1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2004-10-31 23:51:38

遂に・・・

テーマ:マエカノ
■マエカノT子との初エッチでオレがイケなかった話を前回しましたが、これはその続きです




あの日以来付き合うこととなったオレ達であったが、毎晩電話したりするところはまったく変わりなかった。
ただお互いそれぞれの現場に配属し仕事をするようになってから、なかなか平日に会う機会は徐々に減ってきたのであった。

配属したてなのでいきなり残業しなければいけないほど忙しい毎日ではなかったのだが、オレは初めて経験する社会人との仕事の付き合い(学生時代もちろんバイトはしていたがやっぱ違う・・・)と覚えなければいけないことの量に圧倒され、周りの人たちが残業している中で先に帰ろうという気にはなれず、オレは自然と毎日残業していたのだった。
もう完全に頭は仕事モードで、帰り道にT子と話をしても、今日の会社でのことをお互い話しあっていたので、オレは平日はalways仕事男と化していた。


そんな毎日が始まったのだが、オレが仕事を忘れられる日、それはやはり週末であった。
週末はほぼいつもT子と会っていた。
行きたい場所も沢山あり、毎週の週末のスケジュールはもう数ヶ月後までビッシリ。
もちろんそれが楽しくてたまらなかったが。

そんなこんなでオレ達はごくありふれたデートを重ねていた。



そして6月の後半の土曜の夜。
多少のお酒を飲んだ後、とあるラブホに泊まることとなった。


T子との2回目の夜である。


男pretend、25歳、今日こそは前回みたいな失態は許されない!!今日はやるしかないぞ!!イクしかないぞ!!


強く意気込むこの時のオレにはプレッシャーなどなかった。
多少はお酒の力もあったのだろう。
2回目という余裕もあったのだろう。
チェックインし、エレベーターで抱き合ってキスする余裕もみせるほどだったのだ。

またシャワーを浴びながら、前回同様ギンギンになっている自分のミスターくんを振り回しながら鼻歌を歌う余裕まで見せる始末。

そしていざ出陣!



  ベットにはいり

  ライトを落として

  T子を抱きしめる



この時のオレの頭の中、というより全神経の9割は自分の硬度に集中していた!



  キスをして

  胸に手をかけ

  一枚一枚脱がす



おぉ、もうギンギン100%全開ですか??



  ブラに手をかけながら

  首元を愛撫し

  さらにやわらかい山に口づける  



うぉー、はちきれんばかり!!とどまるところがわかりませんっ



  2人裸で抱き合って

  唇を求め合い

  下の唇にも・・・



よし!今日はイケるぞ~~ 間違いないっっ!!



そして、コンドームをつけて、あおむけになったT子の正面からいざソウニュ~!!








とその時、





ぽわぽわぽわぽわぽわわわ~~~~ん♪





なんとこの大事なところで、前回同様、100%ギンギン伝説が萎え萎えになってしまったのだ。
萎え萎えは言い過ぎだが、硬度が7割減といったところで・・・

オレは焦った。動揺した。

硬度が足りないまま無理に挿入しようとするが、やはり上手くはいかない。



ふとT子の方を見ると、T子は目を閉じたまま・・・



(嗚呼、どうしようか??)



どのぐらい時間が経っただろうか。
ふとT子が口を開く。


「どうしたの?」

「あ、あぁ・・・ゴメン」


オレは絞り出す声でそういうのが精一杯だった。




すると、T子は起きあがりニコっと微笑んでこう言った。


「疲れてたんだね。でもありがとう♪」


別にオレは疲れてなんかない!と言いたかった。
が、言える訳はなかった・・・

ただその思いがけない言葉に、オレの不甲斐ない気持ちは多少滲んだような気がした。



そして何事もなかったかのように、オレはコンドームを取りゴミ箱に捨てようとしたまさにその時、


T子の頭がオレの精気の失せた股間に急接近し、そしてなにかの言葉と一緒にオレにキスをしたのだ!!

オレにはその時の言葉が「ありがとう」と聞こえた気がした。



T子は決して処女ではなかった。
しかしあまり男性経験が豊富という訳でもなく、感じている吐息はだせど声もあまり出さず、恥ずかしがっているだけ。
そのT子にとってこの行為はかなり勇気がいることではなかろうか?




