別冊MultiCore ('06/03号)

テーマ:

皆さんこんにちは、MultiCoreの時間です。皆様、マシンのご用意はお済でしょうか。もう、後がありません。Opteron285(2.6GHz版)は先週から出ていたようです。同時にOpteron280以下が一気に値崩れを起こした感じがします。

--
                          '06/03時点 ('06/01時点   '05/11時点   '05/09時点   '05/07時点)
FX-60(2.6GHz/L2:1M  x2) : \130k前後  (\130k前後)
4800+(2.4GHz/L2:1M  x2) :  \78k前後  ( \80k前後     \95k前後    \110k前後)
4600+(2.4GHz/L2:512Kx2) :  \67k前後  ( \70k前後     \78k前後     \85k前後    \100kを割る)
4400+(2.2GHz/L2:1M  x2) :  \56k前後  ( \60k前後     \61k前後     \66k前後     \80kを割る)
4200+(2.2GHz/L2:512Kx2) :  \45kを割る( \48k前後     \50kを割る   \58k前後     \66k前後)
3800+(2.0GHz/L2:512Kx2) :  \37kを割る( \39k前後     \40kを割る   \43k前後)
Opteron285(2.6GHz)      : \136k最安
       280(2.4GHz)      : \115k前後  (\166k前後    \165k前後)
       275(2.2GHz)      :  \95k前後  (\135k前後    \130k前後    \135k前後    \160k前後)
       270(2.0GHz)      :  \63k前後  (\110k前後    \110k前後    \120kを割る  \130k前後)
--

やっぱ懐に余裕があればDualCoreのDualOpteronで4CPU構成をやってみたいところですが、計算機将棋は、ほら、ハングリイスポーツだし。我々が失業したら、あんたたちのせいですからね、ね、ね(笑)

AD

別冊MultiCore ('06/01号)

テーマ:

皆さんこんにちは。MultiCoreの時間です。本業スパート中ですが昨日アキバに行ってきました。先週気が付いてはいたのですが、FXシリーズもdual化したようで、結局FXの棲み分けの意味が判らない状況ですね。

--
                          '06/01時点   ('05/11時点)  ('05/09時点)  ('05/07時点)
FX-60(2.6GHz/L2:1M  x2) : \130k前後
4800+(2.4GHz/L2:1M  x2) :  \80k前後    ( \95k前後)   (\110k前後)
4600+(2.4GHz/L2:512Kx2) :  \70k前後    ( \78k前後)   ( \85k前後)   (\100kを割る)
4400+(2.2GHz/L2:1M  x2) :  \60k前後    ( \61k前後)   ( \66k前後)   ( \80kを割る)
4200+(2.2GHz/L2:512Kx2) :  \48k前後    ( \50kを割る) ( \58k前後)   ( \66k前後)
3800+(2.0GHz/L2:512Kx2) :  \39k前後    ( \40kを割る) ( \43k前後)
Opteron280(2.4GHz)      : \166k前後    (\165k前後)
       275(2.2GHz)      : \135k前後    (\130k前後)   (\135k前後)   (\160k前後)
       270(2.0GHz)      : \110k前後    (\110k前後)   (\120kを割る) (\130k前後)
--

何故かOpteron系が安くなってるどころか、むしろ若干高くなっているような。


で、今回某ショップでFX-60を見て約600秒ほど長考に沈みました。4800+と5万円の差はかなり悩むところです。周波数差で0.2GHz、性能比で約8%は「ウデでなんとか埋める」というわけで、清水の舞台から飛び降りる勇気がなく、断腸の思いで4800+をチョイスしました(汗)

あと将棋とは関係がないんですが、今回ケースはアルミ、電源も別に購入しましたし、CPUクーラにも気合を入れてみました。GPUはGeForce7800系は諦めて6800系でまとめました。これでWarCraft IIIがサクサク動いてくれる(笑) OSはXP64bit/OEM版を試験的に使ってみることにしました。これから色々試験してみて不都合が多いようならXP professional に入れ替えるつもりです。

AD

別冊MultiCore ('05/11号)

テーマ:

皆さんこんにちは。無理矢理MultiCoreの時間です。というより、本業スパート前の最後の休日になりかねないので書いておきます。

--
                                       ('05/09時点)  ('05/07時点)
4800+(2.4GHz/L2:1M  x2) :  \95k前後    (\110k前後)
4600+(2.4GHz/L2:512Kx2) :  \78k前後    ( \85k前後)   (\100kを割る)
4400+(2.2GHz/L2:1M  x2) :  \61k前後    ( \66k前後)   ( \80kを割る)
4200+(2.2GHz/L2:512Kx2) :  \50kを割る  ( \58k前後)   ( \66k前後)
3800+(2.0GHz/L2:512Kx2) :  \40kを割る  ( \43k前後)
Opteron280(2.4GHz)      : \165k前後
       275(2.2GHz)      : \130k前後    (\135k前後)   (\160k前後)
       270(2.0GHz)      : \110k前後    (\120kを割る) (\130k前後)
--

やっと4800+が、大概どこでも10万円を割って売っているようでした。 私の方は引越し直後に4800+を買いに行こうと思ってます。

余談ですが、AMDもIntelも2007年に65nmプロセスでQuadCoreを出す計画のようです。当面それしかやることがなくなったわけですが、AMDが出すと言い出した以上Intel的にも対抗するということでしょう。問題はTDPが増えるので、結局は内部動作周波数を落とさざるを得ず、MultiCoreとしての魅力を維持できるか否かがカギになるでしょう。また、サーバ/WS用途・一部のマニアおよび計算機将棋/囲碁開発者くらいしか需要がない(笑)プロセッサなので、実勢価格がどれくらいになるのかの方も気になります。

AD

別冊MultiCore (号外)

テーマ:

既に一週間ほど前の記事ですが、Opteron 280(2.4GHz)が出てたようです。


2Way対応では最上位のOpteron 280が発売


価格的には、\160k台と非常に高価です。800番だと\200k超えるのでしょうかねえ。因みに64X2/4800+(これも2.4GHz)は、まだ\100kを切らない状況の模様。Dual2.6GHz品が出るのを待とうかどうしようか悩むところ。

以下、余談。DDR SDRAM PC3200の1GB品が\10k前後になってるのを知ってちょっと吃驚。私がPC2700の512MB品を買った3年前は1枚\25k位したのですが。メモリは価格変動が激しいことは判ってますが、うーむ、既に1/5以下ですか。

別冊MultiCore ('05/09号)

テーマ:

皆さんこんにちは。別冊MultiCoreの時間です。

やっと64X2/4800+のタマ数が安定してきたようです。先週頃から予約なしで買えるようになったみたいですが、まだイマイチ高い。また3800+という廉価グレイドも出ているようで、これは激安PentiumD対抗の為でしょう。

--
                                      ('05/07時点)
4800+(2.4GHz/L2:1M  x2) : \110k前後
4600+(2.4GHz/L2:512Kx2) :  \85k前後   (\100kを切る)
4400+(2.2GHz/L2:1M  x2) :  \66k前後   ( \80kを切る)
4200+(2.2GHz/L2:512Kx2) :  \58k前後   ( \66k前後)
3800+(2.0GHz/L2:512Kx2) :  \43k前後
Opteron275(2.2GHz)      : \135k前後   (\160k前後)
       270(2.0GHz)      : \120kを切る (\130k前後)
       265(1.8GHz)      :  \90kを切る (\100k前後)
--
約2ヵ月前と比べると10~15%OFFという感じです。

別冊MultiCore ('05/07号)

テーマ:

皆さんこんにちは。別冊MultiCoreの時間です。


DualCoreではありませんが、Single最強のAthlon64FX57(2.8GHz)のbox品がリリースされました。実勢価格は\120k前後といったところです。恐らくFXは、Single版のまま需要がある限りは消えることはなさそうな気配で、半年後には3.0GHzに達しそうです。年間平均0.4GHzペースの上昇ですね。


さて、注目のAthlon64X2/4800+(2.4GHz/L2:1MBx2)ですが、即売り切れで入手困難な状況は今も変わらないようです。それ以外のモデルおよびOpteronのDualCoreシリーズの実勢は次の様になっていました。

--
4600+(2.4GHz/L2:512Kx2) : \100kを切る
4400+(2.2GHz/L2:1M  x2) :  \80kを切る
4200+(2.2GHz/L2:512Kx2) :  \66k前後
Opteron275(2.2GHz)      : \160k前後
       270(2.0GHz)      : \130k前後
       265(1.8GHz)      : \100k前後
--

なお、Opteron800番台DualCore品の実勢は全く判りません(汗)

別冊MultiCore (号外)

テーマ:

皆さんこんにちは。別冊MultiCore(号外)です。

さて、Athlon64 X2ですが、ナンバと周波数、フィーチャの関係は次の様になっていました。

--
4800+:2.4GHz L2:1MB*2=2MB
4600+:2.4GHz L2:512KB*2=1MB
4400+:2.2GHz L2:1MB*2=2MB
4200+:2.2GHz L2:512KB*2=1MB
--
現在4800+と4400+はアキバ市場で見かけない(即日売り切れ、予約しないと買えない)ようです。それ以外の実勢価格は、4600+が\99k前後、4200+が66k前後。結局L2:1MB*2品は、(ロードマップを見ても)Athlon64FXのDualCore版という位置付けになるものと思われます。

別冊MultiCore ('05/06号)

テーマ:

皆さんこんにちは。『別冊MultiCore』の時間がやってまいりました。


AMD Athlon™ 64 X2 デュアルコア・プロセッサ発売記念イベントスケジュール


どうやら今週の土曜には、Athlon64 X2が秋葉原でお目見えするようです。
さて、DualCoreの現実勢価格ですが、昨日は次のようになっていました。

--
・PXE840(3.2GHz)     :\115k前後
・PentiumD840(3.2GHz): \62k前後
・Opteron275(2.2GHz) :\155k前後
--

まだまだ高いという印象があります。とりあえず、Athlon64 X2のリリースを待とうと思います。今度の土曜はアキバへゴー。だけど、買うのは選手権直前(笑)

出た (号外)

テーマ:

デュアルコアPentium D、アキバで発売開始


AMDファン、AMDマニア、AMDマッドには無用なのだが、一応。Pentium Extreme Edition 840を既にメーカ向けに量産出荷している中で、Pentium D 820 (2.8GHz)というのは誠に紛らわしい。Pentium D のロゴを見つけ出すのが今日になってしまった。なお、820の本日の実勢価格は、\30k前後[*1]である。


勿論、Opteron265(1.8GHz)も店頭に並んでいるらしく、こちらの実勢は\110~114k程度だ。


[*1] この価格設定のギャップには、久々にIntelの気合を感じた。気合Inside。やることが正に極端だが、いかにテマヒマを掛けてないかが判る、という穿った見方も出来る。