プロ・アクティブでもおなじみのTAKEFU(竹布製品)。
 
抗菌性、制電性、吸湿性などなど、竹の布の優れた点、
竹布だから持ち合わせている素晴らしい点はたくさんありますが
最大の特長は、その肌さわりの心地よさ、やさしさ。
 
そんなTAKEFU製品の目指す道は、
はっきりしています。
 
このブログでもしつこいくらいお話ししてきた
開発者相田さんのこのひとことに尽きます。
 
「人が最も痛み苦しむその時に
傷にそっと寄り添い、ただ快癒を祈る一枚のガーゼ」
 
TAKEFUとして切り開いてきた、竹の行く道が
いよいよ、「開通」です。
 
2/1 「空飛ぶ竹ガーゼ社」から
竹の筒状ガーゼ、ガーゼ手袋が発売になります。
私たちプロ・アクティブも、TAKEFU(竹布製品)の
販売パートナーとしてだけでなく
「空飛ぶ竹ガーゼ社」の想いに共感。
竹のガーゼをお届けするお役目を担い
プロ・アクティブ通販でもお届けしてまいります。
 
それに先駆けて、プロ・アクティブでは
本当に久しぶりに相田社長をお迎えして
「竹のお話し会」を開催しました。
 
~筒状ガーゼ&ガーゼ手袋お披露目です~
 
こじんまりと、相田さんを囲んで、ほっこり
お茶会形式で。
 
image
まずは、竹の綿を感じてみましょう、と手のひらに。
 
image
 
image
温かい、軽い、やさしい。
気持ちいいと感じることは緊張していないこと。
まさにノーストレス♪
 
筋肉が緩んでいる状態です。
すると、血流がまわりますね。
ほかほか、身体が自然に自己発電。
めぐりがよくなって、体温が上がると、そう!
自然治癒力アップ♪自力があがります。
 
そうして、自然に、自ら治っていくお手伝いを
するのが、その竹布なんですね。
その究極の形が「ガーゼ」です。
 
それを筒状にしたものと手袋が出来上がりました!
 
誰もやる人がいないなら、すべて自分たちの手で。
 
その開発の動機、経緯は、こちらのコラムで。
 
その時がまさに、やってきたのです。
 
ご参加者のおひとりは、ご自身が長くアトピーで
苦しんでこられた方。
相田さんに筒状ガーゼを腕にはめてもらって・・・。
反対側には手袋を。
 
image
笑顔で「これなら掻いても大丈夫!」
ほんと・・・・、感動の一瞬だったのです。
 
「涙こぼるる」寸前でした。
 
主婦湿疹などで、手が荒れてしまっていて
「竹布でおやすみ手袋があったらいいのに」と
ずいぶんと前から強いご要望のあった竹100%の手袋も
みんなで試着。
 
「これを、待っていました!」
 
image
その後は、ゆったり、まったりと時間を忘れて
相田さんに淹れていただく「竹のお茶」の時間です。
 
image
お茶の故郷、中国の奥、チベット高原に近いところには
3500年の樹齢を数えるお茶の木が生えているのだそう。
「いつかそのお茶の樹に会いたいね」と相田さん。
 
今回は手ずから収穫、製造された
樹齢700歳のお茶をいただきました。
金竹という竹の葉がブレンドされていて
香りふくよかな、甘みを感じる、おいしいお茶を
みなで、何煎もいただきました。
 
image
 
きっと、いえ、絶対にお茶の「薬効」はあるはず。
 
それが「何に効く」という成分の問題ではなく
大自然の中で700年もの間、命をつないできた
大樹の、大地からの命のちからをいただく・・・
それが、私たちの身体の中で共振共鳴を
始めるのですよね。
 
なによりも、苦しむ人のそばでチカラになりたい。
 
そう祈る相田さんの想いは、TAKEFU(竹布)や竹のガーゼ、
そして竹のお茶、ナファさんのショールームに
併設された癒しの場作りなどなど、
相田さんのものづくりのすべてに、溢れています。
 
