Prof_Hiroyukiの語学・歴史談義

・歴史旅行記や言葉(日本語・フランス語・ドイツ語など)へのこだわりを書き綴ろうと考えています!    
                      
<本記事を引用された場合、その旨を御連絡頂けると有り難いです。>



テーマ:
豊臣秀次が出ないのは奇妙ー鶴松出生・死没前後の豊臣世嗣の事情(大河ドラマ考212官兵衛41)に続く大河ドラマ考です。

今週(10/19放送)の「軍師官兵衛」は第42回「太閤の野望
今回は切腹のシーンこそございませんでしたが、朝鮮出征のために多くの血が流されました。
また・・・

・官兵衛は無断帰国のために秀吉の勘気に触れて蟄居。官兵衛も切腹か
・淀殿(茶々)が妊娠。実権の乏しい新関白・秀次の運命や如何に!?

など、次の展開が気になるシチュエーションが盛りだくさん・・・という方もいらっしゃるかもしれません。
(私はもう視聴しないかもしれませんが。)

・・・その件は一先ず置いておきまして、官兵衛36~42の過去記事について触れて参りましょう:

右近が伴天連追放令で追放された訳でないのは、この理屈からも分かる(大河ドラマ考207官兵衛36)
高山右近はまだまだ存命だったはずなのに、キャスティングの都合で早くも退場となってしまいました。
タイミングが余りにも史実と乖離するのも考えものです。

大河俳優同士!田中哲司さんと仲間由紀恵さんの御結婚(大河ドラマ考208官兵衛37)
この「おめでたい」発表と当該回の「凄惨さ」がマッチせず、記事を書くのに些か苦労致しました。

「黒田官兵衛」と「父の日のプレゼント」(大河ドラマ考209官兵衛38)
父がよく語っていた「優れすぎて、秀吉に警戒されていた人物」。
大河後は、黒田「如水」よりも黒田「官兵衛」の名の方で語られるのでしょうね!

跡を「嗣ぐ」ではなくて「継ぐ」にした意図を深読み?(大河ドラマ考210官兵衛39)
・・・いやはや、勘繰り過ぎでした。制作側は、そこまで考えていなかったのですね。

ここぞとばかりに三つ鱗!後北条氏と鎌倉北条氏との「家紋の違い」(大河ドラマ考211官兵衛40)
流石に、ここはきちんとしていました。

豊臣秀次が出ないのは奇妙ー鶴松出生・死没前後の豊臣世嗣の事情(大河ドラマ考212官兵衛41)
制作側は色々と趣向を凝らしている積もりなのかもしれませんが・・・守備範囲が狭いというのは嘆かわしい事です。

以上、35回~42回を振り返ってみました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード