明日から選手権だ。

テーマ:

謎電は今回エントリしてないが、とある足し算も怪しい男(特に名を秘す)に駄目押しのプレッシャ~を掛けるために個人的に柿木将棋を応援しにいくことにした。今年こそ、そう今年こそ、あの男に煮え湯を飲ませてくれると謎電の作者は信じている。因みに明日午後に会場に入る予定である。で、私を見かけたら是非「足し算も怪しい男(特に名を秘す)が作ったプログラムに勝っても自慢になりませんね」と声を掛けて欲しい。「そうだよな、足し算も怪しい男(特に名を秘す)が作ったプログラムに勝っても新鮮味がないよな」と返答したいと思う。


それはともかく、今回確かKFEndがエントリしてた記憶があるのだが、何故か名前が消えている。これにはちょっと私的に責任を感じる。せめて決勝戦くらいは観戦に来て欲しいのだが。というわけで靖国会場で逢おう、諸君。

AD

私が岡崎正博(39)理事に最初に会ったのは、もうかれこれ12年程昔のことだ。場所はシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル&タワーズ、第6回コンピュータ将棋選手権の懇親会である。当然ながら私の方から足を運んだのは言うまでもない(汗)


謎電は記録上第7回からのデビューだが、実は第6回からエントリしていた。が、諸般の事由により出場を辞退することになった。そのことを電話で連絡するだけというのは将来的に信用問題になりかねないと思い、挨拶だけでもと会場に足を運んだのが事の始まりである。余談だが、会場に着いて私が最初に挨拶したのはマエストロ柿木選手である。何故なら、当時柿木師匠が選手権の参加申し込みの受付をされていたからだ。


さて、以下に岡崎正博(39)理事が話していた内容をそのまま書く。12年も前のことなのでところどころ不正確なのはお許し願いたい。

・司葉子と一緒に「平凡」のグラビアを飾ったことがある。


ううぅ、すみません、なにぶん古い話なので、それだけしか覚えてません(汗)当時の私は岡崎正博(39)理事の話を聞けば聞くほどこの人は老人変人かも知れないと思った。しかしながら私も人の事は言えないので、寧ろ岡崎正博(39)理事に対し妙な親しみを感じたのも事実である。


その第6回選手権の懇親会の時、岡崎正博(39)理事と「チェスの可能ゲーム数の算出方法は、もともとシャノンが考え出した筈だが、あの方法や数字を引用するのは微妙に問題があるのではないか」みたいな話をしていた。そしたらいきなし岡崎正博(39)理事が「おおーい、松原君、この人が松原君に何か文句があるってよおー」とか言い出して、突如松原教授を呼んでしまったのである。そういうこともあって松原教授と少し深い議論になったのだが、その内容の詳細は割愛させて頂く。


その後、岡崎正博(39)理事を新宿5?丁目あたりで頻繁に見かけていた。当時私は富久町に住んでおりその周辺に岡崎正博(39)理事の職場があったということである。そういう訳で例の「新宿2丁目ベローチェ事件」が突発的に起きたのは、計算機科学の神様の思召しであったのかも知れない。

話は少し逸れるのだが、日本将棋連盟の米長邦雄(18)会長は、正確には米長邦雄(S.18)会長と表記すべきであることは周知の事実である。同様に、岡崎正博(39)理事の場合は、岡崎正博('39)理事と表記した方が事実に限りなく近くなるのではないかと謎電の作者は分析している。が、公正取引委員会から不正表示の改善命令が出るまでは、今後も「岡崎正博(39)理事」として活躍して頂くつもりである。

AD

いざ参らん

テーマ:

昨日念の為TCP/IP対局試験をやってたら、通信部が結構罵愚だらけであることが判ったので修正してた。念のため師匠の公開ソースと見比べると、なんか全然ロジックが違う。非常に不安である。いろいろワケあって家の外と繋ごうとするとコネクションが確立しない。仕様がないのでハイパーターミナルを使って手動シミュレーションでテストしたわけだ。てか、謎電は今まで一度もCSAサーバ(あるいはその類)と繋がったことがない。本当に大丈夫なのか?かつて謎電の作者が体験したことのない未曽有の不安が押し寄せてくる(汗)


というわけで、謎電の作者は明日午後2時くらいにかずさアークに入る予定。


それでは選手権会場で逢おう諸君

はっはっはっはっはっはー

AD

今年はどうなるか判らん

テーマ:

謎電の第17回用バージョンはもう弄るのやめることにした。弄れば弄る程悪化する。であるが故に現実逃避していたのだ、それは事実なのだ(涙) 何か想定外の根の深いバグがありそうだ、ということが判ったので、いっそ本気で思考部は作り直そうと思う。てか、次回用はGUIを除いて作り直すことに決めた。やめると決めれば気楽なもので、今期の選手権の予想を書いておこうと思う。


と言いつつ、特に今回の優勝はどうなるかサッパリ判らんし、二次突破組も微妙に難しい。今回は個人的にビンゴ恩本選手の備後将棋がどうなるかが楽しみなのだが。というわけで、一次突破組を偉そうに予想してお茶を濁しておく。うむ、偉そうにしていられるのも今の内だけだな(汗)と自分で思っている謎電の作者である。


棚瀬将棋(仮):言わずもがなである。掲示板に書かれたことは(棚瀬選手にとって)謙遜ではなく事実だと思う。が、書かれてある意味の次元が優勝するか否かという話である。

マイムーブ:決勝へ進出することになっているプログラムが一次突破できないようでは、切腹を申し付ける!!(←偉そう)

