独立への軌跡>

資格を取得して、独立したいと考えている方は、現実的にどうやって仕事を得たり、収入を確保するのかがわからない方が多いと思います。そういった方々に、私が歩んできた独立への軌跡について参考にしていただけるのではないかと考えて、このブログを始めることにしました。


テーマ:

年金は難しいとお考えの方へ。3月4日東京開催は「年金相談から学ぶ年金の基礎の基礎」です。

 






FPで独立した場合、それまでの社会人としての経験がダイレクトに
役立つとは限りません。逆に、それが障害となって失敗するケースも
非常に多いのです。それは他人に雇われるという立場から、自分が
主体となり、独りで立たなければならないという違いによるものです。

 この違いは非常に大きく、仕事をする上での根幹に影響します。
例えば、集団に属している場合には、自分自身が仕事ができるか
どうかという基準は何をもって判断するのでしょうか。それは評価
する人がおり、その人間の評価によって判断されるのが普通です。
ここに決定的な違いがあるのはおわかりだと思います。

そうなのです。独立後は会社員の時のように、評価してくれる人が
存在しないのです。何をもって仕事ができ優秀であるかを判断する
基準がまったく違うということです。サラリーマン経験が長い人は、
まずこの違いに戸惑うことが多いようです。いうなれば、雇用される側と
事業主との立場の違いを認識できないということです。

サラリーマンでも営業畑を歩いてきた人は、独立事業主に近い側面を
経験してきたと思います。それは数字を上げなければ、理屈を言っても
無意味であるという点です。極端に言えば、数字を上げられる営業マンは
優秀な人間であり、数字が上がらない営業マンは劣っている人間だと
いうことです。これは非常にわかりやすいです。完全実力主義に非常に
近い環境でしょう。

ところがFPで独立した場合にも、同じように考えてしまうと失敗します。
それは営業成績のみを考えるのは、商売の一面しか見ていないことに
よります。会社であっても、営業部門だけでやっていかれるはずは
ありません。経理があり、総務があり、内部管理部門など様々な部署が
存在し、総合的に活動しています。独立事業主となった場合には、
こういった大局的な見方ができなければならず、さらにそれを全部、
自分独りでやっていく必要があるのです。

仮に数字が上がったとしても、信用面に問題が生じれば永続的に
やっていくことはできません。逆に、几帳面な仕事ができても、
肝心の仕事が入って来なければ破綻してしまいます。

つまり、営業としての要素も必要であり、管理部門としての要素も
必要になるということです。私の経験でも、営業一筋、管理部門一筋
といった人よりも、両方の経験をしてきた人のほうが成功している
ように思います。さらに、できるだけ多く転職を繰り返した人のほうが
圧倒的に独立してやっていかれる可能性が高いと感じます。

独立は真面目な人が成功するのではなく、要領の良い人が成功するのでも
ありません。いろいろな要素を持ち、物事を多面的に考えられる人が
成功するのです。

そうはいっても、これまで一分野のことしか経験がない人がいきなり総合的な
能力を持つことは不可能でしょう。そこで当社の独立支援講座では、「基本動作」
について指導することにしています。自分が未経験の内容であっても、
これはやらなければならない、これはやってはいけないという「基本動作」さえ
習得すれば、致命的な失敗を起こすことはないからです。



当社の無料メルマガです。物事の一面しか見ないようではいけません。

いいね!した人  |  リブログ(0)