カウンセリングルームプレム

新宿にて安い料金でのカウンセリングを提供しています。厚労省によりその効果が認められた認知行動療法の技法を主に使ってカウンセリングにあたります。複数のカウンセラーが、それぞれの強みを活かして対応致します。カウンセリング方法は多様。セミナーも実施中。

NEW !
テーマ:

倒れるだけで腹筋ワンダーコアぁ~♪

のCMでおなじみの腹筋トレーニング器具。

 

一番太っていた昨秋から5キロやせたのもあり

使う機会がないのと一部に問題があり粗大ゴミに出した。

 

収集日早朝に出せないので前日夕に指定場所に出して

安心していたのが、当日係が電話で器具を確認できなかったと

連絡。出し忘れなら再度申し込めと。

「へっ??どーいうことっ??」

 

管理人さんに問い合わせたところ、指定日朝出勤したら

シールなしの器具が指定場所と離れた場所に放置されていて

清掃の方々もなぜ?と思っていたそう。

 

出した後、誰かがどこかに持っていき使うのは別にいい。

シールはがして、更に指定場所以外に放置するとは

どういうことだろう・・・腹立たしさを抱えながら仕方なく再度

受付センターに電話。

すると、「いいな♪」と思い持ち帰ったものの、

「やっぱりいらない!」と返すケースがたまにあるとか。

 

300円を再度払うことになり、不快な気分になったけど

ずっと怒ってるのもと、何とか気持ちの落としどころをと

見つけたのは「東京都に寄付したと思おう!」だった。

 

ご近所さんにそう話したところ、まこと穏やかなその方は

「貴女のおかげでちょっとの間でも楽しめた人がいたのよ~。

幸せのおすそ分けよ~、よかったじゃない~」と。

 

この違いに、自分の自己中心性を反省する。

 

東京都に寄付して(あげた)...これってある意味上から目線。

幸せのおすそ分け...共にある社会の人への目線。シェア。

 

去年まで物事に動じない泰然自若とした強い人になりたいと

思っていた。

ある程度の強さを自覚すると今度は自分を超えた、人を、

世を思える大きな優しさを身に着けたいと思うようになった。

 

でも足りない。先のような、ちょっとした言葉にそれを感じる。

 

やっと立てた自分の場所が社会の中にある。

共にある人を、社会を思いながら生きていく。

利己でなく利他であれという

当たり前のような考えが未熟な自分。

 

腹筋よりも心に効いた「ワンダーコア事件」。

次は広い心を鍛えましょ♪

 

 

大村より

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

 

【6/25】あがり症克服1dayセミナー<東京新宿> 開催!

「本当のあがり症克服はここにある!」 

 

 

私の講座には、精神科(心療内科)や話し方教室で、あがり症の克服がうまくいかなかったという方が数多くいらっしゃいます。

確かに薬やテクニックは一定程度は軽減できますが、本質ではありません。

それらはあくまで対症療法であり、それがなければ再発したりまた別の悩みを抱えてしまいがちです。

もどかしい思いをして困っているあがり症の方々が、世の中には数多くいらっしゃいます。

この講座では、あがり症などの不安症に有効で100年の歴史を持つ森田療法と、同じく100年の歴史を持つ勇気づけの心理学アドラー心理学を元にした日本で初めての内容を、理論と実践を通して「本質的な克服」を体験して頂きます。

本当のあがり症克服はここにある!
きっと目から鱗の体験となるに違いありません。

 

 

 

ストアカ
 

『【6/25】あがり症克服1dayセミナー<東京新宿>』

【6/25】あがり症克服1dayセミナー<東京新宿> 「本当のあがり症克服はここにある!」  <日時>6月25日(日)10~17時 <場所>新宿区会議室(別途案内) <内容> 《午前》 ・自分の状態を知る・・・「あがり症チェック表」 ・あがり症の悪循環を知る・・・「あがり...

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

超過保護な父親の話。

娘というのはとんでもなく、表現しようのないほど

可愛い、愛おしい存在らしい。

それはわかるけれど...

 

「生きているのが辛い」

「死んでしまいたいけど、死ねない、仕方なく生きている」

ため息とともに娘の口から出る言葉。

 

そりゃ、そうでしょう。

だって、あなた、ちゃんと生きていないもの

身体健全なのに。

 

生きている実感の持ちようは人それぞれだろうけど、

基本、日々の暮らしを重ねていけること。

内容はともかく、自分で起きて、身の回りのことが

自分なりにできて...。

(実はここが病気、障害と健康の境目でもある)

その上で夢や目標を持てたり、達成への努力の時間を持ち、

達成感を得られたらなお実感は強くなる。

 

しかしくだんの父親は娘の「辛い」の一言に即座に反応、

言われるままに色々買い与え、飛び回り...

娘は救われるどころか、更に虚無感をかかえ辛くなる。

だって彼女は何もしていないから。

彼女がするべき課題を父親がこなしてしまっているから。

 

二人には自分の課題は自分ですることが大切、

人の課題を取りあげない、踏み込まない...と何度言っても

伝わらず安直な方へ流れてしまう。

 

自分に自信がない、生きている実感がない、

どうしたらいいかわからない...そんな言葉をよく聞くけれど

 

自分のするべき課題を自分でこなすこと、まずは日々の積み重ねを、

そして自信をつけるのが一番だと思う。

 

自信をつけるには経験すること。

失敗も次につなげれば学びとなる。

成功すればなお良し。

 

辛い、悲しい気持ちは声に出して、必要なら協力をあおごう。

それでも行動するのは自分自身。

それは自分の課題だから。

 

対人関係はじめ他の色々な問題も

「これは誰の課題なんだろう?」という視点で考えると

問題の本質が見えてくる。

誰が何をしたらいいのか、しない方がいいのか...

 

降りかかる色々な問題を「課題」という点でさばいている

大村でした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。