東京金⑫

4394円▼3円
様子見


午後からは、ドル円が113円を回復し上伸を見せたが、一方でGlovexが軟化した事で、東京金は方向感の無い動きの中、わずかに戻りを見せる形となった。


結果的に、とりあえずは終値ベースで転換線を維持する動きとなっており、やはり目先は同線の4386円がポイントとなりそう。

ただ、明日の夜間以降に同線は切り上げる計算となり、昨年末から維持してきた、ここへのアプローチに注目しておきたいところ。

現状は様子見とします。

 

東京白金⑫
3541円▼57円 
売り方針継続


こちらも、ドル円の切り返しに下げ幅を縮小する動きも見せていたが、その後はGlovexの反落に値を消す動きとなっていた。


結果的には、約3540~50円の狭いレンジで上下したまま、日中取引を終えている。

転換線を大きく割り込む形で取引を終えているが、今夜間で3586円に切り上げる同線が、目先は戻りの目途となる可能性もある。

再び、これを終値で突破するようであれば、現状の売りのリカクも検討しておきます。

現状は、⑫3608円の売りHOLD。

東京ガソリン⑦
52770円▼230円
売り方針継続


こちらも、午後からは方向感の無いまま狭いレンジでの動きのまま、日中取引を終えている。


結果的には、基準線を割り込む形で大引けを迎えており、チャートは崩れた形となっている。

今夜はOPEC月報が控えており、こちらの結果を受けて相場が動くとは思われますが、個人的には週末のトランプ氏就任演説を控えて、戻りは売り場提供になると考える。

⑦53010円の売りはHOLD。

by ジョージ地球
ブログランキング・にほんブログ村へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
AD
東京金⑫

4390円付近▼7円
様子見


昨夜のNY金は急伸となったが、同時に進行したドル円の円高が頭を押さえ、東京金はマイナス圏での値動きを強いられている。

昨日の大引け時点で、買い玉は利食い撤退としましたが、とりあえずここまでは”海外高・円高”で、東京金は下落という構図が思惑通りとなってくれているので、いったん様子見のまま。

ここからは、転換線相場に波及していくと思われ、まずは急激に切り上げてきた4386円の同線を維持できるか否かがポイント。

割り込むなら一段安も想定されるが、11/11高値4378円も含めて、この付近での下値サポートは意外に強いとも考えているので、引き続きニュートラルで

現状は様子見とします。

 

東京白金⑫
3548円付近▼50円 
売り方針継続


ハードブレグジットが明らかにされた事で、金に追随していたNY白金は1000ドルを前に反落しており、ドル円の円高が進行していた事で、東京白金は大きく値を消す展開に。

こちらも、海外安・円高のダブルパンチがイメージ通りとなってくれたものの、突っ込み後に切り返しを見せるなど、個人的には下げ渋りの印象。

ただ、3582円の転換線はすでに大陰線で割り込んでいるとあって、ここからは戻り売りに期待しておきたい。

⑫3608円の売りHOLD。

東京ガソリン⑦
52710円付近▼290円
売り方針継続


こちらは欧州時間帯にWTIが53.52ドルまで上伸していたが、その後は高値から株安と共に値を消す形となっていた。

東京ガソリンは、この反落と円高を受けて頭の重い展開となっていた。

この下落によって、52840円の直近安値を割り込む形となっており、同時に基準線を割り込む動きを見せている。

目先は今夜のOPEC月報に注目。

⑦53010円の売りはHOLD。

by ジョージ地球
ブログランキング・にほんブログ村へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
AD
NY金②
1212.9ドル△16.70ドル

NY金は急伸。

英国のメイ首相がEU単一市場からの完全離脱を表明したことや、トランプ次期米大統領の発言などに対するリスクの高まり、ドル安進行や米債利回りの低下などから、一段と上値を切り上げることに。

この日、メイ首相の演説によってハードブレグジットが明らかにされると、ドル安が急ピッチに進行し、金が一段と買い進まれると、1218.9ドルの高値を示現したが、その後は利食い売りに押されて、高値からは値を消している。

東京金は反落。
海外高を背景に、一時4407円まで上値を伸ばす場面も見られたが、同時に進行した円高が頭を押さえる形となり、夜間取引ではマイナス圏に沈んで取引を終えている。

やはり、ドル円がネットロングの切り崩しに急落を見せており、海外高ながらも東京金は軟化する形となりましたね。

NY原油②

52.48ドル△0.11ドル

 
NY原油は小反発。

急ピッチのドル安が欧州時間帯に進行したが、メイ英首相が英国のEU離脱がハードブレグジットになることを明らかにしたため。

ただし、欧州経済の不透明さに対する懸念から株式市場は総じて急落しており、世界の石油需要に対する不透明さも手伝って、高値から大きく値を消している。

サウジのエネルギー相は週明けにサウジの減産が計画以上となっていることやOPECの減産が予定通り実施されている旨を指摘していたが、上昇局面では支援材料になっており、
一方で米国の原油増産をゴールドマンサックスが予想するなど、売り材料もみられるだけに強引な買いは続かず。