この利他の心を形にしたようなものたちだから
「奇跡」と呼びたくなるような結果が出てくるのですよね。
 
この日のお茶会には福島の南相馬から
小学校の校長先生もいらっしゃっていました。
「相田さんに、感謝状を渡したくて」と。
 
image
 
その感謝状には、こうありました。
 
「あなたは平成28年6月29日、
本校の児童のために、タケフの素材を生かした
人形作り、タケフのハンカチを全校生、全校職員に
お贈りくださいました。
よってこの心に寄り添った温かな支援に
深く感謝の意を表します。」
 
この、「心に寄り添った温かな支援」
この言葉がすべてですよね。
 
本当に、相田さんの姿勢にはブレがありません。
世界中で誰もやったことがないことを始められて
おまけに経済至上主義の中では
大変なご苦労もおありだったと思いますが
それもみな、人々を癒すためと前を向いて
乗り越えてこられたのだと思います。
 
TAKEFU(竹布)という形で、
また、竹のガーゼという形で
これからも、プロ・アクティブは相田さんの「祈り」を
お届けしていきたいと思います。
 
あらためて、竹布に出会えていることに感謝です。
どうか、必要とされている方のところまで
お届けできますように。
 
image
 
1時半から始まった「お話し会」。
定刻の4時を過ぎても、どなたも席をお立ちになりません。
気がつくと5時を越えていました。
 
終わった時には、ほぉら、井之頭の空は
美しい夕焼けで見送ってくれていました。
 
☆彡☆彡☆彡
 
「空飛ぶ竹ガーゼ社」の筒状ガーゼとガーゼ手袋は
2月1日発売です。
サイトは2月1日から公開予定。
詳細についてはあと2日、お待ちくださいね。
 
 
 
 

10年先も「マイ定番」

テーマ:

雑誌を読まなくなって久しいですが・・・、
本屋さんで、立ち読み(立ち見)したいなと
思う雑誌は割と決まってきます。
 
マガジンハウスの『ku:nel』
 
私も時々、手にして眺めていた雑誌。
 
去年のリニューアルでは前のテイストと
ずいぶんと変わってしまい
コアな読者さんたちから「クウネルショック」などと
言われたものです。
 
その『ku:nel』を久しぶりに手に取りました。
 
image
そして、見つけたのは・・・、
今月号には、なんと♪
私の愛するTAKEFUが堂々とど~んと掲載。
 
image
 
しかも、取り上げられているのは
私が毎日、会社から帰ってきたら
まっ先に着替える「リラックスパンツ」。
 
外から帰ったら手洗い、うがい。
次にすることが、ストッキングやタイツを脱ぎ捨て
ウエストのきつい(苦笑)スカートを脱ぎ
この「リラックスパンツ」に履き替えることなのです。
 
記事の冒頭にはこうあります。
 
***
「なぜかいつもそればかり着てしまう」部屋着の
共通点は着心地のよさ。
***
 
いやぁ~、まさに、そのとおり♪
いちおう、外では気を張って仕事してますよね?
家に帰って、部屋着に着替えた瞬間、
バシっと交感神経⇒副交感神経へと
気落ちのモードが切り替わります。
 
その部屋着として、私の知る限り、TAKEFUの
リラックスパンツは最適♪最愛なのです。
 
だって~、ウエストにはゴムも入っていなくて
まさにストレスフリー。
 
『クウネル』の特集タイトルが
~10年先も「マイ定番」~
 
私はすでに発売以来
5年くらいは毎日毎日「定番」になっています。
そりゃ10年先も定番に間違いありませんよね。
 
誌面にはこんな文章もありました。
***
「使う人に喜んでもらえるように」と誠実に作られたもの。
そんな作り手の気持ちまで伝ってくる服や小物は
見た目は美しく、着ると心地よく、使うと楽しい。
大人のための「マイ定番」は、実用だけに終わりません。
***
 
ほら、作り手、相田さんのやさしいお顔が
浮かんできませんか?
 
image
 
 
ネットでのご注文も便利ですが、今回はクウネル掲載記念で、ちょっと特別なプレゼント企画♩を用意してみました。
2017年 2/2までの限定企画です。


プロ・アクティブお客様相談窓口に直接お電話くださいね!
モッチ隊長以下フロントスタッフが内容をお伝えしますね。

【クウネル掲載記念特別企画】
プロアクティブお問い合わせフリーダイヤル
0120-61-5522(平日10時〜17時) 




 
 