魔法のキス




まさに魔法だった。




グン!


グングンっ!!


グングングンっっ!!!




気づくとオレのあそこはさっきの萎え萎えがウソのように、復活したのだ!!

   奇跡が起きた

というと言い過ぎかもしれないが、でも後から考えるとオレにはそう思えるのだ。




コンドームを付け直し、無事ソ~ニュ~。

もうオレの頭は空っぽだった。

ひたすら腰を振った。


T子が今までにないような声を出していたような気もするがよく覚えていない。







そして遂に、オレはT子の中で果てたのであった。



AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2004-10-31 23:00:00

このBLOGを終える時

テーマ:about BLOG
あのビビアンさんがアメブロに区切りをつけられたそうです。
先ほど知りました!本当にお疲れ様でしたm()m
でもお別れではなさそうなので、ちょっと安心^^;

そういえば最近、ボーゲンさんも「BLOGをやめるワケ」ってのを書かれてましが、ではオレがこのBLOGを止めるときについて今日は書いてみることにします。

実はこのBLOGを立ち上げたときから決めていたことがあって、実は立ち上げ当初はBLOG情報の概要にそのことも書いていたんだけど、すぐに消してしまったんです。
だってすぐにそのことに自信がなくなっちゃったから。


ちなみにそのこととは

彼女ができたらやめる!

です。


(っていうか、でした。)




でも正直

「どうしようかなぁ~」

って悩み中。
BLOGでのコミュニケーションを知ってしまったことや、当初は全く予想してなかったネタを思いついたり、それからそれから沢山の方が見てくれるようになりコメントまで頂けるようになってしまったから^^;
なーんて書いた瞬間また1人読者登録してくださった方がいるし(ウホホ


書きたいことはまだまだあるし、日々どんどん増えて溜まっていく一方だし(現在、ネタ帳がごちゃごちゃになってしまっている!)、たぶんこの辺を中途半端にするのは自分的に不完全燃焼になっちゃいそうで、そんなことできないんだろうな。

でも、
彼女ができたら(当初は特に)、BLOGを書く時間なんてあまり作れないんじゃないかなぁ・・・たぶん



とっても悩ましいです!!



ちなみにじゃ現在のオレの状態はどんなんで、彼女ができそうなのかできなそうなのかっていうと、正直ワカランって状態なんです。


とりあえず来週の予定としては、

この前のコンパで知り合ったA子とメシ
U美とメシ<サシで会うのは1ヶ月ぶり!>
・鍋コンで1人紹介して貰える


って感じです。



さぁてどうなるコトやら。

乞うご期待(なのか?)





【良識ある皆様へ】

オレに彼女が出来ませんように!なんていうお祈りはしないでね(笑)




【修正履歴】

11/21 この記事へのリンクのため、U美とのことを緑字に変更



AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2004-10-31 17:09:13

初のサシ飲み2 ~U美と~

テーマ:君のコト好きなのかな?
平日の夜、初めてのサシ飲みの帰り。
U美からメールを受信する。


「いやぁ、向こうからちゃんと送ってくるなんてねぇ」


なーんてはにかむ余裕を見せながら、サクっとそのメールを開く。



件名:無題
本文:今日は本当にありがと~~!!(絵)
   しかもごちそうにまでなってしまって
   めちゃくちゃ楽しかったです♪
   ~中略~
   なんかね、pretendクンはお兄さんみたい
   だよ(絵)うん!
   また遊ぼ~ね~(絵)


オレの顔色が一瞬にして変わったのが自分でも分かった!



ん?

無題?


っていうか、

そんなことよりちょっと待て!!!!!










お兄さん




お兄さんみたい




pretendクンはお兄さんみたいだよ(絵)







オレの頭の中をひとつの単語がグルングルン繰り返される・・・・








ハァ?


今日こんだけ気になる発言しときながら、お兄さんみたいとはどういうことだ?このやろー

いきなり恋愛対象じゃないランクに降格人事っすかー?


しかもそれでいてまた遊ぼうとはどういうことよ??



ぉぃぉぃ・・・





オレの頭はとにかく混乱した。

10分ぐらい混乱した。

まったく意味がわからん!

理解不能!!



だって、
普通(?)に考えればこれって「あなたのことは恋愛対象として見れません」ってことと暗に言っているサインだとおもうんですよ、オレの経験上。


で す よ ね ?




「まぁ、U美は天然入ってるしな」

そう自分に言い聞かせ、さっき作ったメールを編集し直して返信・・・



しかし、
今思えばこれが、オレの眠れぬ日々のプロローグだったのであろう。




【更新履歴】

11/03 前回の話をリンクする

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2004-10-31 04:19:32

BLOGとカタルシス

テーマ:about BLOG
今夜色々巡回してみたが、さすがに回ろうと思ったところすべては回れなかった・・・
ま、明日雨ならBLOG活動できそうだしな!

ここ数日エロネタが少なくて不満タラタラの方もいらっしゃるかもしれませんが、もうしばらくお待ち下さいm(_)m
日曜にはUPしますから!
あ、もう日曜かw

さて、実は最近とっても共感できるブロガーさんに出会った。
magecさんである。この方は失恋によってなかなか辛い思いをされているようで、(それがフォントカラーにも表れているのかもしれない)その自分の気持ちをとっても素直にBLOGに書きつづっているような感じを受ける。
そして書きつづることによって自分の気持ちを整理し見直そうとしているのでは、とも思える。

あっ!まさにオレがこのBLOGを始めたときに思ったことと同じではないか。

自分のBLOGタイトルを見ると~自分を見つめ直すために~とあるように、オレも自分を見つめなおすためにホンネでいろいろと書きつづっていこうと決心したのだ。
最近この路線は変わりつつもあり、予想以上に楽しかったりするのだが、それもBLOGの醍醐味っぽいので気にしない!


さて今回のタイトルのカタルシスであるが皆さんは意味をご存じであろうか?
あまり日常生活で用いる単語ではないかもしれない。

こちらに意味をまとめてあるサイトがあるが、元々は悲劇を見て泣くことで自分の気持ちがスッキリするような意味のようである。また「浄化」とも訳され、精神分析でも用いられる言葉のようである


このカタルシスについて、実はオレは勝手に以下のように解釈している!!

- - - - - - - - -

人は心に溜まっているコトを人に話して、状況が変わったとか言うわけではないが、何故かスッキリすることがある

これを語るにかけて、カタルシスと呼んでしまおう!

- - - - - - - - -


で、前々から思っているのだが、このBLOGでも自分の思いをはき出して、それでスッキリすることも勿論あるし、また自分の考えが整理できたり、人からコメントをもらうことで色々視野が広がったりして、そして自分自身をよりレベルアップすることができる、という効果があるのではないか、と。


なのでmagecさんのようにBLOGでカタルシスをしている人を見ると、自分と被ってしまいとっても共感してしまうのである。





皆さんはカタルシスしてますか?


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2004-10-31 00:40:17

☆祝☆読者さんが50人!

テーマ:about BLOG
みなさん、こんばんは!
今日はテニスの予定だったんだけど雨で中止で、仕方がないのでボーリング・ビリヤード・ダーツ三昧をしてきてさっき帰ってきました。

帰宅早々PCを立ち上げアメブロをチェックしてみると・・・

なんと読者になって下さってる人が50人突破です!!

いやーホント嬉しいっす。
みなさんアリガトウ!!ヽ(´ー`)ノ

でも最近あまり時間がなくて全然巡回できてなくて申し訳ないです(汗)


しかーし、

明日も雨ってことで予定がキャンセルになったんで、今夜は久しぶりに腰を落ち着けてBLOGできるぞ~~
読みたいBLOGもたまってることだし( ̄ー ̄)



どうでもいいけど、ビリヤードはチラチラチャンスが満載で、ゲームどころではなく、オレのキューと手玉を抑えるのが大変でした(笑)

よーし、今夜は頑張るぞぃ!!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004-10-30 20:01:50

