予防歯科竹内歯科医院の志賀です。                      

                                       

 糖尿病の発症により患者さんは免疫能力の低下や組織修復の低下に陥るため歯周病の発症と進行が促進されます。

 

 このため歯周病は第6の・・・の合併症とされています。

 

 歯周病と糖尿病が互いに影響していることは日本糖尿病学会、日本歯周病学会でも発表しています。

 

 しかし歯周治療だけでは糖尿病の改善は望めません。

 

 専門の内科医による糖尿病のコントロールが必須です。

https://www.youtube.com/watch?v=mKQdbiGK2sc

 

http://takeuti-dc.com/

 


 

(デンタルデンタルハイジーンVol36)より

 

 

 

AD