私がナーナに出逢ったのは2011年の年末のAさんのサットサンに参加していた時でした。
スピリチュアルも覚醒にも興味は無く、ただ「より良く生きたい、良い世の中にしていく為に
微々たる力でも役に立てる自分でありたい」そんな事を思って一生懸命生きてきて、
気がついたら、ナーナに出逢って仲良くなっていた私です。

ナーナに出逢ってから、色々な気づきや、全身に広がって行った痺れなど…様々なことが起きました。
(Aさんからは個人セッションで、それはクンダリーニだと言われました。)
そして「こうでなきゃいけない」から「こうでも良いじゃないか」とシフトしていき、
どんどん静かに居られるようになっていきました。
でもその頃の私はそれらの事はAさんのサットサンに参加していたから起きた事だと思っていたのです。

そしてナーナのサットサンガのお手伝いをするようになり、ナーナの元に集まってくる方々から
『ナーナに出逢えた奇跡』を知らされていくことで、私に起きた気づきや体験は全てナーナのお陰だったと
気づいたのは随分と後になってからの事です(いやはや呑気というか知らないというか…笑)

ただ私が思うには肉体があってこの次元に生きている以上、ナーナからエナジーを受けて自分が
良くなることだけに満足するのではなく、ナーナから受けた恩寵を自分の今置かれている場所を
良くする為に努力したり行動するなど…生活に活かしていくことこそ大事なことではないかと思っています。
「個の為だけではなく全体の為に生きる」ナーナの望みもそのことだと…

今回感想文を書くと決めてから、ナーナのブログを読み直しました。
ナーナのように完全覚醒し本質と一体になると(本質に戻ったというのか)肉体にとどまっている事が奇跡である事を改めて思うと共に
そのナーナに出会う事ができ、しかもその恩寵を受けられることがどれ程有難い事なのかを改めて感謝しました♡

また、ナーナが肉体にとどまっていることの大変さをもこの頃とみに感じています。
一月に一度、重い荷物を持って東京のサットサンガの為に来る事で、とうとうナーナは腕を痛めてしまいました。

今のナーナの状態を見ると、いつまで東京に来て貰えるだろうかと思います。
ナーナがいうには私達からみると無くなっている状態がより自然であるそうで、話したり体を動かしたりするのは大変なようです。

私はナーナが真の実在である前に大好きな友達なので(こんな事を言ったら東京のサットサンガに参加されている方達に怒られてしまうかもしれませんが…)
ナーナの負担を減らせるなら東京に来なくても良いから無理をしないで欲しい、逢いたいときは私が大阪に行けば良いから…と思っているのです。

ナーナには何もしなくても良いから、少しでも長くこの次元にただいて欲しい…
何もしなくてもただ居るだけでナーナの恩寵がある事をしっかり感じている今の私はそう思うのです。

それに大阪のサットサンガは開催してくれているから、何処からだって行けないことはないと思うのです。

もし東京で今後サットサンガの開催を望むのであれば、更にナーナのサポートをしなくてはならないとも思います。
私も高齢の母と高齢のペット達を抱え会社の事など…お留守番を頼まないと出掛けられない事情もあり、私のサポートにも限界があります。
どなたか東京でのサポートのお手伝いをしてくださる方がいれば、この場をお借りしてお願いしたいと思います。

終わりに…
ナーナと出逢った頃から抱えていた、母に対して心から優しく出来ない私の感情(長く支配されていたという思い)も、ナーナのお陰で毎朝、心から母をハグする事が出来るようになりました♡

そんな私になれたことを…ナーナに心から感謝すると共に、それが出来るようになった自分も褒めたいと思っています(^o^)

ナーナに心から感謝♡ナーナに出逢えた私に拍手(笑)
そしていつも大切なナーナを東京に送り出して下さるキヨシゲさんにも
心から感謝します♡

全てに感謝♡君子
愛しています♡
2016/5/20

君子さん、いつもありがとうございます♡
会場取りから受付と何からなにまでお世話になっています。
彼女を言葉にするなら「愛」と「元気」そのまんまです。
参加者の皆さんをいつも温かいハートで迎えてくれます。
今回ナーナのことを気遣ってコメントを書いてくれました。
今後についてナーナからお伝えしたいこともありますが、サットサンガでお話しますね。

pranahna『真我が目覚めるとき』
http://pranahna.com/
AD