プリンスアイスワールドBlog PIW百花事典

ブログの説明を入力します。


テーマ:

みなさん、こんにちは!!

 

今回、フリーのルールについてお話します。

 

フリーは、名前の通り、原則的に自由な演技で表現します。但し、プログラムに含むことのできる

要素で演技しなければなりません。以下に男子シングルについて説明します。

※女子シングル、男女ペア、アイスダンス、各種目にてジャンプ回転数、演技内容等、

  プログラムに含むことのできる要素は異なります。

 

■男子シングル

【ルール】

 13個の要素(ジャンプ、スピン、ステップ、コレオシークエンス)が演技可能。

 演技時間:4分20秒~4分40秒

【必須要素】

<ジャンプ>

 以下の条件を踏まえて最大8回可能。

 ・アクセルジャンプは最低1回は演技する。ダブルアクセルは2回まで演技可能。

 ・コンビネーションジャンプは3回まで演技可能(3連続ジャンプは1回のみ)

 ・同種類のジャンプ(3回転・4回転)は2回まで演技可能。但し、そのうち1回は、

  必ずコンビネーション、またはシークエンスに組み込まれたジャンプでなければならない。

 

<スピン>

 以下の条件を踏まえて最大3回可能。

 ・全て異なる種類のスピンであること。

 ・各スピンが必ず以下の条件を満たすこと。

   -    コンビネーションスピン1回:足換え1回以上。合計10回転以上。

   -    フライングスピン、もしくはフライングから入るスピン1回:6回転以上。

   -    単一姿勢でのスピン1回:6回転以上。

 

<ステップ>

 以下の条件を踏まえて最大1回可能。

 ・リンク全面を使用すること、ジャンプを入れることも可能。

 

<コレオシークエンス>

 以下の条件を踏まえて最大1回可能。

 ・ステップ、ターン、繋ぎジャンプ、スピン動作等、あらゆる種類の動作で構成され、

  リンク全面を使用する、ステップシークエンス後に行う必要がある。

 

では、上記以上の要素の演技をした場合、どうなるのでしょうか?

              ・

              ・

              ・

答えは、演技点とはなりません。例えば、無理してジャンプを9回以上演技しても、

現時点のフリーのルールでは、8回分のみの演技点となってしまいます。

 

フリーは、ショートとは違って、各選手ごとで基本的に自由に選んで演技できるため、

個人の表現力、芸術性が見ることができます。

 

フィギュアスケートは、ショートは、技術力、フリーは、表現力、芸術性を見ることによって、

できるだけ公平に評価できるようになっています。

 

ただ見るだけ、順位を確認するだけでなく、それぞれの選手がどんな演技をしているのか

見てみると面白いですよビックリマーク

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

PIWさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。