別冊MultiCore ('06/01号)

テーマ:

皆さんこんにちは。MultiCoreの時間です。本業スパート中ですが昨日アキバに行ってきました。先週気が付いてはいたのですが、FXシリーズもdual化したようで、結局FXの棲み分けの意味が判らない状況ですね。

--
                          '06/01時点   ('05/11時点)  ('05/09時点)  ('05/07時点)
FX-60(2.6GHz/L2:1M  x2) : \130k前後
4800+(2.4GHz/L2:1M  x2) :  \80k前後    ( \95k前後)   (\110k前後)
4600+(2.4GHz/L2:512Kx2) :  \70k前後    ( \78k前後)   ( \85k前後)   (\100kを割る)
4400+(2.2GHz/L2:1M  x2) :  \60k前後    ( \61k前後)   ( \66k前後)   ( \80kを割る)
4200+(2.2GHz/L2:512Kx2) :  \48k前後    ( \50kを割る) ( \58k前後)   ( \66k前後)
3800+(2.0GHz/L2:512Kx2) :  \39k前後    ( \40kを割る) ( \43k前後)
Opteron280(2.4GHz)      : \166k前後    (\165k前後)
       275(2.2GHz)      : \135k前後    (\130k前後)   (\135k前後)   (\160k前後)
       270(2.0GHz)      : \110k前後    (\110k前後)   (\120kを割る) (\130k前後)
--

何故かOpteron系が安くなってるどころか、むしろ若干高くなっているような。


で、今回某ショップでFX-60を見て約600秒ほど長考に沈みました。4800+と5万円の差はかなり悩むところです。周波数差で0.2GHz、性能比で約8%は「ウデでなんとか埋める」というわけで、清水の舞台から飛び降りる勇気がなく、断腸の思いで4800+をチョイスしました(汗)

あと将棋とは関係がないんですが、今回ケースはアルミ、電源も別に購入しましたし、CPUクーラにも気合を入れてみました。GPUはGeForce7800系は諦めて6800系でまとめました。これでWarCraft IIIがサクサク動いてくれる(笑) OSはXP64bit/OEM版を試験的に使ってみることにしました。これから色々試験してみて不都合が多いようならXP professional に入れ替えるつもりです。

AD

ハード講義

テーマ:

先月頃からハードの教養・入門レベルの巧い解説書が何処かにないかと時々internet検索を掛けて調べていたのだが、心の底からお奨め出来る講義ノートを見つけたので以下に紹介する。


講義のページ 琉球大学 情報工学科 和田 知久


この講義を行っている人物は琉球大学の教授である。が、全くそんなふうに見えないところが最先端計数将棋学的に気に入ってしまった。東大や京大の教授なら「切れる先生」だろうが、彼の場合は「完全にキレてる先生」である。自らを「ファイヤー和田 」と名乗り、「ファイヤ和田先生! と呼んでください」と、学生にやや強要しているところが微笑ましく感じる。付加えて、彼は元M[*1]の人のようで、Pen2や初期Athlonの外付けL2キャッシュ(PBSRAM)の設計をやっていたようだ。つまりは実務経験の豊富な技術屋が書いたドキュメントであるからこそ、お奨めできるというわけである。一通り読んでみて「彼の授業を受けた生徒達は、必ずや明日の日本を支える技術屋になってくれるだろう[*2]」と、何やら目頭が熱くなるものを謎電の作者は感じたのだった。


[*1] Mitsubishiの略号(場合によってはDiamondのD)。Hなら日立、Fなら富士通、Nは日電、Tは東芝、Pは松下、SあるいはSOでソニー、SHでシャープ、以下省略。

[*2] 確信は、全くない。

AD

内藤先生と勝負する

テーマ:


内藤 國雄 コンピュータと勝負する


今日の今まで気が付かなかった…。でも、「コンピュータ将棋」と勝負するわけじゃないんですね(汗) 内藤先生に、そろそろこちらから挑戦状を書こうかな。


【 挑戦状 】


内藤の次の一手 制限時間は1問60秒(Barton/3000+、置換表:1GB)とした時の結果は次の通り。


        種別   思考時間 初手解    
  1番* 1手次   30.458秒o8二竜
  2番: 1手次   56.489秒o7二角
  3番* 1手次   22.141秒o6四角
  4番* 1手次   17.316秒x3一角
  5番: 1手次   46.519秒o1三角成
  6番: 1手次   32.420秒o2三角
  7番: 1手次   33.508秒o7五銀
  8番* 1手次   28.435秒o6四角成
  9番: 1手次    0.500秒o2一竜
 10番: 1手次   43.128秒o2四飛
 11番* 1手次   60.001秒o5一成香
 12番: 1手次   38.909秒o6六香
 13番: 1手次   53.479秒o1五角
 14番: 1手次   24.871秒o5一角成
 15番: 1手次   18.477秒o2一飛成
 16番: 1手次   60.001秒o3五飛
 17番: 1手次    6.856秒o6六角
 18番* 1手次   26.240秒o5四角
 19番: 1手次   28.401秒o3八金
 20番* 1手次   10.078秒o4二飛
 21番: 1手次   34.383秒o1八角
 22番* 1手次   24.091秒o5六歩
 23番* 1手次   44.391秒o2二銀
 24番* 1手次   33.200秒x8一飛成
 25番* 1手次   31.308秒o4二竜
 26番: 1手次   60.001秒o5三飛成
 27番: 1手次   32.197秒o1三角
 28番: 1手次   35.729秒o3五歩
 29番* 1手次   23.877秒o2二馬
 30番: 1手次   28.940秒o3一角
 31番: 1手次   28.834秒o3二金
 32番: 1手次    0.606秒o4六歩
 33番* 1手次   48.439秒o4三と
 34番: 1手次   26.418秒o9六角
 35番: 1手次   49.815秒o3五飛
 36番* 1手次   44.968秒o7六角成
 37番* 1手次   32.001秒x2三金
 38番: 1手次   60.001秒o3八馬
 39番: 1手次   36.821秒o7四飛
 40番* 1手次   23.829秒o3七桂
 41番: 1手次   42.211秒o4九竜
 42番: 1手次   24.002秒o9九角
 43番* 1手次   24.816秒x2一馬
 44番* 1手次   60.021秒x4七香
 45番: 1手次   17.028秒o8八角
 46番: 1手次   27.868秒o5二竜
 47番: 1手次   38.994秒x7五角
 48番: 1手次    3.181秒o3三角
 49番* 1手次   38.864秒o7四飛
 50番* 1手次   28.590秒x3八銀
 51番* 1手次    4.088秒o6四飛
 52番* 1手次   16.729秒x5二金
 53番: 1手次    4.348秒o3三金
 54番: 1手次   30.560秒o1八飛
 55番* 1手次   60.001秒o2四歩
        種別   思考時間 初手解    
 56番* 1手次   41.681秒x3二歩成
 57番: 1手次   40.257秒o8八桂
 58番* 1手次    0.003秒o2三竜
 59番: 1手次   26.539秒x3六桂
 60番* 1手次    0.012秒o8二金
 61番* 1手次   33.401秒x6六角
 62番: 1手次   53.025秒o3三馬
 63番* 1手次   45.454秒x6一飛
 64番* 1手次    5.387秒o2二金
 65番: 1手次   59.042秒o5一銀
 66番: 1手次   18.490秒o6八金打
 67番: 1手次   38.541秒x3三銀
 68番: 1手次   23.838秒o3八金
 69番: 1手次   11.273秒o7二銀
 70番* 1手次   60.001秒x5七角
 71番: 1手次   60.001秒o3一銀成
 72番: 1手次    6.203秒o4六銀
 73番: 1手次   18.464秒o3四桂
 74番: 1手次   30.461秒o4五金
 75番* 1手次   53.438秒x6六角
 76番* 1手次   42.475秒x2一角
 77番: 1手次    0.457秒o5一竜
 78番* 1手次   25.982秒x6八飛
 79番: 1手次   27.339秒x3二馬
 80番* 1手次   59.949秒o9七角
 81番* 1手次   20.186秒x3四歩
 82番* 1手次   18.641秒x4三歩
 83番* 1手次    3.867秒x3一銀
 84番* 1手次   18.775秒o4六銀
 85番* 1手次   35.100秒x9三角成
 86番* 1手次   27.194秒o2一角
 87番* 1手次   60.001秒x1二角成
 88番* 1手次   51.943秒o4四歩
 89番* 1手次   16.414秒x5六歩
 90番* 1手次   36.011秒x8二飛
 91番* 1手次   26.773秒x1八金
 92番* 1手次   60.001秒x5五桂
 93番* 1手次   60.001秒x7三角
 94番* 1手次   37.838秒o5五角
 95番* 1手次    9.743秒o4七歩
 96番* 1手次   23.563秒x7八金
 97番* 1手次   30.310秒x6六歩
 98番* 1手次   47.185秒x4一角
 99番: 1手次   11.121秒o4六飛
100番: 1手次   15.709秒o4四桂
101番* 1手次   28.967秒x6一角
102番* 1手次   25.366秒o6八角
103番* 1手次   60.001秒o9二飛
104番: 1手次   25.457秒o8六歩
105番: 1手次   44.386秒o5九銀
106番: 1手次   39.515秒o4四角
107番* 1手次   55.285秒o6一金
108番: 1手次   49.217秒o2二銀
109番: 1手次   43.636秒o7三銀成
合計時間: 3523.296秒 平均思考時間: 32.324秒/番
正答数: 77[問] (正答率: 706[‰]) 対象数: 109[問]
AD

あけましておめでとうございます。今年も最先端計数将棋学は、計算機将棋開発者の皆様にプレッシャ~を掛けていきたいと思いますのでご贔屓に。といっても、近い将来音信不通モードに入るでしょう。


ところで昨日気が付いたのですが、SHNSKさんのBlog(05/12/18) に過激な、てか微妙に誤解を招きかねない話があったので、ちょっと補足させてもらいます。謎電でライエル問題集を解いた時の結果は次のようになります。


時間[秒] 正答数
600 74
180 69
150 66
60 60
30 56
20 50
6 37
2 22
  


左上表の時間は、1問あたりの制限時間で単位は[秒]。右上図の時間は対数軸にしました。底は10です。 70問以上というのは1問10分かけた時の話で大したことはありません。といったようにサリゲなく元旦からプレッシャ~を掛けてみます、特にライエルに(笑)


冗談はさておき、選手権の会場で、配分時間と正答数の関係について某Aさんに質問を受けました。これはその正式な返答でもあります。多分、巨視的にはシグモイド曲線のようなカーブになると思います(勿論、問題の難易度の分布に因りますが)。「のような」というのは、いくら時間を掛けても解けない(解図パラメタの値が不十分で誤答を起こす等の)問題あるから、という意味で。上のデータは去年4月頃のもの(Barton/3000+、置換表:1GB)なので、マシンを新調したらまた測ってみるつもりです。