インド音楽を愛でる

テーマ:

ニーマルヨガhttp://www.nirmalyoga.com/ では、インドのガネーシャ神が見守るインドを思わせるフィールドの中で、満月にはコンサートをしたり、いろんなイベントが行われる。

ヨガというのは、ただメディアで紹介されるアーサナと言われるポーズだけをとるものではなく、体を浄化したり、瞑想したり、奉仕をしたり、様々な形があるということを、習慣であるということを教えさせてくれるスタジオですごく好きだ。

18日は、タブラプレイヤーであるタイ・バーホーさんの音ヨガのワークショップと、バーンスリーの太郎さんのコンサートが行われた。

私は、京都でたっぷりと、タイさんの音ヨガワークショップを楽しんだので、今回はコンサートだけ参加した。

ヨガのスタジオだけれど、穏やかな明かりの中で、心地よいフィールドが作られていた。

タイさんと太郎さんの演奏はやはり、長年の経験者たる風格があり、心地よく身を委ねた。

太郎さんの音がすうっとのびてきて、そしてソフトにタイさんの太鼓の音がリズムをうって気持ちよい。

2人の演奏だけで、十分なところ、なんとサロードのスティーブ・オダさんも演奏に参加してくださることに・・・。

スティーブさんは、日系三世のカナダ人。60歳を過ぎてから、インド音楽を通して日本に来て下さるようになった・・・。
スティーブさんは、今回の震災で私たちに与えられたダメージに対して、音楽でたくさんメッセージを愛を送ってくれるのがよくわかった。

彼が奏でたラーガのテーマは、「慈愛」と「愛」だった。
http://www.youtube.com/watch?v=SIZA4W9bQjQ&feature=player_embedded

(↑この時のライブではないけれど、スティーブさんと、タイさんを紹介したい。ぜひぜひご賞味あれ!)


音楽を聴いて、歌を聞いて泣くことはある。

でも、私はインド音楽を聴いて初めて泣いた。

美しく優しい音色・・・。でも、ただそれだけではない何かが伝わってきて、私は涙を抑えることができなかった。

タイさんと、太郎さんとスティーブさんが、お互いを慈しみあいながら、愛でる音楽は本当に美しかった。

インド音楽は即興で、その時しか味わえない音楽だというのを、本当に理解する。

音楽というのは、掴もうとすれば、するりとかわされ、逃げていく。

一瞬の完璧な音のユニゾンに人は、感動し、心を揺さぶられる。

一度は離れたはずなのに、またここの場所へ戻ってくる不思議。

その音楽の一瞬の、そのはかない音の中にいたくて、また私はコンサートの企画なんかをさせてもらった。

少しでも、この音楽を感じてもらいたい。
その音の中で、呼吸して何かを感じてもらいたい。

奏者が織りなすラーガの素晴らしさを。

今回シタール奏者であるシュベンドラ・ラオ氏は、あの台風の中無事に日本にたどり着いた。

今、この時に日本にきてくれる外国人は貴重な人達だと思う。
タブラのタイさんからのメッセージがあるので、ちょっと覗いてもらいたい。
http://www.youtube.com/watch?v=YsHkCQuJtLo&feature=player_embedded #!


この機会にぜひ、インド音楽コンサートを楽しんでもらいたいな。



AD
インドクラシック音楽コンサート

シュベンドラ・ラオ&タイ・バーホー

~ジャパンツアー2011~

 

インド音楽とは、曲というものを演奏せず、その時折の季節や時間をテーマとした「ラーガ」という音の並びを即興で演奏します。

即興的な音楽は、その瞬間に産まれるエネルギーと、そこにいるゲストのエネルギーが重なって一緒に新しい力を創りだしていく一体感を感じることができます。

また、音楽の流れは、はじめゆったりとしたリズムから、速いリズムへと移行していきます。音に身を委ねていくと、第1チャクラから、体を突き抜けるようにスパイラルしていくことを体感することができます。倍音を多く含むため音の響きが、心地良さと癒しをもたらします。


 

今回は、シタール奏者では世界的に有名なラヴィ・シャンカールの一番弟子で、インドでもコンサートをしているshubbendra氏世界最高峰のタブラ奏者であるザキール・フセインの愛弟子であるTy
Burhoeの二人が演奏者です。

 

日本では普段全く聴くことのできないクオリティーの高い音楽を聴くことができるでしょう。

 

ぜひこの機会をお見逃しなく!

 

 

2011年10月1日(土)13:30開場 14:00開演

会場:驢馬駱駝 東京都東中野2-25-6 9階

料金:前売り 3500円 当日4000円


チケットの取り扱いは、
下北沢にある素敵なカフェ cafe stay happy  http://cafestayhappy.com/
白金台にある素敵なヨガスタジオ Nirmal Yoga http://www.nirmalyoga.com/
となっております。

チケットの予約・問い合わせにかんしては、綿引までご連絡ください。

メールアドレス:premdeva82@yahoo.co.jp

電話番号:090-3310-4381(綿引)

 主催 Prem Nada

共催 Rabit Records http://rabitrecords.com/代表 安藤真也
AD

PremNadaとは

テーマ:
Prem は、サンスクリット語で「愛」を示し、Nadaは、「音」を示します。

インドでは、音は神であると称され、この世の全ての存在とチューニングをすることで、樹々や花々、岩、私たちの心や体の中にある音と響きあうことができます。

インド古典音楽は、様々な彩りを示す「ラーガ」というそれぞれに決められた音階の中で音楽を織りなします。例えばその時のラーガのテーマが、「朝」「昼」「真夜中」「満月」「雨」「春」「秋」であれば、季節や時間やその時のムードに合わせ音を奏でます。

あるインド音楽の奏者が、「雨」のラーガを演奏したその夜、どしゃ降りの雨が降りました。また「満月」のラーガを演奏した時、それまで雨が降っていたのが、止み神々しく「満月」が顔をだしてくれたことがありました。

このように、奏者が自然と共鳴しまるで奇跡のような出来事が起こることもあります。

自然の中に溶けこみながら、輪廻転生のリズムを刻むインド音楽の虜になってから、もう10年近くが経ちました。

私にとって、インド音楽は高尚でとても難しいものだけれど、人一倍音楽を楽しむことができることが大きな自負だと思っています。

そんなインド音楽好きの私が、インド音楽応援隊としての活動を発信するものです。