FP独立成功術<ファイナンシャルプランナーの独立への軌跡>

資格を取得して、独立したいと考えている方は、現実的にどうやって仕事を得たり、収入を確保していったらわからない方が多いと思います。そういった方々に、私が歩んできた独立への軌跡について参考にしていただけるのではないかと考えて、このブログを始めることにしました。

NEW !
テーマ:

1月8日の大阪地区開催はまもなく締め切ります!








自分の訓練次第で変えられるものとしては、以下のような要素があります。


<後天的なハード的要素>

・短いセンテンスで話す


・歯切れの良い話し方をする


・語尾をはっきりさせる


・単調な話し方をせずに、メリハリをつける


要するに、滑舌をよくするということなのですが、これは訓練次第でよくなる

ものです。元々発声器官に障害を持っている人は、前回お話したような

先天的なハード的要素になりますが、そうでない人は後天的なハード的要素に

分類されます。


にもかかわらず、そういった練習を一切しない講師が多いです。これは聴く側に

立って物事を考えていないからです。話すことによってお金をいただけるのならば、

井戸端会議のおばさんはみんな大金持ちになります(笑)。聴いてもらうこと。

聴いてもらうためには、それなりの訓練をする必要があります。


誰にでもできて、もっとも簡単な方法は、自分の話を録音して聴くことです。

これによって、話す立場ではなく、聴く立場になることができます。

しかし、それもやっていない講師がいます。私が講師養成制度で話をすると、

「ではやってみます」と答えることからわかります。すでにやっていることに

対して、「では、やってみます」とは絶対に答えませんから。


こんな努力ともいえない簡単なことさえやってないわけです。そして考えていることは、

自分が上手に話したい、良い評判を得たい、仕事を得たい、お金がほしいという

ことだけです。天地がひっくり返っても、こんな人間にリピート依頼が得られる

はずはありません。


自分が何もやらないことが食べられない原因であるにもかかわらず、それを自分以外

の何かのせい、誰かのせいにしているような人は、根本を正さない限り、いつまで

経っても同じことを繰り返しているだけです。


当社の無料メルマガです。後天的な要素は、やるかやらないかだけです。

いいね!した人  |  リブログ(0)