予防歯科の竹内歯科医院の志賀です。                     

                                       

 妊娠中はつわりなどで口の中の環境が変わり、虫歯になりやすくなります。

 

 妊娠初期や妊娠後期の後半以外であれば、基本的には歯の治療は可能です。


 その際、注意すべきことはあります。

 

 治療で一番気になるのは胎児への影響です。

 

 薬・レントゲン撮影・歯科麻酔
について、お話しさせていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=Zq0_nFf7A1Q

 

http://takeuti-dc.com/

 


(WooRis 2016年10月)より

AD