横浜で開業しているUSCPA・行政書士・清水すなおのつれづれブログ

横浜を拠点に活動している行政書士。米国公認会計士に合格し、アメリカ滞在経験もある、異色な持ち主。起業家対談ラジオ番組も持ち、香港とのタイアップも始めるなど、なんでもあり状態になっちゃいました・・・

ブログへのご訪問、ありがとうございます。目下改装中です。


「起業・会社設立」を行う、行政書士・清水すなおです。


このブログでは、清水すなおの『20%ルール』を書く予定です。


 「20%ルール」とは・・・

 自分の使える時間のうち、20%は自分の好きなことを自由に使ってよいというルールです。

 Googleでは、20%ルールで、Google NewsやAdsenseなどユニークなサービスが生まれています。


ということで、20%ルールで、新しいサービスを生み出していく予定です~。



行政書士清水すなお事務所ホームページ(会社起業.com)

http://www.kaisha-kigyo.com/


ミッション:ビジネスのサポートを行うことで、日本の活性化に寄与する!クライアントと共に成長する!!



テーマ:

横浜で開業している、米国公認会計士に合格している、行政書士・清水すなおです。


普段人と話していると、「英語を話せるようになりたい!」と思う方はとても多いです。



日常会話よりビジネス会話の方が実は使いやすいのです。


不思議に思われる方は多いのですが、


ビジネス会話だと、


一旦良く使われる専門用語を覚えると、すぐ理解してもらえ、何度でも使える、


メリットがあります。


私は経理・会計の仕事をしていましたので、


"Please prepare a detailed schedule of ○○, could you?"


と言うと、スタッフの方は明細表を作ってくれました。


Scheduleとは、経理・会計では「表」のことを言います。


(日本語では、予定・計画帳みたいなニュアンスで使われるので、渡米してこの言葉を聞いたとき、

強烈なインパクトがありました。)


一旦Scheduleという言葉を覚えると、幾度も職場でこの言葉が使われ、スムーズに仕事が進むようになりました。


また"Agree?"と言うのは、”こことここの数一致している?”と意味合いで使われます。


学校ではAgreeとは同意するという意味で習い、普段の会話のそのように使いますが、


経理系の仕事だと、「数字の一致」で使われることが多かったです。



日常英会話の難しさの一つは、ジョークです。


スピードが通常の倍以上早く、しかも「ジョークのセンス」を読めることが大切です。


最初の頃は全く何を言っているのか分からず、


1年経っても、


「なんとくここはジョークを言っているから、笑ってごまかそう。」


という感覚でした。



今はネットがあるので、アメリカのドラマやTV番組を手軽に見れます。


http://www.youtube.com/user/TheEllenShow


(とにかくスピードが早くて、理解できなくとも、聞き続けることを大切です。)


私も最初はスピードに追い付けませんが、徐々に耳が慣れてきます。


「わからなくても」落ち込まないようにしてくださいね。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。