山田将棋:かなり強くなっていると思う。去年は持時間の使い方の調整が巧くいっていればシード組に入れたのではないかと。因みに彼のことはベテラン山田選手と呼ぶことにする。余談だが、参戦者の中にもう一人山田が居るが、この男に対してはネムタクナル山田(しかも面倒臭いので呼び捨て)が妥当且つ多数の賛同を得られるのではないかと考えている。

SPEAR:これも突破する。突破出来ないようなら、故郷に帰れライエル恐氷山!!(←ちょー偉そう)

あうあう将棋:作者のスリーディ氏家選手を、実は謎電の作者は密かに好敵手だと考えている。詳しくは長くなるので書かないが。


この5者は、何か予測不可能なアクシデントがない限りほぼ確実。で、理由は判らないがShoreがキャンセルしたらしいので残り4組。多分上の5つのプログラムの何れかに実力で勝てるチームが、一次を抜けてくると謎電の作者は予想している。

第17回選手権の個人的見所

テーマ:

やはりアレでしょう。あの


「新鮮味がない」発言


で計算機将棋の神様の怒りを買った影響。今年の師匠は怖いですよ。選手権17年の歴史の中でマエストロ柿木選手は最高のモチベーションを持ち、且つ最高のコンディションで柿木将棋はやってくる筈である。


いや、思ったんですけどね、日頃温厚な師匠が、「やーまーしーた~~~、一時は食パンと紅茶で3日間過ごしたような食生活も今では生協でババロアシュークリームをついでにとれるぐらいにリッチになって調子にのりやがってコノヤロウ。次回選手権で思い知らせてくれるわ!」ってくらい怒り心頭、怒髪天を突く思いだったのではないかと謎電の作者は分析している。


もともと師匠は統計(数量化理論)に一家言ある方[*1]でしたから、機械学習が成功していても全然不思議じゃないんですよ。


[*1] 5年くらい前だったかサーモメータ有岡選手がCSAの例会で序盤の指し手学習を多変量解析で実現するという話をされた時、即座に師匠がそのメカニズムを理解され、呼応されていたのを謎電の作者は見逃さなかった。恐らく彼らはSQC(統計的品質管理)に造詣が深いのではないかと思う、勝手な想像ではあるが。

今気づいたんじゃが、まさかたった一日で病院送りにしていたとは知らなんだ。すまぬ、許してくれ、早く良くなってくれ、マイムーブ西村。これで謎電の作者のプレッシャ~が禁じ手になるとか、いやそれどころかCSA除名処分になるとか?(汗) それはともかく、無理はするなマイムーブ西村。学習なんていつだって出来るぞ。でもな、少年老い易く学成りがたしって昔から言うし、やっぱ今しかないよ、学習は。でも健康だけは損なわないでくれ、頼む、マイムーブ西村!!

師匠~ (2)

テーマ:

オープン戦の結果を見た。


師匠~、おおおお俺はキョーレツに感動しましたよ(激涙)


アレには計算機将棋の神様の天罰が下りまくると思ってました。やはり、常日頃のおこないがモノを言うといったところでしょうか。

資料集2006

テーマ:

CSAから資料集が昨日届いた。今年もまた正論をぶつけてくる輩がいる。06/04/19の週刊将棋(資料集のp.39)から引用する。


> その場合は強いプログラムを元にチップを作らないと意味はないのですが。


…だからさ、判ってるんだよ、んなことは!!

繰り返すか、普通!?

イジメ?新手のイジメ??


この審判員の人柄が全く信じられない[*1]謎電の作者だった。いや、もう謎電の作者的にはSPEARを倒せりゃそれで良いんですよ。FPGAはbitboardの100倍速いとか言ってやりますよ(涙)


[*1] 選手権参戦者の中で、最も人柄を信用されてないのは、実は「謎電の作者」なのだが、自分のことは棚に上げておくことにする。

師匠~

テーマ:

GPW杯2006の結果を見た。


師匠~、俺は信じてましたよ(涙)


アレにはいつか計算機将棋の神様の天罰が下ると思ってました。ドクタ橋本アーンド北陸先端大も信じてました。ちなみに師匠は、私が師匠と呼ぶのを嫌がられているようです。そこで今後は、「マエストロ(巨匠)柿木」とお呼びすればよろしいでしょうか?

ジャンル変更

テーマ:

気分一新できる状況ではないのだが、本日、ジャンルを変更した。元来「最先端計数将棋学」は、チューリング賞とかフィールズ賞とかノーベル賞を目指して創めたわけではなく、またアカデミー賞女演助演男優賞を目指したわけでもない。飽くまで計算機将棋をベースにした21世紀の新しいジョークを追求しているだけに過ぎない(かなりブラックだが)。


ところで前年度は、特にライエルに対して圧力を集中的に掛けてみて判ったことだが、


まさか、奴があそこまで

プレッシャ~に弱いとは


思っていなかった。これ以上虐めるのもなんだか可哀想なのでちょっと(の間)遠慮することにした。と言いつつ既にお気付きの方も多いと思われるが、今年度はカメラマン山下選手に対してモーレツにプレッシャ~を掛けてみることにした。今年度頭からジワジワと掛けて[*1]、今後も過去のネタを見つけ出してはいろいろ書いていこうと思っている。彼は意外とプレッシャ~に強いのではないかと謎電の作者は分析している。次回選手権でのYSSの活躍が楽しみだ。


さて、最近更新が滞ってしまっている。8月末まで本業モードから抜け出せない状況ではあるものの、9月からは週刊ペースに戻したいと考えている。


[*1] 更に、別の秘密基地ブログからは、キョーレツに彩の作者に対してプレッシャ~を掛けるという両面攻撃状態である。
[*2] 参考資料:http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060723k0000e030009000c.html 因みに、後手番から即詰がある。