清算値決定にかけて石油製品から大きく値を崩し、WTIも上げ幅をかなり縮小している。

東京ガソリンは続落。
直近安値である52840円を割り込む形となっており、本日は大引けでこれを取り返せるかに注目ですね。

by ジョージ地球

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
AD
東京金⑫

4397円△2円
買い方針様子見


4266円の買いは利食い撤退¥

もう一段の上げに備えていましたが、とりあえずここでいったんリカクとする。


今夜からのダボス会議は、おそらく昨年からのリスクオンに待ったをかけるイベントになると思われ、これは週末のトランプ次期首相の就任演説まで続くと個人的に考える。

NY金は、1200ドルを抜けて上伸すると考えるが、それ以上に積み上がったドル円のネットロングの切り崩しによる円高が頭を押さえる展開を想定する。

いずれにせよ、突っ込み後は再度買い場提供になると考えるが、ここはいったんニュートラルとして、週内は方向感を見極めたいところ。

現状は様子見とします。

 

東京白金⑫
3598円△8円
売り方針継続


こちらは円高進行ながらも、Glovexの上伸に再び3600円を試す戻りとなっている。

この動きで、大引けでは気迷いの足が残る形となっているが、12日の直近高値以降は上値を削る動きが継続しており、下値更新は一服となったものの、外部要因で株・為替がリスクオフとなれば、景気商品のこいつの圧迫要因になると見る。


その点では、海外安・円高のダブルパンチも想定しておく必要があり、ここからは引き続き売り目線で見ておきたいところ。

引き続き、⑫3608円の売りHOLD。

東京ガソリン⑦
53000円▼280円
売り方針継続


こちらは、株安・円高に加えて、Glovex原油が軟化した事で、東京ガソリンはマイナス圏に沈んで、日中取引を終えている。

結果的に、10日の急落以降の戻りは54110円の抵抗を上抜ける事は出来ず、跳ね返される形となっており、前日安値も下抜ける形。


目先は、52840円がポイントなり、これを割り込めば一段安に沈む公算が高いと考える。

いずれにせよ、これを割るのは時間の問題と考えるため、現状の
⑦53010円の売りはこのままHOLD。

by ジョージ地球
ブログランキング・にほんブログ村へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
とまぁ、有名なやつからスタートですバスケ

本日はこんな感じでどうでしょうか。




単純に水平線だけを描画したチャートですが…

何が言いたいかは、もうお分かりですよね?ロボット10

ここまで、長く下値で揉まされながらも、ソーサーボトムを形成。

そして、足元でようやくこの揉み合いを脱するべくネックラインの突破を見せており、結果的にはこれで、Wボトムが形成された格好。

ターゲットを出してみると、黄色の水平線が1つの目標地点になるという事ですね。

実際に、このターゲット付近は下落時の揉み合いとなった位置でもあり、恐らくこの辺りまでの戻りは早い段階で見られるような気もしますね・・・

すでにお気づきにならている方も多いかと思いますが、お時間があればどうぞどーもっ

 

どれか1つクリックお願いします押す
INVESTMENT LIFE 5.0

INVESTMENT LIFE 5.0

INVESTMENT LIFE 5.0

INVESTMENT LIFE 5.0  

商品先物ブログ村の入口ドア

※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。


ハードブレグジット

テーマ:
一部通信社が関係者筋の話として報じたところによると、メイ英首相は本日の演説で英国のEU単一市場からの撤退を発表する見込みだという。


この発表を受けて、再びポンドが売られる動きも見られたが、総崩れにはなっていない。

本日は欧州タイムの為替に要注意ですね・・・。

by ジョージ地球

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
 
東京金⑫

4395円△5円
買い方針継続


ドル円が一時114円割れの突っ込みを見せた事で、東京金も4389円まで値を消す展開となったが、その後はドル円の切り返しと、1200ドル台を維持して推移するGlovexを眺めて、プラス圏を維持する動きを見せた。


結果的には、日中取引では4400円が上値抵抗となって大引けを迎えたが、ここ数字の下落基調からの小反発となっている。

20日のトランプ新大統領の就任式での演説が週内の注目イベントとなっているが、オバマ氏の就任式でも経済性悪に対する失望から、NYダウが急落した経緯があり、今回のトランプ氏の発言にはそれ以上の懸念が高まっており、これがNY金にとっての支援材料になるかがポイントとなりそう。

今夜は、キング牧師生誕によりNY市場は休場となるが、Glovexは17日AM3:00まで動く予定。

現状は4266円の買いHOLD。

 

