テーマ:
こんにちは!
 
イライラ解消心理カウンセラー
こしいし のりこです。
 
 
甘いものに目がない私。ヾ(@°▽°@)ノ
 
 
 
今 外国人にも人気の抹茶。
う〜〜私も抹茶のダッツとか大好き。
 
о(ж>▽<)y ☆
 
 
(本格的にお茶の席にいくことはないけど)
お作法の一つでお茶のいただき方について
 
 
茶器の正面が自分の方に向いて出されるんだって。
 
でも 飲む時は 正面に口をつけることを避けて
回してから頂くそう。
 
へ〜そうなんだ〜なんとなく回すことは知ってたけど
飲んでから回してたりして・・・無作法な私。
恥ずかしいことで。。。。
 
 
ちょっと調べてみたら
正面から飲まない理由は 
 

茶碗の正面を客人に向けるのは、亭主の心配り、

 

客人の方も茶碗を大切にする意味で

 

正面をさけて口をつけるのです。

 

お互いに敬意を払うという意味があるそうです。

 
 
奥が深いです・・。
 
日本人のおくゆかしさを感じますよね。
 
 
外人さんだったら
 
好きなところから 好きなように飲めばいいでしょ!
おいしくいただければいいんだからさ〜
(@ ̄Д ̄@;)
 
 
とか思ってしまいそう。。笑(-^□^-)
 
 
 
お茶の世界でも
 
日本人の思考も所作も美しいですが〜
 
 
 
日々の生活で 
 
相手に気を使うということばかりに注意をしていると
自分に気を使うことがダメ!みたいな解釈をしがち。
 
 
日本人は茶道にでも見られるように
和をおもんじて 尊ぶ精神があります。
 
それが当たり前になって育っている風土もあります。
 
 
 
 
みんなが良かったらそれでいい。
 
苦しくても辛くても 雰囲気を乱したくないから笑っている。
 
不機嫌な人がいると 困ってしまう。
 
自分の前に人のことの方が気になる。
 
 
 
 
 
 
 
だけど ちょっと振り返ってみてね。
 
 
相手を大切にするのと同じくらい
自分を大切にしてあげていますか?
 
 
子どもを大切に 旦那さんのために
まずは!自分を大切にしましょうね!
 
 
自分の気持ちを大切にして
ココロの中のモヤモヤやイライラを貯めないように。
 
じゃないとね
だんだん自分が嫌いになってしまう。
 
 
時には 自分のために 時間を使ったり お金も使ったり
優雅気分を味合うことだって大切。
 
自分の気持ちに 余裕をもたせてあげるためにも。
 
そしたら イライラを溜め込まずに
もっと たのしい子育ても 旦那さんへの理解もできるはず。
 
 
なにも いつも当たり前のように
茶道の精神を貫く必要なんてないんです。
 
自分本位だっていいんだ〜よね!と思います。
 
 
 

 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
 
 
ココロがおだやかになるカウンセリング
イライラ解消カウンセラーの 
こしいし のりこ です。
 
 
 
 
 
 
 
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 
 
今日は私誕生日でした。
(=⌒▽⌒=)
もう全然嬉しい年でもなし・・・
特別パーティーをするわけでもなし・・・。
(芸能人かって)
 
特に何もありません!
いっこ 年くったって以外には・・・笑
(;^_^A
 
でもね〜インストラクター仲間から
メッセージもらえたり
 
りこさんのおかげだよ〜って
幸せなお言葉をもらえて
 
本当に幸せだな〜と感じます。ヾ(@°▽°@)ノ
 
何もないけど 何もなく日常の普通が送れるのって
本当はとても幸せなことなんですよね。
 
幸せって 何かラッキーなことがないと
感じられないようになっているけど
 
テロから避難している難民の人からみたら
 
ただ普通に日常の生活ができるって
それこそ幸せなんだろうって思います。
 
当たり前が 幸せです。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 
 
 
 
子どもだってね。
普通に元気に生まれてくれただけで
普通に育ってくれるだけで幸せなのに
 
人って欲張りです。
 
もっとこうだったらいいのに。と思ってしまいます。
 
 
娘は とっても  活発な子。
まあ〜
落ち着かない子どもでした。
 
スーパーでも デパートでも
カートに乗っているのもイヤ
抱っこされてるのもイヤ
 
自分で歩いてどっか行きたい!!
 
だからコンビニなんかでレジで目を話すとその隙に
どこかへ  た〜ッ!と行ってしまいます
 
商品棚ひとつ向こうに行ってしまうと
もう見えないから困る。
 
コンビニの広さじゃそうでもないけど
大型スーパーととか行くともう大変。
 
何度 店内放送で呼び出されたことか。。。
 
 
そんなある日 スーパーで 
同じ年の幼稚園の同級生のママに会いました。
 
その横に手をつないで 一緒にいる◯くんが。。。
 
へっ〜!
男の子なのに ママと手をつないで一緒にお買い物!!
 