竹のこころ、大河のごとく

テーマ:

「ほっとメッセージ」の連載も大詰め、

残りあと2回となった竹布開発者相田社長の

エッセー『河の流れのように』。

 

私も毎回、原稿があがってくるのが楽しみでした。

きっと、竹布ファン、相田さんファンのみなさんも

同じ気持ちだったことでしょうね。

あと、2回でおしまいなんて…ちょっと淋しいですよね。

 

竹布からTAKEFUへ。

一枚のガーゼを届けるために。

 

1999年から始まった竹布の開発の歴史の中で

プロ・アクティブは2004から2005年ごろ

相田社長と出会いました。

 

当時、相田社長は特許の裁判の真っ最中。

「儲けのための商売」を向こうに回し

「人が最も痛み苦しむその時」のために

竹の繊維は、世界に開かれていくべきだ・・・と。

 

頑張っておられた姿は、孤高の人のようでもありました。

 

裁判で勝訴されたとご報告いただいた時の

胸を張って空を見上げられていた姿を思い出します。

 

その視線の先には、世界中で竹のガーゼを

待っておられる痛み苦しんでいる人たちの姿が

見えていたに違いありません。

 

「人が最も痛み苦しむその時に

そっと傷に寄り添い、ただ快癒を祈る一枚のガーゼ」

 

私たちが、竹布にここまでほれ込んで

愛用してきたのは、もちろん竹布商品に

他にはない「やさしさ」を感じるからなのですが、

一方で、相田社長のガーゼに込めたその願いに共感し

その実現に向けて、一緒に歩いていきたい

少しでも協力したいと思ったからに他なりません。

 

竹布商品(今では素敵にTAKEFUと表記されますね!)

はすべて、形を変えた竹のガーゼ。

そのとおりなのです。

 

一途に歩んでこられた相田社長の道は

やがて、多くの人の共感、尽力を集め

「空飛ぶ竹ガーゼ社」という一般社団法人を

立ち上げられ、そのガーゼ社から

いま、ついに、念願の竹のガーゼ製品を

自力で製造、販売するところまでになられました。

 

先日、ガーゼ社のお披露目の会に

仲間と一緒に出席させていただきました。


その時のスタッフレポートはこちらにあります。



竹布を愛し、相田社長の想いを応援し

竹のガーゼを必要としている方に

届けたい・・・と無私の心で竹布を

応援されている方々とご一緒することができて・・・。

 

なんというのでしょうか。

 

2001年、最初の製品、ボディタオル誕生から

現在まで、たくさんの竹布製品が生まれています。

そして、製品に重ねて、相田社長のおひとりの祈りが

こうして、多くの方の共感をよび、大きな祈りの力に

なっているように感じるのです。

 

一滴の水が、川になり、やがて大河になって

海に注いでいくように

竹のこころは、時を超え、流れてきたように思います。

 

なんだか、すごいな・・・。

これはもしかしたら歴史的な瞬間に私たちは遭遇しているのでは?

とさえ思ってしまいます。

 

そんなタイミングなので、完全に鬼が笑ってしまいそうですが

来年早々に、相田社長をお招きして、ガーゼのお話し会を開くことにしました。

 

相田社長の悲願ともいえる竹の筒状ガーゼと

とてもとても要望の多かったガーゼ手袋。

その完成を記念して、のお話し会です。

アトピーやお肌のトラブルを抱えた人に、また、心も体も弱っちゃったなぁという方に、竹のガーゼは届くといいなぁって思っています。

 

2017年。

竹布は羽根が生えて、世界へ羽ばたこうとしています。

竹布の来た道、ゆく道を相田社長にお話しいただきましょう!

そして、私達が敬愛する相田社長の、あり方、生き方にも触れていただきたいなと思います。

何より、できたてほやほやのガーゼ製品に実際に触れて

いただく機会になれば、と思っています。

 

相田社長が考案されたという「竹のお茶」をいただきながら

ほっこり、じっくりと新春の午後を一緒に過ごしましょう。


どうぞ、来年の手帳に、すぐに予定を入れてしまってくださいね。

お申し込みをお待ちしています!

 

【相田社長の竹布のお話会

2017年1月28日(土)午後

吉祥寺プロ・アクティブ ショールームにて

詳しくは こちらで