たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
記事をほぼ書き終わった瞬間にPCが固まりましたショック!

力尽きそうですが書きなおしますガーン


まずは、熱乾燥についての基本的なおさらいですガーン

なぜ熱乾燥を行うかと言うと、それはインクとプリント繊維との密着・接着強度の為です。

水性バインダー は、自然乾燥でも良好な密着を得られますが、熱乾燥を行う事で、もっともっと強固に密着させる事が出来ます。
これに対して、プラスチゾルインク は「インク全体」が一定の温度の温度にならなければ、硬化・密着しません。

大切なのは、「インク」自体の温度が硬化温度に達しないといけないので、乾燥器の温度表示が達していれば良いという問題ではないと言う事です。

乾燥機の熱源と、乾燥すべきインクの空間を風が吹き抜けるように扇風機を設置して見て下さいガーン
放射温度計等でインク表面の温度を測定すると、かなりの温度降下が解ると思います。

トンネル乾燥機・コンベア乾燥器等のベルトの入り口出口の向きが乾燥温度を変えてしまうという事がお解り頂けると思います。

例えば160度で硬化するインクを使用する場合、機械の標示温度を160度に設定すれば良いのではなく、

インク表面の温度が160度になる場合の、機械の温度表示を、通常の乾燥温度目安にするべきだと言う事です。


と言う事は、熱プレス機で乾燥する事は可能ではあるけれど、相当の技術を要するという事になります。

熱プレス機は接触乾燥機ですから、まず

1.乾燥時点でのインク表面温度が測定できない
2.おまけにインクに厚みが有る限り、表面の温度と、繊維と接している部分の温度に差ができる

事になります。


さて、スポットドライヤー(FlashDryer)のように、多色印刷の場合の中間で乾燥する場合の機器は、完全に乾燥できなければいけない訳ではなく、指で触ってべとつかない程度に乾燥すれば良いので、上記ほど厳密な乾燥が必要な訳では有りません。


という事から、色々な方法が考えられます。

ただ、大切なことは

「乾燥ムラを起こさない」

ヒートガンなどの様な、ヘアドライヤー状の機材で乾燥すると、インクのあちこちで乾燥にムラが起きます。
最終的にプレス機でかんそうするんだから・・・・と思われるでしょうが、最初に起きたムラは、最後までムラとして残ります。


これまでお話しした事を、心配無く乾燥できる装置は「遠赤外線」を使用した乾燥器を使用する事に尽きるのです。

過去にもお話しした事があるので、簡潔にお話しすると、遠赤外線の乾燥は、炭火で肉を焼いた時を思って頂ければ簡単なのですが、


表面温度と同じ温度が裏面まで到達する

からです。


そうでない乾燥方法を取った場合、最深部を160度にしようと思うと、表面部は当然160度より高い温度になります。
プラスチゾルインクは硬化温度を超えると再度溶けてしまうので、冷えて固まると平滑性が出て、どんなインクを使用しても「ツヤ有り」に仕上がってしまいます。


永い事この仕事をしていると、色々な機械に出会います。

一見よさそうな機械でも、これらの基本に照らして考えた場合「安くても役に立たない」物があちらこちらに存在しますガーン

私が見た事が有る機械で、一番残念な仕事をしてくれている機械は、

能力的には十分だけど、ヒーターの支持部分の瀬戸物が、ヒーターの根本と完全に密着していて、熱膨張で支持瀬戸物が短期間で割れてしまう物。
IC基盤との熱遮蔽を考えていないので、いとも簡単に誤動作してしまうもの。

製造メーカーはアメリカだけど、製作現場はほとんどが中国でしたガーン


この業界に関わらず、安価に製造する場合、中国・東南アジアがセオリーかもしれませんが、実用できるものを作って頂きたいものです。


スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。