初のサシ飲み1 ~U美と~

テーマ:君のコト好きなのかな?
そういえばまだ中途半端なのがあったのでその続きです!
この中途半端さはやばいなオレ・・・_| ̄|○


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

以下、過去記事のリンクです

U美との出会い1
U美との出会い2

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~




8月も中旬。今年は猛暑猛暑というが、この頃が一番熱かったのではないか?
オレのハートとシンクロしていた、そんな感じにさえ思える。

水曜日。
約束は銀座マリオン、時計台のところ。7時。

仕事を定時で切り上げ、有楽町に着いたのは6時半、ちょっと前。
予約した店の場所は覚えているが、念のため駅から店に歩いてみる。
あまり激しく動くと汗が噴き出るので、ゆっくりゆっくり。プランタンの周りを歩きながら軽くネタを探し、店の場所も確認し、そしてマリオンへ。
阪急のトイレに入り、汗を抑え、口臭を消し、香水を軽くふり、髪を整え、そして手を洗う。

「よし!いけるな」

鏡の前でつぶやき、待ち合わせ場所へ。



7時の1分前、U美よりメール着信
「U美はもういまーす☆」
ニヤけそうになる頬を押さえ、時計台前の人混みにU美を探す。

「よっ!!おつかれっ」

U美の後ろ姿を見つけて声をかける。あくまでもノリのいいことを心がけて。
振り返った時の笑顔がとっても印象的だった。



(ホっ、よかった!)



これがオレのその時の気持ち。
金曜の飲み会でのU美の顔は忘れてもない。でも、2度目に会って「あれ?何かが違うな・・・」そんなことが今までに何回かあったことがあるからだ!
まぁ、俺が思う以上に相手にそう思われていたこととは思うのだが。。。(苦笑


その日のU美は、
上が鮮やかなブルーのカットソーで、下は・・・短すぎないスカート(色は失念)だったと思う。
上半身があまりにも魅力的すぎて、足下を見る暇もなかった。



銀座1丁目のややはずれにある和風ダイニングバーの入り口が見えると、

「おー!とってもイイ感じっぽいね~」

そしてオレはドアを開け、彼女を店内に誘導。
名前を店員に告げると

「えー、ちゃんと予約までしてくれたんだ~ ありがと~」


なんかとってもイイ感じのスタートに感じる。



案内された席はこじんまりとした向かいあわせで、彼女を奥のソファー席に誘導しながら、この店に2人用の個室があったことをちょっと後悔する。

(下調べが甘かったなぁ
 まっいいか、サシは初回だし)


「クーラーが直撃だったら言ってね」

ちゃんと細かいところも気遣いながら、ドリンクメニューをU美の方に開いて渡す。

「オレはメニュー見る必要ないからなー(笑)」



U美は笑顔だった。
前回のコンパではU美はそれほど話す方でもなかったが、2人の時はどんな感じかはまだ分からないので、とりあえず様子を伺うという意味でも、世間話の延長線上で軽く質問を投げながら反応を見る。

どんな質問にも結構マジで答える、そんなU美。緊張しているのか。元々そういう性格なのか・・・

ただマジメに答えてはいるが、なかなか天然入ってることも発見。
そういうところはもちろんイジっていき、そして笑いに持っていく!!


2杯目の生が来た頃には、だいぶ雰囲気もあったまってきた。
家族構成や兄弟はなにをやっているのか、家は実家かひとり暮らしか、学生の時はどの辺で遊んでいたか・・・などなども自分から話し、そしてU美からも聞き出す。

自分の小ネタ、相手への突っ込みを交えながら、2人で腹を抱えて爆笑っていうのはないにせよ、なかなか楽しい雰囲気。


U美の胸元のシルバーがチラチラ目につくが、あんまり見てると胸を見ているように思われるので、なるべく下を見ずにU美の顔と店の奥を見ながら、そして本題へ。



オレの3杯目の生とU美の芋焼酎お湯割りがきたときにゴングが鳴る!!

今の恋愛状況から直近の現状の聞き込み捜査開始っ



そして、ここで気になる発言が多々出てくる!


「(彼氏?)えー。今居ないんだよ~。もう1年ぐらいかなぁ」

「最近地元の女友達と週末いっつも一緒にいるんだよー ヤバくない?」

「(pretendは)彼女いたりするの?」

「(pretendは)付き合ったら長そうだよね~」

「仕事はいっつも遅くないんだけど、やることないから家に帰るだけなんだー」



なんかかなりイイ感じじゃないすか??

