一人時間@ゆの里

テーマ:
今日は月に一度のお水の勉強会。
「ゆの里のお水とよそのお水との違いはなぁに?」という素朴な疑問。それをテーマに重岡社長のフリートークの2時間でした。

その答えは?

キーワードは「関係性」と「循環」
 
今日聞いたお話をここでサクッとまとめてシェアすることはなかなか難しいので、しばらく私の中で熟成させてみます。

なんて言うのは程のいい言い訳でして、社長のお水のお話は聞いている時は、よーくわかったような気になるのですが、人にきちんと伝えようと言葉にしようとすると、簡単に出てこないのです。

会社に戻って、iPhoneじゃなくてPCに向かって書いてみますね。

水曜会が終わりいつものように社長や永島部長と軽く打ち合わせ。それを終えたら、6時からは、なんと久しぶりのゆの里フリータイム♩  

しょっちゅう、ゆの里に来ているようだけど、実は一人でゆっくり過ごす時間はありそうでなかなか取れないのです。
(まぁ、仕事で来てるのだから当たり前ですが)
 
そこで、前から挑戦したかった一人ご飯、一人呑み♩

{440EAA0F-C1CF-49DE-BB78-1365DC4BB816}
  

月のしずくで仕込んだ日本酒「天の舞」であります!

一人でもちょっとだけ味わいたい人向けにこんなメニューがあるのですよ。
名付けて「晩酌セット」。

{2DF97190-6A8A-4A8D-8A3C-7DB8D319616E}

お得な感じですよね!
女性のちょっと呑みにぴったりです。
銘酒「天の舞」のお味見に、是非どうぞ♩


プロ・アクティブは通販会社。
目指すところは「通心販売」。
 
リアルな店舗を持たないので、対面でのお客さまとの交流がなかなかできないけれど、「心を通わせあえるような」通販をずっと目指しています。
 
WEB全盛の世の中ですが、アナログの印刷媒体(毎月のお便り)を通してのコミュニケーシヨンから始まったアクティブ通販。
販売目的のDM以外でも実は今でもベタな紙媒体の製作物を折に触れ作って情報をお送りしています。
 
中でも『ほっとメッセージ』はデザインの変更はあれど、プロ・アクティブ創業以来のロングセラー(商品ではないですが)。
 
この下の写真。
右が現在の『ほっとメッセージ』
左は、2002年の9月号。
表紙のイラスト、サンマの煙にむせているのはおそらく私です。(笑)
 
image
 
作り手の思いをインタビューした『健幸文庫』は、数あるプロ・アクティブの印刷物の中でも私が最も好きなシリーズで、この『健幸文庫』はプロ・アクティブの誇り、良心(自分でいうのもなんですが)を伝えているのではないかな?と思います。
 
これを読んで、プロ・アクティブでお買い物をしようと思ってくださった方も多いのでは?
 
image
 
さらには、折に触れ、その時々に各商品のご愛用者さんのファン倶楽部的な通信も!
かつては、『玄米元氣通信』や、ピュアシナジーの『SYNERGY倶楽部』や、「竹布応援委員会」という私設応援委員会も設けたりもしてきました。
 
そして、満を持して、新たなファン倶楽部の通信ができました!
プロ・アクティブの真打(!?)
『月のしずく通信』です。
 
{11317E0B-9FA4-44E0-8718-BD5ECC85947D}

こちらは、「月のしずく」をご愛用いただいている方にお水と一緒にお届けします。
足しげくゆの里へ通い、得てきた生の情報をなるべくお伝えしたくて、こんな風に「ほーりー発」のレターにしてもらいました。
 
読んでいただけるかしら?
少しでもお役にたてたらうれしいな~と思って8月1日から同梱をスタートしたところ・・・・。
 
早速「月のしずく編集部」ほりば宛にお便りが届きました!
感激♪
 
{BD3E2E72-FC44-464C-B41D-A39783833987}
 
突然「耳が痛い」と言いだした息子さんに「月のしずくウォーターシート」に「神秘の水夢」スプレーを吹きかけて、耳にあててみたのだそう。
そして、「どうか効果がありますように」とお母さまは祈られたのだそう。
結果は、そう!
こうして、うれしいお便りでの報告となったのでした!
 
