たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
年賀状の宛名を印刷せねばなりません。住所録を整備して、やおら印刷を始めたのは良いのですが、葉書が反っている為、綺麗に印刷できませんショック!

重しをのっけて、しばし待ってみますガーン



今回は、使い終わった版の再生についてですニコニコ



印刷が終わった後のインクの清掃については、何度も書いておりますので簡単にガーン


水性バインダー(インク)は、大まかにインクを取ってしまってから、水で洗い流せばOKです。

プラスチゾルインクも同じように、大まかにインクを取ってしまってから、専用の薬剤を使って水で洗い流します。大量の枚数を印刷する場合には「耐水性版(耐水性感光乳剤で作った版)」を使用するのが普通です。

ちなみに、この「専用の薬剤」はこちら →


「プラスチゾルインクはシンナーで落とすものだ」というのは誤った見解です。でも、少量のプリントしかしないので「耐油性版(耐油性感光乳剤で作った版)」を使用した、という場合であれば、水洗すると版が壊れてしまうので、溶剤系の薬剤を使って洗浄しなければならなくなります。

この場合、灯油系の溶剤をお勧めします。厳密に言うと、耐油性の感光乳剤の性質にも依るのですが、灯油系を使っていればほぼ大丈夫ですニコニコ

けっして「ケトン類」は使わないでくださいね。


さて、次は

「二度とこの版は使わないので、露光して硬化した感光乳剤を落としたい」という場合です。

本来、適正に露光した感光乳剤は必ず落とせます

ただ

長期間版を保管していると、その間に自然光に含まれる近紫外線で過剰に露光されてしまい、とってお落としづらい版になってしまっていたり、

「硬膜化」してしまった版はとっても落としづらく、一見けっして落とせないように思えるものも少なく有りません。

余談ですが、北海道外の業者様に外注で版をお願いすると、だれも頼んでいないのにガーン「硬膜化」をして下さる所が多いみたいです。
多分、お使いになる方(印刷される方)がどのようなインクを使って、どのようなスキージ圧で刷るのか把握できないため「版が壊れてしまう」という状況を起こさない安全策でそうされるのだと思いますが。

でも、こうなると、大概の場合は

「じゃぁ、新たに枠にスクリーンを張るところから作り直しですね」と言う事になってしまうので、費用もかかりますショック!


なんとかならんでしょうかはてなマーク


なりますニコニコ



状況によって二つの方法が有ります。


まずは、ゴーストリムーバー を使う方法。

本来、ゴーストリムーバー は、長年使った版に残ったゴーストを落とすための物ですが、すこしこびり付いて落ちない感光乳剤も一緒に落とせます。

「いやぁ~それどころじゃない位こびり付いて落ちないビックリマーク」とか
「硬膜化しているから落ちないビックリマーク」というお方。


最後の手段ですガーン



リムーバーMW


これ。

リムーバーMW と申しまして、弊社の製品ですニコニコ
でも、本来は、熱圧着したラバーシートを剥がすためのものですガーン

でも、これをウエスなどに染み込ませて、版の両側からゴシゴシ擦ると・・・・・・・

硬膜化された版でも落とせますニコニコ

何故ですかってはてなマーク


それは、硬膜化の方法とリムーバーMWの仕組みから考えると落ちないはずがないからですガーン



スタンスのホームページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。