絶対にキタって感じじゃないけど、こりゃーかなり好感触っ



さらに、

「神楽坂とかっていったりする?」

「うーん、全然いかなーい」

「いい店が沢山あるんだよね~ 例えば・・・」

「行ってみたーい」


具体的な約束まではしないものの、次につながるネタの収穫にも成功!!

そんなこんなでノリノリになってるオレは饒舌になり、U美の笑い顔も当初よりもなんかリラックスしたいい感じ。



ふと時計をみると10時半。
あっという間の3時間。

中盤戦一度オレはトイレに立ったがU美は行かなかったので、ここでもう一度オレはトイレに行き、そして戻るとU美もトイレに立つ。

よしよし。

U美が戻ってくるまでの間に会計をすませ、そして戻ってきたら
「ボチボチ行くか~?」
ということで、店をあとに。


店の出口付近で

「あれ?お会計は?」

「あっ、もう済んでるよ~」

笑顔で返すオレ。


もちろんU美は払うというのだが、ここは払わせるわけにはいかない。


(じゃぁちょっと茶飲んでこー。そこでお願いね)

と言おうとしたが、明日お互い普通に仕事だし、サシ1回目ということもあったし、この時間に余裕でやっているカフェでオレが知っているところが思い浮かばなかったこともあり、今夜はこのまま無難に帰ることに。



駅に向かって歩く途中、

「なんかちょっと酔っちゃったかな~」

3杯しか飲んでなくほとんど変わっていないU美がそんなことを言っていたのは、もちろん要チェック!!



JRの改札口でU美を見送り、「また今度ね~」と別れたあと、最後にU美がもう一度振り返り、そしてこっちに手を振るのを確認して、そしてオレはハイテンションのまま帰路につく。



帰りの電車の中、軽くメールを作ってはみるが、まだ送信はしない。

すると12時前、U美からのメールが受信!!

向こうから送ってくるとは今日は手応えありまくりですな~ っと久しぶりの感覚に浮かれながらそのメールを開いた瞬間、実は、オレの顔色が一瞬にして変わることとなるのであった。。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2004-10-29 21:22:59

コンドーム推進運動 ~2~

テーマ:本音流性教育
さてさて今夜は例の第2弾でございますです。
今日はるるすけさんの「ビョーキ論」から前回の記事にトラックバックして頂き、そこから飛んではじめて拝見したblue-roseさんの「アンバランス」では衝撃的な話を読み、んで、このネタにすることにしたんです。

前回は人気俳優を使ったイメージ戦略でしたが、今回も芸能人を使ったイメージ系なネタを考えてみました。

男女問わず影響力があるのは、やっぱり同世代の売れているアーティストやジャニーズ系、人気モデルやアイドルだと思います。

テーマとしては前回に引き続きコンドームの利用促進→常識化で、しかも今回は女のコを主なターゲットにさだめます。

やっぱ女のコから男に影響するってパターン、色々と多いですからね~

で、ジャニーズ系だったら近藤組(仮称)とか、カリスマ人気モデルだったら近藤サキとか、あらゆる分野の芸能人に近藤さんをふやしていき、まず日常会話での利用頻度をあげて、意識の中に自然とコンドームの存在を刷り込んでいったりします!
もちろん、日常会話でコンドームといってヒカれた場合は、

「なんか近藤組、解散しちゃうらしいよー、コンドー無かよ!

みたいなごまかしもしやすくなり色々と応用が効くようにもなります、はい。

あと、女のコの中では
「つけて欲しいけど、恥ずかしくて言い出せなくて・・・」
って意見もありますので、そのために、とってもカワイイ(←ここめっちゃ重要!!)コンドームをつけてねサインを流行らしたりしたらどうでしょう。
ジャニーズの近藤組のコンサートではその仕草(ポーズ)が定番になったり、それからお笑い芸人のネタ(イメージ的には「三瓶です」みたいな)として流行らせるのも悪くないですねぇ
近藤侍とかも出てきてきちゃうまでになること請け合い(笑)

ま、こんな感じで女のコから直接言わなくてもコンドームつけてねサインを送れるようになって、男もそれをカワイイって思っちゃえば、ちゃんと付ける人がどんどん増えていくでしょうな!!



第2弾はこんな感じで。





ん?オレはかなーり真面目っすよん!   



コンドーム (σ゚д゚)σセッツ!!



【更新履歴】

11/03 カテゴリ「本音流性教育」を作成し、移動させました。タイトルも変更。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2004-10-29 00:03:38

女子高生の・・・

テーマ:女性(おんな)について
今日はいつもよりも早く仕事から上がり、ちょうど帰り道に女子高生集団と路上バッティングしたpretendです。
4人組の女子高生だったんだけど、ルーズソックスは1人だけだったなぁ
もうひと昔(ふた昔?)前のブームは終わってんのかな?さすがに(笑

ま、でも、これからもっともっと寒くなるから、ルーズソックサーも増えてくるのでせう【と勝手に予想】
あれ、温かそうだからね~

オレは年代的にもちょうどルーズソックスが出始めの頃に高校生で、しかもぼちぼち田舎だったので、実は同級にはルーズソックサーは殆ど居ず、ひとつ下のコあたりからちょっとづつ割合が増えてきてたような印象です。

んだから、
オレが大学の時に見た女子高生は十中八九ルーズソックサーだったな!

で、あのズドンとまっすぐな足感(細すぎず太すぎず)がかなり好きでした。

決してガンダムに出てきそうとかは思ったことないです(笑




う~ん、しかし女子高生との接点ってさすがにないなぁ(゜_゜;)



PS.最近、新規アメブロユーザーさんの読者登録があったりして、
  ちょっとビックリ嬉しいっす!!
  これからもがんばりまぁす。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2004-10-28 22:12:55

~はじまり3~

テーマ:マエカノ
最近この辺の話し書くの、すっかり忘れてた・・・
めっちゃ中途半端なのに_| ̄|○


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

時間が空いてしまったので過去記事のリンクです

<出会い1>
<出会い2>
<出会い3>
~はじまり1~
~はじまり2~

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~






ジャーー


後ろから聞こえる微かなシャワーの音が部屋にこだましていた。
腕時計をはずしふと時間見ると、もう日付が変わろうとしていた。

何か落ち着かないオレ。

決してラブホにくるのが初めてとかそういうのではなく、しかし、今までになかったような胸の高鳴りと戸惑いがオレの中を渦巻いていた。

もうT子とは知り合って3ヶ月ほど経つ。
しかし一応今日から付き合うことになったばかりな訳だ。
今までも恋人同士と何ら変わりなかったとはいえ、この早すぎる展開・・・
もちろんオレが望んでいないわけはないのであるが、こんなに早くこんな状況になってしまうことがT子を大切にしていないような、そんな感覚に襲われているような気分であったのだ。


ため息をつく。

部屋を歩いてみる。

ソファーに座ってみる。

ベッドに横になってみる。


やはり落ち着かない・・・

少し気分転換にタバコに火を付けTVを付けてみた。
プロ野球ニュース、料理番組、お笑い番組・・・とチャンネルを回していると、

ああ~~ん

AVチャンネルに切り替わった瞬間、オレはタバコの灰を落としそうになった!
慌ててチャンネルをプロ野球ニュースに戻す。
まるで見てはいけないものを見てしまったかのように。

(そういえばこの3ヶ月ほど、オナニーしてないなぁ)

そんなことを思い出してしまうと、極度の早漏になっていると思われる自分が心配になってきてしまった。。。

(あっという間にイっちゃったらどうしよう)

そんな不安にまで襲われ始め、もう居ても立ってもいられなくなってしまう。


っとその時、ベッドの上のスイッチ群に目がとまる。
部屋全体の照明、ベッドの周りの間接照明、枕元のランプ、、、オレは検電励行のハチマキをしているがごとく、せわしくスイッチ群をいじり始めた。
特にON/OFFではなくボリュームタイプの調整には余念がない。
スイッチ群の真横には有線のボタンも見つけた。
邦楽やロック、カントリーではない。今はJazz!!

