沙羅双樹の花の色

テーマ:
昨日は、京都の「沙羅双樹の花を愛でる会」へ。

{2E4B9A3F-726B-4ED3-A4E7-1CD6E2BD32AA}

沙羅双樹って、日本ではこの、「夏ツバキ」のことを指すのだそうです。

{6C8FC156-F319-4ABB-A1DF-77D397C49C8D}


1日で散る、いちにち花。
美しく盛りを誇って、散ってゆく花。
苔の上に落ちた白色は、まるでお星様が空から落ちてきたよう。

その花の儚さに想いを重ね、昔の人は「諸行無常」を見たのですね。

{04E24043-7DA1-4C4C-A11F-27C891316C8C}

沙羅双樹のお庭を愛でながらの一服。
 

{1A82F585-3463-49DD-A94B-AE80FC916C50}

そして、お坊さまによる御説法。

{A932C769-2BAB-43B3-9ACB-CA10D2E46AB9}

「諸行無常」
ひとときとして同じ時はない。全ては移ろい変わっていくものだからこそ、「今」を生き切ることが大切なのだと。