しぼる・任せる

テーマ:

嬉しい事がありました。


3か月に及ぶ研修の最終日、受講生がかけより、
「先日相談した、自分の部署の件ですが、あれからすごく上手く行き始めたんです!!」とのこと。


戦略立案系の研修でしたが、

フォローで受講生と面談をセットしていました。


すると、その受講生の組織の課題は、戦略の立案のほうではなく、組織そのものの運営の方でした。

業績が伸び悩んでいる。

数字がいかない。

未達成が続いている。


ここが悪いのかも、あそこも悪いのかもと

沢山の指標を設定した。


しかし、またまた上手くいかない。


「確認したり追いかける○○率とか○○件数とかが多すぎちゃって、なにをすればいいかむしろ曖昧になってきちゃっているのかも」


そんな面談での会話から、

受講生の彼女は、


ひとつのKPIに絞って組織運営する事に変更されたそうです。


メンバーには「この件数しか見ない」と彼女からの指示。


その数字にこだわり、

手法は各々の人に任されることにしたそうです。


もちろん、「業績」のような「結果指標」ではなく、「接客回数」のような「先行指標」です。


任されたメンバーは、

その先行指標の達成にこだわり、

結果的に業績も組織の雰囲気もよくなったそうです。


「しぼる」

「まかせる」


そういう大切な事を、

実践してくれた受講生。


その目の輝きに若い人の成長エネルギーを感じる事が出来ました。

ありがとう。

コメント(2)