照明の適度な明るさのベストなポジションを探し当て、有線を調整し、とムード作りに懸命になっていると、いつの間にかオレは落ち着いていた。

「そうだ!コンドームのポジションも考えとかないと」

枕元のふたつの連なったコンドームに手を伸ばした瞬間、


ガチャ


振り返るとそこにはクリーム色のバスローブに包まれ、濡れた髪をタオルで拭いているT子が立っていた。


「さっぱりしたか?」

「うん。お先ね!」

「じゃオレも入ってくるよ」

「はーい」


そして潤ったT子のおでこにキスをすると、オレは脱衣所の中に入っていった。


シャワーを浴びながら、ふと下を見ると、オレのアソコはもうすでにはち切れんばかりにギンギンになっていることに気づく。

(ここで1回抜いといたほうがいいだろうか?)

(おいおい、壁の向こうにはT子がいるんだぞ!)

(でもいきなり早漏なんてカッコ悪すぎるぞ!!)

(バカやろう!そんなんバレたら一瞬でTHEエンドだろ?)


そんな押し問答を頭の中でしながら、オレは髪を洗う。




 ・ ・ ・



シャワーを上がると、T子はベットの上で待っていた。
もうオレに風呂上がりの一服などしている余裕はなかった。

そのままT子を抱きしめ、そしてオレたちは優しく求め合った。
実際は激しくだったのかもしれないが。。。


今思い返してみると、不思議なことにこの状況に関してあまり鮮明な記憶がないことに気づく。

覚えているのは、終わった後にT子がすこし涙ながら口にした言葉。


「ワタシ、本当にシアワセ・・・」

「エッチでこんな気分になるなんて知らなかった・・・」

「こんなに優しくしてもらえたの、初めて。。」

「ありがとう」


この言葉だけは、一生忘れることはないであろう。



若干余談になるが、
実はオレはこの夜イクことはなかった。
というよりイケなかった。
T子にしてもらうことなど毛頭なかった。

それでも、オレは幸せだった。
一緒にいるだけで幸せだった。
こんな気分は生まれて初めてであった。


ただし、イケなかったことは、この満天の幸せの中でも、オレの心に多少の傷を追わせることとなったのであるが・・・




これがオレとT子の初めての夜。



いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2004-10-27 22:01:09

下着の謎

テーマ:女性(おんな)について
今日のテーマは下着のサイズである。
ちなみにこの話、たぶんオチはない_| ̄|○

ネタ元としては
先日の測定お疲れ様なapolloさんの「ブラジャーのサイズ

秘密の花園を覗いてみたくなるChiさんの「好きな下着の色は!?
でござんす。


んじゃ、サイズについて素朴な疑問ですが、
女性のブラについて「75-C」とか「80ーD」とかってありますよね?
オレの知識が正しければアンダーのサイズとカップの大きさなんだと思います。

んじゃ、この規格は世界共通なんですか?

もしJIS規格だとしたらそれは日本限定な訳で、とすると、例えばおフランス製の下着を買うときはどうやってるんですか?


あとあと、パンチーの方のサイズはどうなってるの??
ほら、上下おそろとかあるでしょ?上下ともサイズを選んで組み合わせて買ってんのすか?
もしそうだとすると自分サイズの組合せがなくて在庫確認したり、なくなく諦めちゃったりとかそういう陰の努力があったりするんすか?


教えて!エロいやさしい人ぉぉ~~っ



ちなみに男の場合は、めっちゃ単純です。
S・M・Lのほぼ世界共通のサイズがありますから、大きく失敗することはまずありません!
まぁCalvin Kleinなんかはアメリカンサイズなので、日本で言うLがCalvin KleinではMだったりするぐらいですが、これぐらいですかね?



ということでCalvin KleinだとボクサーならMでトランクスならSを使い分け、勝負下着はRalph Laurenの(微妙に透けててエロいw)のPretendがお送りしました!

あ、どーでもいいけど、勝負しない日(つーかほとんど毎日--;)は無印とユニクロを交互に穿くのがマイブームっす。




【10/27追記】
取消線はやっぱり便利だね。
自分はhtmlタグはあんまり多用しないかも知れないけど取消線は重宝するよん



いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。