コールセンターで色々な電話応対をきいておりますと、人によって「こちら」が頻繁に使われていることに気がつきます。

「それではこちら、〇〇となりますので、よろしくお願いいたします。」
こちらお届け先はどちらになさいますか?」
「最後にこちら内容の確認をさせていただきます」
こちら電話番号を申し上げますので・・」

などのように、言葉のはしばしに「こちら」が出現するのです。

たいていの場合、この「こちら」にはあまり意味はなく、この言葉がなくても会話は成立するケースがほとんどです。

人によっては、何かを調べる際に、会話の間をもたせるために、「えーと、こちらがですねー、こちらえーと・・」などのような使い方をしているケースもみられます。

使わない人はほぼ使いませんが、使う人はやたら使います。口癖だとは思うのですが、あるとき「こちら」はどこからやってきたんだろう・・と考えてしまいました。

多分テレビで司会やレポーターのかたが、「その話題の商品がこちら、〇〇です」などと使っているのが耳にのこって、電話でも使われるようになったのかな・・と推測しております。

テレビなら「こちら」と手で指し示しても、映像があるので良いでしょうが、電話は「こちらは」「こちらですね」「こちらの方が」などと連発されても、何も見えないので、私はいつも心の中で「こちら」ってどちらですか?とつっこんでしまいます。

電話では声だけしか聞こえませんので、口ぐせやムダな言い回しは、対面のときよりも大きく印象にのこります。

無駄のない話し方を心がけたいですね



AD