美容外科医のノート  室 孝明(東京&福岡 ヴェリテクリニック)

目・鼻・アンチエイジングにこだわり続ける美容形成外科医、室 孝明(むろ たかあき)のブログです。美容医療の初心者の方からベテランの方まで幅広く参考になる情報とお得情報をお送りいたします。
バランスのよいお顔作りに定評があります。

ほうれい線やマリオネットラインと並び加齢の悩みの1つに、ゴルゴ線があります。
{6BBC11F3-F48D-4C3F-B2A9-4E41B9014964}

頬を斜めに走る線のことをいい
{00B3C24B-0A9F-4E6F-92FC-0E166D1E5C48}

医学的にはnasojugal grooveからmidcheek grooveにかけて連続する線を指します。


顔にはいくつかの区域に分けられた脂肪組織がありますが、それらがたるんでも支える靭帯様組織がさほど緩まないためハの字型の凹みが目立つというメカニズムがあります。

一般的な治療法はその靭帯の前後、あるいは上下にヒアルロン酸やコラーゲン、PRPなどを注入して凹みを改善させるのですが、中には凹みがきれいに治らない方がいます。これは脂肪を支えている靭帯様組織が皮膚ともしっかりくっついているためで、そのタイプの方にいくら注入系治療を行っても周りに流れるだけで凹みはある程度以上は改善しません。

もちろんネット上で流れるマッサージなどの方法では治りません。解剖に基づいた治療が必要になります。

当院ではメニューに載っていないいくつかの手術がありますが、その1つが『ゴルゴ線除去手術』。1mm程度の小さな傷跡はほぼわかりません。注入系治療で完全に凹みが治らない方にオススメの治療法です。

先日モニターさんがこの治療に満足されていましたのでお伝え致しました。後日アップしたいと思います^ ^







本美容外科医のノート本

おしまい
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ムロ先生♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント