宮崎県の口蹄疫(こうてい)問題で、政府が早期殺処分を求めていた種牛49頭のうち2頭で口蹄疫とみられる症状が出たことが28日、分かった。県が農林水産省に連絡した。
 東国原英夫知事は同日、近日中に49頭すべてを殺処分とすることを明らかにした。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
口蹄疫特措法が成立=政府の対応を加速
特措法「感謝したい」=種牛49頭の処分、法令に従う
特別交付税補てんに前向き=口蹄疫で自治体支援

子ども時代の体験重要=やる気、生きがいと関連―青少年機構(時事通信)
公金横領の小中学校職員3人懲戒免…名古屋(読売新聞)
<普天間移設>「条件付き容認」辺野古区の行政委員会が決議(毎日新聞)
急発進で転倒、警官大けが=「酒飲んでた」男を逮捕―大阪府警(時事通信)
路上の血痕は男性発見現場集中 大坂・港区引きずり死(産経新聞)
AD