わが子のために、必死に祈るお母さまの姿が目に浮かび、お水のチカラもあるのでしょうが、お母さまの愛情の力が、働いたに違いありませんね。
その祈りの力を伝える力が「月のしずく」にはあるのかもしれません。
 
生まれたての『月のしずく通信』。
これから、一緒に育てていただけたら、うれしいです。
ご意見、ご感想、ご要望。ありましたら、どんどんお寄せいただけたらと思います!
 
どうぞよろしくお願いいたします!!
 
 
 
 

8月スタート。

毎月朔日は、プロ・アクティブではちょっと長めのモーニングシェアをやっています。

今朝、7月を改めて振り返ってみたんですけれど。

 

ここ一か月は、ゆの里へ通った、通った。

 

数えてみたら、なんと1か月に5回も行っていたんですね。

さすがに、行き過ぎでしょうと自分でも思いますが、まぁ、そんな時も過去にはよくありました。はい。

 

イベントが立て込んだという事情もあるのですが、行く度に重岡社長から伺うお水のお話が深く、広く、情報が多くなっていて、いやぁ、本当に1回のお話し会の内容だけでは、聞ききれない!

情報の更新速度も加速しているので、1か月に1回はちゃんとお話を聞きにいかないと、ついていけなくなる感じなんですよね。

 

そんな貴重なお話。なるべく私が持ち帰って、「月のしずく」ファンの方にはお伝えしなきゃ、と頑張ってはいるのですが・・・。

 

いやぁ、これは余すところなく、皆さんに聞いてもらいたいわ、と思うことが度重なり・・・。

私だけが聞いているのは、あまりにももったいなく・・・。

 

しかも、しかも。

いつも重岡社長のお話を聞かれた方が、みなさん、口をそろえて「もっと聞きたい」「夜通しでも聞いていたい」とおっしゃるんですよね。

 

私も全く同感♪

 

それならば、重岡社長のお話だけを聞く合宿をゆの里でやってしまおう~という「企み」です。

 

重岡社長も、快くOKしてくださったので、この秋、初めての「重岡社長のお話を聞く合宿」を開催することにしました。

 

一泊二日。

重岡社長を独り占めです(一人じゃないけどね)

「夜通し聞いていたい」と言ったら、社長「夜通しは嫌だ~、寝かしてほしい」とのことでしたが、たっぷりとゆったりとお話しをしていただく時間を作っていただきました。

 

ゆの里ツアーや新宿などのお話し会で、お水のお話を聞かれた方限定のリピーター企画。

しかも、夜通し(になるかもしれない、(笑))企画なので、すっぴん、浴衣で参加OKの女性限定の合宿とさせていただきました。

 

いつものお水のお話をさらに深く。

ゆの里裏ヒストリーとか、思いっきりスピなことや古神道の話、最先端科学のことも、ヨーロッパで見聞きしてきたことや、宇宙のことも、水のふるまいから学ぶ組織論などなど、もう、たくさん、たくさん、聞いてもらいたい、話してもらいたいことだらけ。

 

時間がどれだけあっても足りない感じなのです。

まじで、夜通しになったりしてね♪

 

合宿の詳細は、HPのイベントページでご確認してくださいね。

 

そこでわかると思うのですが、この会を「しずくひめの会」と名付けました。

 

「しずくひめ」

 

わたし、結構気に入っています(笑)

 

ということで、我こそが「しずくひめ」だと思う方。

奮ってご参加くださいませね。

 

こちら、おそらく、大人気になると思うので、お申込み多数の場合は相部屋とさせていただきます。

 

一人でも多くの「しずくひめ」が誕生しますように。

 

しずくひめの会 第一回合宿

 

写真は2016年、重岡社長たちとご一緒させていただいた宇佐八幡さまの手水。

八幡さまのことも、合宿では伺いましょうね!

 

{D4A1C9F1-B9DD-489B-8DF6-0764C885066D}

 

この秋はゆの里ツアーが3連発♪

 

●「しずくひめの会」 ・・・リピーターさん限定

●定番「ゆの里&高野山」・・・鉄壁の定番。初めての方に

●備前焼体験・・・ろくろ体験&来年の窯開きツアー優先参加

 

さぁ、どれにしようかな?(笑)