美容外科医のノート  室 孝明(東京&福岡 ヴェリテクリニック)

目・鼻・アンチエイジングにこだわり続ける美容形成外科医、室 孝明(むろ たかあき)のブログです。美容医療の初心者の方からベテランの方まで幅広く参考になる情報とお得情報をお送りいたします。
バランスのよいお顔作りに定評があります。


テーマ:
急速に緊張感が高まっている米朝関係。

{968AEF30-5F06-4294-820C-EA5B96FE53E6}

{D1DF0501-EF89-4D26-9F7B-3D959F01CEBF}

共通しているのは比類なき髪型のみ

国際戦略の外交カードとしての武力行使は一気に戦争を引き起こしてしまうのか?そうなれば日本はまず狙われることになるでしょうが、これまでから北朝鮮🇰🇵は度重なる核実験やらミサイルやらで世界を煽ってきました。

そして歴代の大統領はそれをいなしつつなんとか平和的な解決策を探ってきました。

北朝鮮🇰🇵という超独裁国家に対して、何が有効なのか?外交だけでなく経済や文化面でも数多くのTry&Error(トライアンドエラー)を繰り返してきました。

トライアンドエラーとは、少し試しては良いかどうかを判断し、特に悪くなければさらに試してみる、それでも悪くなければたくさん同様のことを行う。そしてその中でまずいことが起きれば、直ちに撤収!何事もなかったかのように別の方法へとシフトするというもの。

数ある外交の中で北朝鮮🇰🇵というブラックボックスに対してはそうせざるを得ない部分があるのでしょう。現在トランプさんはこれまでにないレベルのトライを行うようですが、北朝鮮が体裁を整えられる逃げ場をきちんと作って追い込んで頂かないととんでもないことになってしまうような気がします。

話は変わりますが、美容医療においてもまさに「トライアンドエラーの繰り返し」が起こっています。手術においてはその繰り返しによって新しい術式が生み出されますし、リスクしかないと言われていた治療が突如称賛を浴びる場合もあります。

医学は学問である一方で、人体に大きな影響を与えるもの。薬などの治験はかなりの時間とコストをかけて安全性と効果について幅広く検証します。ただし、大した臨床試験をおこなっていないまま流通してしまう、いわば流行りの商品もあったりします。


昔の美容トラブル症例を知っている医師の多くは、今の現状を似たように感じていると思います。

シリコンゲルやパラフィン注入によるトラブル、そして今もなぜか行われているア◯アミド。



ア◯アフィ◯ングなど成分にポリアミドが含まれた豊胸用注入剤も少し前から議論があるところです。

癌化のリスクが報告され、韓国では学会から使用すべきでないと注意喚起がなされました(日本でも注意喚起されています)。

いや〜さすが美容大国韓国^ ^、、、ではありません。

アジア圏で爆発的なスピードで流通させたのはどこの国?

99%が水でできた、というキャッチフレーズは確かに患者さんの心を鷲掴みにします。爆発的に流行するのもうなづけます。

確かウクライナで開発された?ものだったように思いますが、本当に十分なトライアンドエラーがなされたのでしょうか?癌化するにはある程度の観察期間が必要ですが、、、


薬理学の友人から聞いていたリスクがまさに今問題になっていることに驚きを隠せません。

時には試してみることも必要ですが、それは自身でほとんどの責任を負えるものに限った方がいいのではないかと思います。


患者さんが望んだから、、、でもありません。本当のリスクを医師も知らないのに正確なインフォームドコンセントがなされたはずはありません。


使用したことがないのに言うのはずるいかもしれません。

ア◯アジェルやア◯アフィ◯ングが本当は安全性が高いことを祈りつつ、この記事が仲良くさせていただいている先生方の中止決断の一助となればいいなぁと思う次第です。














本美容外科医のノート本

おしまい

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(1)

ムロ先生♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント