スキューバダイビングでは、いろんなスキル(技術)の習得が必要になりますが、特にそのインストラクターになろうとするとスキルのレベルも高度なものが求められます。

 

 

ダイバーのレベルでは、「できる」レベルでよかったものが、インストラクターの場合はお手本になるので、「説明しているかのように」できなければいけません。

もちろん、バタバタするのはダメですし、美しくなくてはいけません。


そのために少しずつ練習して上手になっていっています。
 

 

 




インストラクターになるための試験の日までもう少し!

 

がんばれ~!!!!!

 

 

ダイビングのインストラクターは誰にでもなることができます。少しの勇気があれば、年齢も関係ありません。40代50代からダイビングのインストラクターを目指す人続出中です!!!

AD

ダイビングをするには水深や時間の管理を欠かすことができません。それは、一般的には潜水病といわれる「減圧症」を防ぐためです。


そのための安全管理をするために、ダイブコンピュータという道具を使います。

水深や潜っている時間、それからその水深に後何分潜っていられるか、浮上速度は適切か?などを管理しながら潜れるのが自立したダイバーといえます。

 

 

そんな自立したダイバーになるための第一歩を学んでいただきました。


それから、流されてしまったときの対処法などの練習も行いましたよ!

 

 

 

 



ダイビングには学ぶべきことがたくさんあります。

 

初級ライセンスを取って終了ではありません。

学べば学ぶほどその奥深さにより楽しくなってきますよ!!!


一緒に学び成長していきましょう!!!


ダイビングのライセンスを取得しただけでは味わうことのできない世界があなたを待っています。少しずつ成長していって、「ダイビングしてよかったな~♪」っていう瞬間をぜひ味わってください。あなたのまだ知らない世界へご案内します!

 

AD

スキューバダイビングを始めて2年。

スキューバダイビングのインストラクターを目指しているNさん。


1月初旬、年明け早々にインストラクターになるための試験が控えていることもあってがんばって練習しています。

 

ダイビング中に空気切れを起こしてしまったときの対処法「緊急スイミングアセント」の練習です。

まだまだ課題は多いですが、合格目指してがんばってくださいね!!!


 




夢は自分から諦めなければ叶う!そして、叶えるものです。年齢も関係ありません!がんばっている人はカッコいい!!!

AD

和歌山県の田辺市と日高郡みなべ町にあるスキューバダイビング業者で構成する組合の活動で、みなべ町の鹿島周辺海域の海底清掃をして来ました。

 

鹿島には釣り人が多く、よく魚が釣れることでも人気らしいのですがその人気具合が海底のゴミからも分かります。

 

 

釣りに使われる鉛です。

 

 

 

 

鉛だけでたくさんあります。

 

 

今回は鉛が何キロあったかな?(前回は約120kgでした!)

 

 

 

釣竿などもありました。

 

 

 

今後も引き続き継続して行きたいと思います。


海底のゴミはダイバーにしか拾うことができないので、私たちも継続的に実施していきたいと思います。


この組合の活動とは別に、ダイビングスクールプライム単独でも海底清掃しています。環境保全活動に興味のあるダイバーさんはぜひご参加下さい!

兵庫県の大学に通う女の子たち。

 

今年の夏に初級ダイバーになりました。

 

それから、バイトがんばってコツコツと潜り続けています。

 

 

 

 

中性浮力のレッスンに来てくれました。

 

コツコツためたアルバイト代をダイビングに使ってくれることを考えたら、こっちだって真剣に講習します。


上達してほしいし、やっぱり楽しんでほしいのでおじさんインストラクターもがんばります!

 

 

2年後の卒業旅行、思いっきり楽しめるように!

 

ダイビングはじめてよかったなぁ~って心の底から思ってもらえるように!

 

 

一緒に楽しみながらがんばって行こうね~!!!

 

応援していますよ!!!

 

 

社会人も学生も関係ありません。ダイビングを楽しもう!上達したい!と思っているあなたのために、その先にある光景を見て感動してもらうためにもっともっとインストラクターとして、ダイビングスクールとしてレベルアップ目指します。お客様にレベルアップをするようにいう以上、自分達もレベルアップしないと!ですね。

今年スキューバダイビングをはじめたばかりのダイバーさんもドンドンレベルアップ中です!!!


それにつられてベテランダイバーさんもおさらいレッスンしています。

 

 

できるつもりになっていること、ありますよ!

 

 

以前できたからと言って、今できるとは限りません。

 

 

 

 

ぜひベテランダイバーさんも基本スキルのおさらいしましょうね~♪

 

 

基本の積み重ねの先には楽しい世界、夢見た世界が待っているよ!スキューバダイビングには競争はないけれど、やっぱり上達した人にしか見られない世界、感じられない世界があります。ライセンス取得の先にある素晴らしい光景をあなたにも!

めっちゃいい天気!!!

 

そんな青空の下で、スキューバダイビングのインストラクターになるために水中スキルレッスンのシミュレーション。

将来の受講生のために、手抜きは許されません!!

 

 

インストラクターになる人だけじゃなく、その先にあるダイバーになる人のために厳しく指導します。

 

 

 

 

そして、がんばったご褒美にはこんなきれいな夕日が。

 

 

 

 

そんな夕陽を眺めながら、ナイトダイビングの準備です。

 

 

 




夜は夜にしか見られない生物がいたり、ライトで照らす範囲に集中するので昼間とはまったく異なる世界があります。

「神秘的で楽しい~♪」
「思ったより暗くないですね!」

「昼間とは違う楽しみがありました!」

 

と評判も上々です。

まだ未経験の人はぜひナイトダイビングにチャレンジ!


和歌山県田辺市天神崎のナイトダイビングは年中可能です。他地域では曜日が限定されたり、そもそもナイトダイビングが禁止されていたりしますがいつでもできます。あなたの都合に合わせて開催可能です!

入門レベルのレッスンは比較的浅瀬でレッスンするので、それほど気にしなくても良かった「無限圧限界時間」は、その後の深いダイビングでは無視するわけにはいきません。

しっかり対応出来るダイバーであることが大切!

 

自分が今居る水深に何分潜れるかを管理できるダイバーになってはじめて自立したダイバーといえると思います。

 

 



また水深や時間ばかりに気をとられて、空気の残量に気が回らないとトラブルになりますね。

ダイビングはインストラクターに管理されている状態から、少しずつ少しずつ自立するダイバーになって言っていただきたいです。親から自立する子供のように。

人それぞれ成長するペースは違うかもしれませんが、誰もが必ずできるようになります。

最初は誰かに見守ってもらいながら安心した状態で上達して行きましょう!


最初は誰もが初心者です。不安を取り除きながら少しずつすすめていきましょう!

スキューバダイビングをはじめたばかりの人の多くが海からあがってきてすぐに「水中で流されそうになりました」という不安を口にします。


入門レベルのレッスンをするときに流れのある状況下でレッスンすることは少ないと思います。

では、何かというと。。。

 

 

背中に背負っているタンクの重みでバランスが取りづらくなっていて、水中では身体を支えることができずに背中のほうに引っ張られるように倒れていっていることが考えられます。

 

 

下の動画もそのような初心者ダイバーさんを撮影したものです。





海から上がってきたら「流されました~」って言ってました。


海中で過ごすことは陸上と違うことがいろいろとあります。そんな環境の変化に慣れていったり上手に自分をコントロールするにはそれなりのレッスンが必要になりますよ。あなたのレベルに合わせたレッスンで夢をかなえませんか!?

2人のダイバーが、足からジャポン!と海に入ります。

よく見ると入り方に違いが有ります。

 

 

ちょっとした違いですが、ダイバー自身の安全面に違いが出ることが有ります。

 

 

※海に入る前に指差し確認している点は、相違点とはみなしません。

 

 

 

 

 

安全に潜れるダイバーになるには、ちょっとした違いを正しくできるかどうかが重要です。そんな点も指摘してもらって正しいスキルと身につけていきましょう!