美容外科医のノート  室 孝明(東京&福岡 ヴェリテクリニック)

目・鼻・アンチエイジングにこだわり続ける美容形成外科医、室 孝明(むろ たかあき)のブログです。美容医療の初心者の方からベテランの方まで幅広く参考になる情報とお得情報をお送りいたします。
バランスのよいお顔作りに定評があります。


テーマ:
テニスに興味がある方もない方も、なんとなく錦織選手🎾が勝ったか負けたか気になる方は多いのではないかと思います。

{FFD60992-5583-4422-941B-385EB94AF9AD}

今放送されている2017年全仏オープンは錦織選手が不調の中徐々にギアをあげてきているのがわかる視聴者冥利につきる試合ばかり。一昨日のチョン選手(韓国)との大接戦を制した錦織選手はついにかつてないレベルまで集中力を高めることに成功し、神がかったプレイを連発しベスト8に進出しました。次戦は現在世界一のアンディーマレー戦ですが、番狂わせでなく勝てる要素はたくさんあると思います。

サッカーや野球ほどのメジャースポーツではないですが、日本人初のATPランキングトップ10入りを果たし5位にいたこともありました。コートカバー能力はコーチのマイケルチャンを彷彿とさせ、最終セットの勝率はなんと歴代一位🥇、、、ボルグやマッケンロー、レンドル、フェデラー、ジョコビッチを差し置いた歴代一位🥇なのです。

彼のメンタルは筋金入り(^^)  一昨日のチョン選手との試合ではラケットを叩き折って張本さんに『世界に笑われるからやめてほしい』と苦言を呈されていましたが、それはテニスというスポーツを理解されていない発言。行為自体は確かに褒められるものではありませんが、誰もが誰よりも練習してきたという自負とともにたった1人で時には五時間近い試合を何日も繰り返し行うテニスという競技はあまりに過酷なのものなのです。

はたから見れば、あ〜うまくいかなくてイライラして子供みたいにラケットを叩き折ってしまったんだね、、、👶となるのでしょうが、恐らくラケットを叩き折ったことのないトッププロは少ないのではないかと思います。常に優勝を目指してきた努力とコンディションコントロール、試合での自身のプレイ、結果が結びつかない時ほど、フラストレーションは溜まるものですから。

2年前涙を飲んだ全仏オープン🎾

最大のライバル、アンディーマレー選手にぜひとも勝ってほしいものです^ ^


10代の頃から錦織選手には天性の素質があったことを全盛期のフェデラー選手が語っていたことがあります。そしてマイケルチャンコートを迎い入れ、逆境を超える精神力と勝負強さを手に入れました。


マイケルチャンコーチは錦織選手に【Believe yourself(自分自身を信じろ)】となんども言ったそうです。弱気なメンタルに打ち勝つには徹底的に自分自身を信じ抜くことのみが唯一の解決策。

本当にとても難しいことですが、テニスに限らず逆境や人生で辛い時期を乗り越えるヒントとして、私もかつてのコーチの言葉とともに胸に刻んでいます。


世界にも日本にも美容医療業界の名だたるトッププロがいます。錦織選手のように『勝てない相手はもういない』とは言えませんが、勝負強い錦織選手のように何かの部分で鮮やかな色を出したいと思います。


連日厳しい試合をしている錦織選手をよそに、先日高校時代のテニス部の仲間たちとゆる〜いテニスをしました笑笑

{C18CBF95-B885-4053-9AA3-2806BC560F6D}

25年ぶりの団体戦のメンバー^ ^
昔のようにはいきませんでしたが、久しぶりにリフレッシュできました。


これから10日間、集中力を高めて手術に挑みます☆











本美容外科医のノート本

おしまい
 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ムロ先生♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント