Prof_Hiroyukiの語学・歴史談義

・歴史旅行記や言葉(日本語・フランス語・ドイツ語など)へのこだわりを書き綴ろうと考えています!    
                      
<本記事を引用された場合、その旨を御連絡頂けると有り難いです。>

※ペタ受け付け時、ペタ のボタンが欄外に出ます。


テーマ:

今晩2度目の更新です!


官兵衛1~7回ダイジェスト(大河ドラマ考184) の続きです。


なるべく、さらっと行きましょう!

遂に字幕無し・・・「古典・兵法書」からの台詞は上司の説得に有効?(大河ドラマ考176,官兵衛⑧)

こういったところから文言を選べば、確かに説得力は有りそうです。

但し、上司に使い過ぎるとへそを曲げられてしまうかもしれませんね。


「虚構による主役補正」「スルー」「期待外し」そして「嬉しい誤算」(大河ドラマ考177,官兵衛⑨)

1996(平成8)年「秀吉」での「心・配・御・無・用」復活・・・かと思いきや、竹中直人さん演じる秀吉が周囲から訝しがられるという場面もございました。これは、「心配御無用」の封印を意味しているのでは無いかと考えています。

決まり文句をネガティブに捉えている・・・様にも見えるパターン外しは、結局本ドラマの面白みを削いでしまった様です。


織田を包囲!「御所様」義昭と「上様」信長、どちらが真の棟梁か(大河ドラマ考178,官兵衛10)

大河「徳川慶喜」も放送された事ですし、義昭を主人公としたドラマもそれはそれで面白い・・・のでは無いかと思います。


比較するのも乙!陣内さんの登場で、以前の「あの大河」を連想(大河ドラマ考179,官兵衛11)

陣内さん、竹中さん以外にも本ドラマは濃い面々が勢揃いしていますね!

官兵衛の岡田さん以下の若い役者さんの影が薄い・・・とも言えるかもしれません。


実は、久秀はいつも義昭の味方の様な動きを。それは、真の敵が・・(大河ドラマ考180,官兵衛12)

謎の多い人物ですが、こういった見方も出来るというのは興味深いです。

真実は・・・本人にしか分からない訳ですが。


軍師官兵衛誕生!天は秀吉に力を貸し、信長を破滅へと誘う(大河ドラマ考181,官兵衛13)

このドラマは信長を良い様に描き過ぎているという感が致します。

個人的には、江口さんの信長はしっくりとは来ていないのです。


上月城に関する虚構は、果たして後話にきちんと繋がるのか(大河ドラマ考182,官兵衛14)

果たして、応急処置ぐらいで済むのでしょうか!?


以上、14回までのまとめ(と復習?)でした!

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード