新生児に教わること。

テーマ:

紡希がまだ妻のお腹にいた頃から、決めていたことがある。

 

「生まれ来る我が子から可能な限りたくさんのことを学びとってやろう」

 

 

特に新生児の時期はあらゆるカテゴリーの人間の中で、ある意味最強の状態。

成長率や吸収力は無敵レベルで高く、

“ライバル”としてこれ以上の存在はないと思えたからだ。

一方で、新生児は人間の最もナチュラルな様子を
体現してくれる存在なのでは? とも思った。

自分は何者なのか? 

自分の起源はどこにあるのか?

そういったものを我が子が示してくれるのではないかという、

極めてエゴイスティックな期待があったことも否定できない。

 

 

実際に生まれてみて、そういう想いで接してみると、

確かに学ぶことが多いことに気づく。

たとえば自分のことを伝えようとする気迫。

これはもう化け物級にスゴイ。

 

 

「寂しいから抱っこして欲しいの!」

「ウンチが出て気持ち悪いからなんとかしてよ!」

「オッパイをちょうだい!オッパイをちょうだいと言ってるでしょっ!!」

 

 

こういった気持ちを精いっぱいの泣き声と歪んだ表情、

限りなく透明な涙や宇宙を切り裂かんばかりの不規則なバタ足やバタ腕(?)で表現する。

彼女は手段が限られている中でも常に擦り切れそうなほど全力なのだ。

 

 

全身全霊をかけて何かを伝えようとする姿勢を、

40歳の俺は果たして見せているだろうか?

自分にとって本当に大切なことを、

他者にも理解してもらおうとする努力を怠らずに過ごせているだろうか?

自戒の念が募っていく・・・。

 

 

別の言い方をすれば、

彼女は「生きる」ということに関して切ないほど必死であり、

本気であり、直線的なのだということ。

その姿はあまりにも眩しく、

我が身を振り返れば恥ずかしさでいたたまれなくなるばかり。

なりふりかまわない「がむしゃらさ」みたいなもの、

言わば生に対する執着を、

我々はみんな生まれた瞬間からもっていたはずなのに、

余計な経験や知恵を蓄える過程で、

そのキラキラした美しいエネルギーを

自ら薄めていってしまっているのかもしれない。

そんなことにも思い至らされる毎日だ。

 

 

そして昨日、紡希は初めての予防接種に臨んだ。

1歳以下に受けるべき注射の中では最も痛いと言われる一本を受けた瞬間、

それまでの2本とは明らかに違う鋭利な苦しみを泣き声に滲ませた彼女を見て、

親としてドキリとした。

その痛みを自分のことのように感じたのと同時に、

何かあったときにこの子を守ってやれるのは

俺たち夫婦しかいないという

あたりまえの理を突き付けられたようで身が引き締まった。

 

 

彼女にとっては歴史的な痛み。

きっとしばらく泣きやまないだろう。

夜中に思い出してまた苦しくなることもあるかもしれない。

仕方ない、仕方ない。

そう思って見つめていたのだが、

数秒後、紡希はいきなり泣きやみ、

何事もなかったようなキョトンとした表情に戻った。

その後も医者に恨みを抱くような素振りはなく、

恐怖をトラウマ化するような弱さも見せず、

彼女はもう次の瞬間を精いっぱい生きていた。

 

 

「ポジティブ」などという陳腐な言葉では括れない、

雄々しさにも近い清々しさ、あるいは潔さ。

まるで「今と未来しか見えない」と豪語せんばかりの彼女の様子に、

ただただ頭が下がる思いだった。

 

 

40男の生き方さえ見直させる新生児の存在感。

しばらく鍛えていただけそうだ。

 



(了)

AD

娘の誕生と新たな感覚について。

テーマ:

10月20日に娘が生まれました。

名を紡希(つむぎ)と言います。

夫婦ふたり、こんな気持ちで名づけました。↓

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

希望を紡ぐ。

幸せを紡ぐ。

人と人との絆を紡ぐ。

 

想いや経験や思考の糸を、

あなただけの方法で紡ぎなさい。

 

  

能力も個性も理想も、

希であること、

あなただけのものであることを大切にしなさい。

 

  

人を結びつける役割を担いつつ、

我々が強く望んで授かったその命を、人生を、

つまりはあなた自身の物語を、

自信を持って紡ぎあげて欲しいと

希(こいねが)うばかりです。

 

  

夫・湯川史樹    妻・湯川菜穂子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

40時間の陣痛に耐えて紡希を生んでくれた妻には、

もうLoveとRespectしかありません。

大切な人が絶叫している脇で殆ど何もしてあげられなかった私は、

男なんてハナクソ以下!

超頑張って生き抜いて辿り着ける最高の役職が「素敵なハナクソ」、

と思うようになりました(笑)

 

 

娘が生まれて、その子が愛おしいのは言うまでもないことです。

笑顔はもちろん、泣き顔も、ふてくされたような顔も、

沈思黙考する眼差しも、モナリザのような口元も、

ポロポロとむけてくる皮膚も、意外なタイミングで噴出する排便さえも、

すべてが可愛いと思ってしまいます。

 

私の場合、世間でよく言われる、

「この子のために頑張らなきゃ」とか、

「父親としての責任がズシリ・・・」というような立派な境地には未だ達することができず、

ただただ驚くほど単純に我が子が「愛おしい」のです。

そしてそんな経験から新たな感情、というか、

新たな「感覚」が私の中で生まれました。

それを表す言葉として最も近いのは「慈しみ」(いつくしみ)、でしょうか。

 

小学生の頃だったか、

ある詩の中に「いつくしむ」という単語が出てきてたのを覚えています。

息子に「いつくしむ」という言葉の意味を訊かれた父親が、

その子の頭をポンポンと軽く叩く、という内容だったと記憶しています。

それを読んだ時、なんとなく意味がわかったように思っていましたが、

このたびハッキリしました。

今、私が感じているのは「慈しみ」以外の何物でもないなぁ、と。

 

 

世界全体を包み込みそうな壮大な広がりと同時に、

向き合った者同士に限定された空間のその一瞬、その刹那、

そんなものを感じさせてくれる不思議な言葉。
どこまでも深く、とめどなく、

物事の意味や理由なんてどうでもいいとさえ思わせてしまう奇妙な感覚です。
ひとりの男が40歳になって初めてひとつの感覚を獲得するだなんて、

ちょっとした口惜しさも伴うエピソードですが、

事実なんだから仕方ありません。

これは娘の誕生抜きに得ることはできなかったものですから、

すなわち私は妻に敗けた直後に、娘にも敗けたことになります。

それも圧倒的な敗北です。

そして圧倒的に敗けるということがこれほど心地のいいものであることも、

初めて知ることとなりました。

 

 

これから私は大いなる敗者として、

新たに獲得したこの「いつくしみ」という武器だけを頼りに、

素敵なハナクソになるべく自己や俗世と闘ってゆきます。

その様子をケタケタと嗤いながらでも見守ってやってください。

どうぞよろしくお願い致します。
 

 


 

 

  

 

 

 

(了)

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

4歳でアメリカに渡った頃、

まだ「Yes」と「No」に「Hello」を加えた3語程度しかしゃべれなかった俺は、

いきなり現地の幼稚園に行くことになった。

当時の怖れや不安はやはり体のどこかに刻み込まれており、

思い出そうとするとわずかに緊張が走る。

しかし、いま思えば素晴らしい環境に恵まれていたのだろう。

そのことを感じさせてくれる証拠を、先日手にした。



 

幼稚園の先生たちが書いてくれた親宛ての手紙が出てきたのだ。

「これは!」と思い、

時間をとって解読&翻訳してみたので以下に掲載する。

(ミッキーは私のアメリカでのニックネーム。

  Fumikiがアメリカ人に発音しにくかったからこうなった)

あの幼稚園の先生たちは一度に何十人も見ていただろうに、

ひとりの子供のことをよく見ているなーと感心せざるを得ない内容だ。

自分の子供を育てていく時代の夜明け前に佇んでいる俺には、

彼らへの圧倒的な敬意が湧き上がるばかり・・・。
 

ご指摘いただいている特長は

40歳になったいまの自分と共通する部分が多いように思うが、

とりわけ、
 
 

「人の真似をする必要なんてないと考えている」

 

というくだりが印象的だ。

4~5歳の頃から他者にそう思われるような行動をとっていたことを思うと、

今の生き方は生まれ持った個性に従った

無理のない形で進化してきた結果なのかな、と(笑)

 