つい。「いいな〜◯くんはおりこうで・・・。」
とつぶやいていました。
 
娘には 「ない」=もっていない=落ち着いた行動
 
◯くんが羨ましくて仕方ありませんでした。
 
 
どうしてうちの子は ◯くんみたいじゃないんだろう?
 
自分の子と他の子を比べて 
 
どっちいい?わるい?の優劣をつけて
 
自分の子のないものを持っている子をうらやましがったり
ない我が子に がっかりしたり。
 
そんなんじゃ いけないって思ってても
 
どうしても比べてる。
 
比べちゃても仕方ないよね。
無い物ねだりだよ。
 
わかってるんだけど・・・。
 
 
けどな〜不思議なことに
 
ダメって言われるとしたくなる ってことない?
 
ここは通らないでくださいって 看板を立てたら
もっと人が通るようになってしまったって話もあるくらい。
 
それを考えないようにしてっていわれたら
余計に考えちゃうこともある。
 
 
禁止されるとそのことに意識がいって余計に
意識するようになってしまったこと。
 
比べてもいいんじゃない?
 
そういう子もいて うちの子は違う。
 
そういう子がいいな〜って私は思うんだね〜って
 
私はね 落ち着きがある子がいいな〜って思ったんだね。
って。
 
そう思ったら・・・・。
 
基本的には 元気がある子の方が好きだな。
って思い始めた。
 
 
自分が買い物の最中に 落ち着かない子は
大変だからその時はおとなしくしていて欲しいだけだよね。
 
 
本当は自分の思い通りに
その時はおとなしくしていて欲しいだけかも?
 
 
店内放送されて 恥ずかしい思いをしたくない。
 
落ち着かない子どものママだと思われるのはイヤだな。
 
母親として どんな子育てしてるのかと思われそうだ。
 
 
そんな 気持ちがあったな〜と気がついた。。。
そしたらね。 楽になるよ。
 
 
それだけのこと。
 
 
だから
無い物ねだりも 
子どもを比べていてもいいよね!

 
子どもの前で 比べないようにすればいいね〜。。
 
そう思いながら 子育てなんて進んでいくもの!!
 
 
 
 
 
ちなみに 娘は今も活動的です!!
でもスーパーで迷子にはなりません。。。
(当たり前)笑
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
 
イライラ解消カウンセラーの 
こしいし のりこ です。
 
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○
 
先日のバレンタインデー 
お子さんと クッキーやチョコをつくったり
また お子さんが初のチョコをもらった!なんて
楽しく ほんわかしたエピソードもたくさんあったでしょうね。
 
 
クッキー作りたい!という娘のお手伝いも
面倒だな〜と思いつつ手伝ったこともあれば
一緒に楽しめたこともあって
どれもこれも いい経験ですよね。。
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:.
 
 
 
 
 
 
 
子育てをしていてよく 
子どものしつけについてでも
例えば叱るタイミングとか 
 
 
旦那さんと意見が食い違ったことありますか?
 
 
私は結構 ありました。
 
男性と女性という点でも違うのだろうけど
 
 
とても些細なことでも ありがちな話。
 
 
ご飯の最中に トイレに行きたいという息子。
 
「だから!ご飯の前に行きなさいって言ったでしょ!」と
怒る私。
 
「しかたないな〜じゃ行ってこい」と許すパパ。
 
 
 
 
え〜行かせちゃったらしつけにならないじゃん。(`×´)
 
ご飯の前にはトイレに行って ご飯の最中は行かせない約束にしてるんだけど。。
 
 

そういうことして・・・
私が日々 苦労しているのに全く・・・
 
なんで平気で ぶち壊すかな〜( ̄∩ ̄#
 
 
怒りが湧いてきます。
 
この怒りは
 
普段はいなくて たまにいると甘やかすのって何! 
 
自分は子どもに いいパパと思われたいのね〜
 
私の育児の仕方に 賛同してくれてないんだな
 
もっと私に合わせて協力してくれてもいいのに
 
 
そして
怒りに変化しているのだろうな〜と思います。
 
 
こうなると
 
子どものしつけだけじゃおさまらず。。。
 
 
食べ物の好みが違ったり
相手の趣味とかも理解できなかったり
テレビの番組の好みなんていう些細なことでも
 
「そもそもこの人とは価値観が違うんだわ」といった
 
結論をつけたりして。

ひどくなると
価値観が違いすぎて夫婦なんてやってられない!!
思ってしまいそうですよね。
 
 
 
だけどよく考えたら
血を分けている子どもだって親だったとしても
 
価値観なんて 全く同じな訳ありません。
 
まして 夫婦だって他人。
 
いろんな場面を通せば通すほどその違いは
強く現れて当然なんです。(;^_^A
 
 
だからすれ違いなんて 当たり前だよね。
って思えるか?思えないか?
 
 
すれ違った場面に 分かり合えるチャンス!って
 
思えるか思えないかで
もっといい夫婦になれるか離婚の危機になるか
変わってくるかもしれませんよね。
 
 
すれ違って 当たり前なんだ!!
 
