テーマ:
こんにちは、研究課題レポート実行委員J.O.です。

研究課題レポート発表会が11/25(金)に行われました。

第7回の研究課題レポートでは、およそ60のレポートが提出され、その中から、
最優秀賞が2レポート、優秀賞が3レポート、佳作が5レポート、特別賞が1レポート選出されました。

その中から、優秀賞以上のレポートについては、発表時間5分間のLT形式で
社内のエンジニアに発表会を実施しました。



・発表会の様子


$サイバーエージェント 公式エンジニアブログ


以下、受賞者の発表です

■「Galera Raplication」に関する調査レポート

ニュートラルテクノロジーGの大黒さんの発表。(発表資料は未掲載)

$サイバーエージェント 公式エンジニアブログ

今回の研究課題レポートの、最優秀賞レポートの1つです。
web、文献などでも情報が少ない中、しっかり検証されていて素晴らしい内容でした。


■OpenCVによる顔認識システムの開発



サービスディベロップメントGの寺本さんの発表。
こちらも、最優秀賞の1つです。

検証結果もとても丁寧にまとめられており、素晴らしいレポートでした。
LTでも、同じように丁寧に発表され、時間が途中で終了してしまいましたが・・・。

■Jenkins+Unityで構築するスマフォアプリビルドサーバー



ディベロップメントGでスマートフォン関連の開発をしている吉田さんの発表。
スマートフォン開発の分野においては、非常に進んでいるレポートであり、その有用性が評価されました。

発表内容については、すでに、エンジニアブログに掲載されており、
エンジニアブログの情報を生かしたLTとなりました。


■松本克彦 ピグにおけるリアルタイムランキングの導入



サービスディベロップメントGでピグのシステム開発に携わっている松本さんの発表。
既存の技術をうまく組み合わせ、大規模なケースに導入したことがとても評価されました。

LTのときは、時間オーバーにより発表が途中で終了してしまったので、
発表を聞いていたエンジニアたちは、エンジニアブログの掲載を待ちにまっていることでしょう。

■サーバの構築作業や運用管理を自動化する「Chef」 (CADC研究レポート発表LT)



サービスディベロップメントGでインフラのリーダーをやっている並河さんの発表。
chefの基本的な部分についての内容でしたが、非常にわかりやすくまとめられている点、
また技術として新規性が高い点が評価されました。

LTは、こなれている感が満載の、笑いをおりまぜた発表を繰り広げていました。




今回の発表会は、およそ200名のエンジニアが聞く中実施されました。
LT形式での開催は初めてでしたが、
時間が終了したときに「時間です」という時の爽快感というものを味わわせていただきました。

弊社のエンジニアの数も毎回増えてき、
研究課題レポートの質、また受賞の難易度もますます高くなってきています。

研究課題レポートを通じて、
これからも社内外の技術の交流を深めていきたいと感じています。



いいね!した人  |  リブログ(0)

サイバーエージェント 公式エンジニアブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「サービス・技術」 の記事