岡田克也外相は21日、来日したクリントン米国務長官と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について5月末の決着で努力することで一致した。クリントン氏は、会談後の記者会見で「運用上、政治上、持続的な解決策を見いだしたい」と述べた。

 また、韓国海軍哨戒艦の沈没事件については「北朝鮮に強いはっきりしたメッセージを出すべきだ。挑発行為には報いがある」と語った。

【関連記事】
普天間問題 福島党首「閣議了解サインせず」
辺野古明記に難色 首相、曖昧表記要求 普天間移設の日米合意文書
「早く、明確に聞きたい」 普天間問題で米議員、国民新党の下地氏に
哨戒艦沈没報告 北に断固たる制裁とれ 日米同盟強め韓国と連携を
小沢氏「普天間、すんなりいかない」
中国が優等生路線に?

小林氏陣営、会計担当者の初公判=起訴内容認める見通し―北教組の違法献金事件(時事通信)
水商売バイトは当然…詐欺や強姦、学生の犯罪エスカレート(産経新聞)
コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
給食費滞納減少の切り札に? 子ども手当と同一口座(産経新聞)
<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
AD