そう思えたらイラっとする回数も減るかも。
 
パパにも 子どもと同じです。
 
おしっこは ご飯の前にいくように しつけているから
パパも今度からは協力してね。と
 
お願いをしておく。
 
 
当たり前ありきの上に
 
ちいさなお願いや協力を求めていくことで
イライラも 夫婦の溝も薄くなっていくのかなと思います。
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どものこころのコーチング協会
創立パーティーにいらしゃいませんか?

{8D246B13-E2D5-427D-8173-65A0E9A4436E}



ママになることは
自分の時間をもつことや
自分が自分であることを
忘れなきゃいけないんだ!

そう感じた子育てをしていた私。


でも  そこにあったのは
何より子どもや家族を優先させるべきだと
いう  苦しい想い。

あなたもそんな風に感じること
ありますか?

辛いなぁーと感じているのは
きっとあなただけでないんです。

そんな苦しい枠をはずす一歩になるかもしれませんよ。

ママであることも  妻、嫁
ワーキングマザーであることも
大切にしながら 


でも当日はぜーんぶ忘れて
 今を楽しみましょう!

一緒に楽しい自分を過ごしましょう!


【本日20時~】2週年記念パーティ「自分の枠を外して、もっと自分らしく生きていこう」

/heartstrings-mika/entry-12245609500.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イライラ解消カウンセラー
こしいし のりこです。
 
 
 
 
 
 
 
上の娘は 赤ちゃんの頃から大きくて
食欲旺盛で 食べさせるのに苦労しませんでした。
むしろね。
食べないようにさせる方が大変だったくらい。
 
それに比べて 下の息子は小さく生まれたし
中学校3年くらいまで本当に小さくて
ホソッピで食も細くて。
少量のおやつでお腹がいっぱいになってしまう。
 
兄弟で
同じように育ててるに 随分と違うものです。
 
 
せめて男女が逆だったらいいのにと思うくらい 笑。
 
 
そんな息子は幼稚園のお弁当も時には
 
残して帰ってきたこともよくありました。
 
園の中でも どうも 食べるより遊んじゃったりして
食に興味がないっていう様子だったらしいんですね。
 
 
なので私としては 早く食べれる小さいおむすびを作ったり
食べにくくないように一口サイズにしたり。
 
私なりに工夫したものです。
一生懸命キャラ弁にしたりね〜
 
 
でも 毎日のお弁当そう気を遣えない日もあるし
工夫したのにもかかわらず 食べてもらえない時もあり。
 
 
子どものお弁当箱を洗おうと取り出した時
 
残したおむすびが小さいお弁当箱の中で転がって
コロコロと音がする。
 
 
なんだか 
悲しい気持ちになりした。
 
 
私なりに頑張ってるのになんで食べないんだろう。
今日はキャラ弁 食べるはずなのに。
こんなに努力しているのに。
息子のためなのに。
 
 
子どもがお弁当を平らげて
空っぽのお弁当箱を洗いたい。
 
 
なのに〜なのに。。。。
 
 
のに のに が いっぱいココロの中でこだまします。
 
のにがつくと愚痴になると 相田みつをさんもいったけど
あの頃の私はそう言って愚痴ばかり言ってました。
 
 
あなたのために私は頑張っているのに。
なぜ息子はわかってくれないの?
 
お姉ちゃんはいつもペロッと平らげて
お弁当の量も多かっただけに
息子と比べて がっかりしていたのかもしれません。
 
どうせ何がんばっても食べないんだからもういい!!
って 子どものことになると思えなくて
自分が 情けなくなったり 悔しかったり。。。
 
 
 
今思えば 幼稚園の頃の食の細さなんて
大したことではないのだけれど
 
きっと 私は自分が母として
子どものきちんと食事をとってほしい。
きちんと食べさせることも
それが母として当たり前だし。
 
っていう思いがたくさんあったのだろうと思います。
 
のに という 愚痴を言いたくなる時
それはたいていは 
 
 
自分のやっていることを
認めてほしい時。
 
そして
あなたのためにという時
 
それは自分のためにということ。
 
相手に認めてほしいから
 
自分自身が自分に
がんばってるねと思っていたいから。
 
 
私のいうこと聞きなさい
私のやっていることは正しい。
 
そんな風に思うから。
 
相手に言いたいことはたいてい自分に言いたいこと。
 

 
 
子どもがそれで
お弁当箱をからにしてきたらラッキー!!
 
空になってなくても
 
キャラ弁うまくできた!
美味しそうなお弁当が作れた!
子どもが残したとしてもきっと喜んだはず。
 
あ〜 よかった!よかった!って
思っておしまいにする。
 
 
それができると
のに 〜 のに〜は思わないでいられます。
 
のに〜と思ったら「ちょっとつぶやき聞いてよ〜」
ココロが言ってる時なんだよね。
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)