自分の原点を見つめ直し、

見守ってきてくださった方々への感謝を忘れずに、

今日もあと一歩先を目指して頑張ってみたい。


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
湯川家のお父様、お母様へ、


 

  こちらはご子息のミッキーに関して気づいたことをまとめた進捗報告です。参考にしてみてください。

  ミッキーは可愛らしい男の子です。運動選手のような強い体に恵まれています。大人やクラスメイトとの言葉によるコミュニケーションはまだ制限されているものの、彼の愛らしさ、心の温かさ、感受性や知性は明確に感じ取ることができます。彼は静かに教室に入ってくるなりすぐに工作テーブルの輪の中に入ったり、興味を惹かれる素材やゲームに夢中になります。また、自分のお弁当の一部を分けてくれたり、家から持ってきたものを大事そうに見せてくれたりしながら、我々みんなに対して親しく振る舞います。彼は大人に世話されることを好む一方で、それに頼るようなことは決してなく、お友達の誘いも快く受け入れます。最近のある日、エイミーがミッキーをくすぐったところ、彼も彼女をくすぐり返したんですよ!

  彼は年齢が上の子たちよりも手先が器用で、右利き用のハサミを左手で持っていとも簡単に且つ正確に使いこなします。美しく興味深い絵も描きますし、名前も素早く簡単に書くことができます。彼は普段から文字をたくさんなぞっていますが、幾何学図形、文字、数字など、どんなものでも真似て描いてみせるのです。

  ミッキーの基礎筋力はよく発達していて、確実且つ優雅に運動します。彼はアスリートなのです。転げまわったり、側転をしてみせてくれたりもします。屋外の設備を使って一生懸命遊びますし、バットで正確にボールを打つことだってできます。

  ミッキーには優れた知性があり、集中力を長く持続させることができます。彼は自分が選んだどんな活動にも集中して取り組みます。クリエイティブな思考を持ち、どんな課題及びどんな道具の使い方に関してであれ、人の真似をする必要なんてないと考えているようです。彼は他の人とは異なる面白い方法で何かを生み出したり道具を使ったりします。彼はすべての大文字といくつかの小文字を覚えています。彼の思考は素早く、スポンジのように物事を学びながら吸収していきます。何かまだ知らないことがあれば、刺激的なチャレンジだと思えるような子です。数字をよく覚え、それらがどのぐらいの量を差すのかを理解しています。

  ミッキーとともに過ごすことができて我々も幸せを感じています。
  どうか良い夏をお過ごしください。
 
レネ、カレン&ベスより
 

追伸 ご質問があれば遠慮なくお電話くださいね。番号はxxxxです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<原文>
 

Dear Mr. and Mrs. Yukawa,

  The following is a progress report of our observations of Miki, which will supplement your own observations.


  Miki is a handsome boy. He has a strong athletic build. Even though he is as yet limited in his verbal communications with peers and adults in school, his sweetness, warmth, sensitivity and intelligence are obvious. He quietly enters the schoolroom, quickly becoming involved at the art table or with a material or game that attracts him. He is friendly to all of us, after sharing part of his lunch and his treasures from home with us. He enjoyes adult attentions, but is not dependent on it. He is receptive to the friendly advances of his peers. One day recently Amy tickled Miki and he tickled her back!


  His manual dexterity is superior to others for his chronological age. He uses right handed scissors holding them in his left hand & cutting with ease and accuracy. He draws intricate & beautiful pictures. He writes his first name quickly & easily. He traces many letters. He reproduces an endless variety of geometric figures, letters, and numbers.
 

  Miki's large muscle ability is very well developed. He moves with grace and assurance. He is an athlete. He tumbles and does cartwheels. He uses the outdoor equipment with enthusiasm & capability. He bats the ball with precision. 


  Miki has superior intelligence. His attention span is lengthy. He becomes very involved in any activity he chooses. He is creative in his thinking. He does not find it necessary to copy what others have done before him, whether it be an art project or the use of equipment. He finds interesting, different ways to produce or use them. He knows all of the upper case letters & some lower case letters also. His mind is quick & he absorbs learning like a sponge. When he doesn't yet know something, it's an exciting challenge to him. He recognizes many numbers & understands how many a numeral represents. 


  It has been a pleasure to have Miki with us.
  Have a very good Summer!

 

                                                                              Renee, Karen & Beth

 

P.S. If you have any questions please call me at home. My number is: xxxxx.

(了)
 

AD