東京白金⑫
3590円△16円
売り方針継続


こちらは午後からは、堅調していたGlovexが軟化し、ドル円が再び114円割れを見せると、東京白金は上げ幅を縮小する展開となった。


結果的には、陽線ながらも3612円の高値から上髭を残す形となっており、上値の重さが伺える形で日中取引を終えている。

目先は、株と為替が値動きの指標となり、ハードブリグジット観測や、トランプリスクを背景に頭の重い動きも想定される。

現状は⑫3608円の売りHOLD。

東京ガソリン⑦
53280円▼570円
売り方針継続


こちらも午後からは、円高・株安の進行を嫌気して、下げ幅を拡大させる形で日中取引を終えている。


結果的には、前日の上げ幅を縮小させる動きとなっており、下値はわずかに切り上げたものの、54000円の抵抗に頭を押さえられる形となった。

今夜はNY市場は休場となるが、欧州株の下落など、外部要因によるリスク回避ムードが広がるようなら、こちらの続落も想定され、注目しておきたいところ。

⑦53010円の売りHOLD。

by ジョージ地球
ブログランキング・にほんブログ村へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
東京金⑫

4393円付近△3円
買い方針継続


週末のNY金は小幅安となっていたが、本日はGlovexが再び1200ドルを回復する戻りを見せており、ドル円が軟調ムードの中、東京金はプラス圏で推移している。

早朝から、ハードブレグジットを懸念したポンド急落が、ドル円にも波及する形で、本日は日経平均も急落するなど、足元ではリスク回避ムードが広がりつつある。

週末のトランプ時期大統領の就任演説も含め、リスク回避ムードが広がるようなら、NY金の上昇、ドル円の円高の相殺による東京金の値動きになると思われ、週内は乱高下の展開も想定しておきたい。

現状は4266円の買いHOLD。

 

東京白金⑫
3598円付近△24円
売り方針継続


こちらは、NY白金が小幅安となっていたが、早朝からのGlovexの急伸に東京白金もしっかりで推移している。

週末の夜間取引では、前日安値を割り込む下落も見せていたが、足元では3600円を回復する動きを見せており、悪化していたチャートは、いったん改善された格好。

ここからは、再び3619円の攻防になると思われ、まずは本日の大引け値に注目しておきたい。

現状は⑫3608円の売りHOLD。

東京ガソリン⑦
53480円付近▼370円
売り方針継続


こちらはWTIの下落に加え、本日は円高・株安ムードとなっている事で、東京ガソリンは売りが優勢の展開となっている。

じりじりと54000円の抵抗が効いてきており、本日はこれを突破できずとなれば、失望売りに再び下げ再開となる可能性もありそう。

NY市場は、キング牧師生誕による休場となるが、英国のハードブリグジットなど欧州タイムでの値動きも想定され、注目しておきたい。

⑦53010円の売りHOLD。

by ジョージ地球
ブログランキング・にほんブログ村へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。

黒田東彦日銀総裁

テーマ:
黒田東彦日銀総裁

「緩やかな回復基調を続けている」
「景気は緩やかな拡大に転じていくとみられる」
「金融環境はきわめて緩和した状態にある」
「2%物価実現目指し安定持続に必要な時まで緩和継続」


これらの発言では、いまのところ特に目立った反応は無し。

by ジョージ地球
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください


NY金②
1196.2ドル▼3.6ドル

NY金は反落。

弱気な米小売売上高を材料にしてNY金は1200ドル台示現もみせた。
ただ、前日の高値である1207.2ドルには至らず、一時的な1200ドル台回復だった。

その後、米長期金利が上昇し、再びドル高が進行したことで、1200ドル示現から1時間足らずで、1187.5ドルの安値を示現した。

上伸していたNYダウが高値から値を消し、ドル高も一服したことで、NY金は1190ドル台半ばまで買い直された。

東京金はもみ合い。
小動きながらも、4400円に抵抗を受ける形となっており、目先はこれがポイントなるかに注目しておきたい。

NY原油②

52.37ドル▼0.64ドル

 
NY原油は続伸。

12月の中国の貿易収支が明らかになったが、これで2016年の中国の輸出と輸入が前年実績をいずれも大きく下回ることになり、中国の景気減速懸念が改めて懸念される状況となった。

中国の原油輸入は増加しているものの、今後の先行きに対する不透明さは払しょくできず。前日、中国国内でのガソリン需要が旺盛なため、2017年の原油輸入の大幅拡大が中国当局に指摘され、海外原油の大幅続伸要因になっていたが、週末はこの評価が見直されることに。

また、OPECや非OPECの減産が支援材料になっているものの、1月からの減産は計画されていたことであり、新たな支援材料にはなりにくく、WTIで前日示現した53.50ドルが目先の高値となっている。

注目の米ベーカー・ヒューズによる原油の掘削リグが明らかにされたが、前週比7基減となり、12週振りの減少となった。市場の反応は限定的だった。

東京ガソリンは反落。
現状では54110円が抵抗となっており、引き続き同位置を突破できるか否かがポイントとなりそうですね。


by ジョージ地球

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。