我が家のアホ嫁が怒る!

テーマ:

我が家が地区の班長の時


夏祭りが行われ我が家は


焼きそば班でした



普通は役をもらうといやがるはずなのに



料理好きのアホ嫁は大喜びです


当然大量に作るので鉄板は巨大です


めったにそんな経験はできないので



アホ嫁おお張り切り




アホ嫁「アンタは何もしなくていいからネ」


朝から会場の設営に大忙しです


テント張りや舞台の製作


提灯を会場中に張り巡らせたり


焼きそばの屋台を作ったり


夕方には焼き始めなくては


ならないのですから


急ピッチで作って


なんとか間に合いました


委員はハッピとタオルが支給されます


ハッピを着てアホ嫁の気分は



最高潮



さあ、作るぞ


っと思ったら


誰?



このおばさん?


準備の時にはいなかったぞ?



アホ嫁目が点!!



見知らぬおばさんが


焼きそばを焼き始めているのだ


アホ嫁「ネ~あの人、誰?」


オレ「知らない 見たことない」


他のおばさんに聞いてみると


婦人部の人らしい



おばさんA「婦人部の人がなんで


ここにいるのかね~?」


おばさんB「婦人部は焼き鳥なのにね~」


おばさんC「お嬢、焼くの張り切っていたのにね~」


ちなみにアホ嫁は、準備の時からおばさん達に


お嬢と呼ばれはじめました」


おばさんB「同じ地区だから、やっかいだね~」


おばさんC「しばらくやらせて交代しな」


おばさんA「本当になんでいるのかね~」


と言う事で


我が家はサポートにまわりました


材料を入れる役です


油をひいたり


焼きそば麺を入れたり


キャベツを入れたり


ソースをかけたり



こんなんでアホ嫁は満足しません



アホ嫁は必死です


アホ嫁「熱くないですか?」


アホ嫁「疲れませんか?」


アホ嫁「少し休みませんか?」


婦人部のおばさん「大丈夫だよ


どんどん焼いて終わりにしよ~


あたしの焼きそばは美味しいよ


実家が焼きそば屋だから」






アホ嫁「・・・めまいが・・・」






おばさんA「焼きそば屋だって知ってた」


おばさんB「知らないわよ」


おばさんC「お嬢かわいそ~に、あれじゃ


変わってもらえないよ」


おばさんB「張り切っていたのにね~」


交代する気のない婦人部のおばさん




アホ嫁



意気消沈









すべての焼きそばは焼かれてしまいました




アホ嫁の祭りは終わった




アホ嫁どこからか、かき氷をもってきました


オレ「どっから持ってきたの?」


アホ嫁「委員はもらえるんだって」


アホ嫁の機嫌は良くなったみたい


まぁ祭りの裏方もけっこう楽しめたし


いいかな


最後に花火があがって終了です


明日の朝に屋台などの解体なので


屋台のゴミを片付けて


今日は終了

オレ「さ~帰ろう」


アホ嫁「・・・・・・・」


アホ嫁「今からスーパー行くよ!」


オレ「何しに?」




アホ嫁焼きそば買いに行くよ




オレ「マジ??」



アホ嫁あったりまえじゃん!!


アタシが今日、何しに来たと思ってんの!!!


焼きそばを焼きにきてんだよ


それなのに~


一個も焼いてないんだよ!!!!


さっさと行くよ





かき氷ではアホ嫁


頭は冷えてないようです


そんなに焼きたかったのか




アホ嫁!

AD