東京金
4501円付近△36円
売り方針継続


昨夜のNY金は急伸しており、東京金はこれを受けて大きく買い直される形に。

この動きで、雲や転換線などを一気に上抜ける大陽線が立ち上がっており、前日までの形から、大きく改善された格好。

もちろん、背景には北朝鮮のミサイル発射示唆による地政学的リスクがあり、世界的な株安の受け皿となった結果である事から、目先はこの続報に注意しておきたい。

⑥4465円の売り方針継続。

東京白金⑥
3438円付近△4円
買い方針継続


こちらは、貴金属の急伸を眺めながらも、株安などの外部要因を背景に、NY白金は小幅高となっていた。

東京白金は、夜間取引ではマイナス圏での推移となっていたが、本日はドル円が切り返しを見せ、110円台を回復する円安となっている事から、足元では小幅高となっている。

前日に残した3459円からの上髭が、チャートの印象を重くしており、目先はこの辺りでの揉み合いも想定される。

国内は盆休暇入りとなることから、引き続き外部要因には注意しておきたい。

②3409円・⑥3312円の買いはHOLD。

東京ガソリン
49130円付近△400円

買い方針継続

こちらはWTIが小幅高となり、本日はドル円の円安を背景に、東京ガソリンは買いが優勢の展開に。

ただ、前日に割り込んだ49200円の転換線が、目先は戻りの上値を押さえる形となっている事から、本日は引けでこれを突破できるかに注目しておきたい。

②49400円の買いHOLD。

メールメンバー応募は→コチラ

 by ジョージセミ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
AD