Prof_Hiroyukiの語学・歴史談義

・歴史旅行記や言葉(日本語・フランス語・ドイツ語など)へのこだわりを書き綴ろうと考えています!    
                      
<本記事を引用された場合、その旨を御連絡頂けると有り難いです。>



テーマ:

大河ドラマ考、井伊直親が死してから再開しようかとも考えていましたが、もう書いてしまいましょう!
 
今週の大河ドラマ「おんな城主直虎」(2月19日本放送)は第7回「検地がやってきた」。
井伊直親は徳川四天王・井伊直政の実父であり、主人公井伊直虎の許嫁だった人物。父の直満は謀反の疑いで今川義元によって謀殺されています。

今回は実質上の主君である義元に、義元にとっては「謀反人の息子」である直親の帰参(および家督相続)を認めて貰うために井伊家が奔走します。

その際に義元が井伊家に出した条件が・・・井伊家所領の検地(井伊の農業収入に見合う兵役を課すため)だったという訳です。
 
(1)それにしましても、井伊家はメンバーが殺され過ぎます。
昨年の「真田丸」では、最終回で信繁親子が討ち死に(ドラマ内では自害)した以外は真田家は誰も殺されていません
ところが・・・
「直虎」では初回で直満兄弟が謀殺され、息子の亀の丞(直親)は行方不明。
直親は戻ったものの、この後も井伊家の男性メンバーは次々に命を奪われて行きます。
その上、女性も今川義元によって政略結婚や出家などの「犠牲」になっているという描写も。
 
(2)今川は井伊を潰したい?
そこまでかどうか分かりませんが、両家は南北朝時代には敵同士でした。
すなわち、
北朝方:今川家(足利一門として)
南朝方:井伊家
それが尾を引いて、両家には大いなる不信感が残されている・・・というのが最も簡単な説明でしょう。
そして、なぜ井伊が南朝方なのか?に答えるにはドラマ内での「皇子(みこ)様」について説明が必要となるのです。
 
(3)その皇子とは、宗良親王かその王子・尹良親王
宗良親王は後醍醐天皇の皇子。明らかに南朝方です。
この皇子と井伊家の繋がりは深く、皇子と井伊家の娘との間に儲けられたのが地元で言う処の「ユキヨシ様」こと尹良親王(大橋家祖)です。嫡子を儲けている事からも、南朝からの信任が厚かった事が窺い知れますね。
 
(4)最後に、なぜ検地奉行の岩松が隠し里を不問にしたのか?
井伊の隠し里は今川の検地奉行・岩松の知る処となりましたが、井伊の家老・小野政次から「皇子」の話を聞いた瞬間に隠蔽を不問とします。
岩松は諱・通称も無い事から恐らく架空の人物なのですが、岩松家は一応新田一門(血筋は足利だが、新田宗家から所領を貰って代々新田一門として遇されていた)として南朝方で岩松経家などが活躍。
その末流の「岩松某」がこの地に留まっていても不思議ではなく、この時点では今川の家臣となっているものの、以前に所属していた南朝の「皇子の所領だった」と聞いて仏心が出た・・・という設定なのでしょう。
 
ここにも、今川の権勢に押されて渋々付き従っている人物が居た訳です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。