笑われても良い

テーマ:

目の前で起きていることへの対応に四苦八苦し、

今あるものを守ろうと一生懸命になっている。

 

こちらの火を消せば、あちらで煙が立ち、

こちらで修復をすれば、どこかで壊れていく。

 

まだ小さな組織なのに、

成長の途中なのに、日々の奮闘に追われていた。

 

大切な社員と社員の家族のために仕事をして、

そのために心血を注いできたのだけれども、
どこかで守ってしまったのかもしれない。

 

守り切るのは、攻めるよりも難しい。

それを痛感した昨年1年間だった。

 

もう1度、原点に戻ろうと思った。
なぜ、経営者になったのか。

 

この業界で働くエンジニアの人たちが、

働きやすい会社を作りたかった。
 

そして今、「働きやすい」から「働きたい」会社へ

進化させていく必要を11年の時を経て求められている。

 

これまで取り組んできた雇用環境の整備に加えて、

成長機会と雇用条件の改善が必要不可欠な時になった。

 

・雇用環境(ダイバーシティ、ワークライフバランス)

社員一人ひとりが活躍できるよう、

様な生活環境にある人たちの働く場所を整えること。

 

・成長機会(人の成長=人財)

個人のスキルが磨かれる仕事を受注できるような努力。

社員の成長が人財となり、次なる営業機会へ発展。

 

・雇用条件(物心共に豊かに)

営業利益を確保して年収のベースを上げる。

業務の中に教育機会や挑戦機会を作る。

 

長時間労働ではなく仕事とプライベートが両立される、
そういう職場を求めて11年間経営をしてきたが、
今後は、この3方向の調和が必要。

その実現のために、多くの人に出会い学び、
本を読んで学び、新たなステージで挑戦し続けよう。

2008年、ワークライフバランス推進と言って笑われた。

また、笑われても良いじゃないか。

AD