クロスロード

テーマ:

本心を言えば、「もっと一緒に仕事がしたい」。

それは当たり前のこと。

一人ひとりの過去と現在を受けとめて

共に未来を信じて歩んできたのだから。

 

昨年度まで、当社は正社員の離職率がとても低い会社だった。

しかし、残念ながら今年度は退職者が出た。
 

新卒採用した者が初めて退職した。

その後の話を聞くと、あまり良い話を聞くことができない。

20年、育て上げた親御さんへ申し訳ない気持ちになった。

 

3月末、これまでインバウンド向けプロジェクトで活躍してくれていた社員が、

次なる目標、インテリアデザインの世界へ挑戦することになった。

畑違いの業界だが、ぜひ挑戦し成功して欲しい。

 

4月末、初めて管理職が会社を去ることになった。

ソフトウェア開発会社から事業会社へ転身するとのこと。

膝を突き合わせて話したが、決断が変わることはなく、

今は、彼を応援してあげたいと思っている。

 

出会いがあれば、別れがある。

けれども道が続いてさえいれば、また出会うことができる。

そう思うから。

 

2月1日。プロジェクト管理も経験したことのある方が入社。

今夏、今秋に大きく伸びる可能性のあるプロジェクトに参画。

そして4月1日。新卒、既卒、中途併せて、5名の入社が確定。

 

今年度の求人活動もいよいよ大詰め。

2月1日と4月1日で6名の採用が確定し、検討中の方が2名。

 

新卒は、会社の希望。

『新卒を見れば、その会社が解る』とも言われる。

日本社会からお預かりした若者たちを社員と共に育てていきたい。

 

転職組には、新たな場所(PRECIOUS SQUARE)で

新たな景色を見て、新たな風を吹かせて欲しい。

 

出会いがあるから歩いて行ける。

意志と覚悟が継承できれば、企業は存続していくだろう。
そう願う。

 

AD