ちょっとお腹に力を入れたり、クシャミをした瞬間、思いがけなく

尿が出てしまったという経験、あなたにはありませんか?



この状態を尿もれ(医療上は尿失禁)といいます。



ひとくちに尿もれといっても、ちょっともれてしまう程度の軽いも

のから加齢や病気によるトイレの不自由まで、その症状は多

岐にわたり、尿もれ経験者は決して少なくありません。


特に女性はもともと尿もれになりやすい身体の構造になってい

て、成人女性の約4割もの人に経験があるといわれています。



つまり尿もれは、誰にでもその可能性がある、とても身近なも

のなのです。

にもかかわらず、医療上では尿もれの正確な実像は十分に

理解されるまでには至っていませんでした。



そしてそれは、「尿もれは恥ずかしいこと」「できれは隠し

ておきたいこと」と思われてきたからです。



でも尿もれは、決して恥ずかしいものではありません。


そのほとんどは完治することができるのです。


軽いものなら、自分で治すことも可能です。


尿もれケア用品を上手に活用したり、生活の質を改善して快

適な毎日を送ることができるのです。


あきらめないで、1人で悩んでいないで、前向きに対処してい

きましょう。

AD