高知選挙区(改選数1)では立候補予定者4人ともホームページなどで日常の活動を紹介しているが、浮動票獲得に向けた戦術については「これから検討したい」という陣営が多い。

 「ネット選挙」に最も力を入れているのは自民新人の高野光二郎氏の陣営。後援会の若手会員の意見を取り入れ、ホームページの背景などを刷新。高知県内のブログランクにも登録し、以前は50~60位だったのが、10位前後まで上昇した。陣営は「アクセス数が増えており、今後も修正を重ねたい」としている。

 共産新人の春名直章氏はブログを毎日のように更新し、活動内容を紹介。雨の中で街頭演説を行った際には、その動画を取り込んでいる。陣営は「日々の活動をできるだけ多くの人に伝えたい」という。

 無所属元職の田村公平氏もホームページとブログが中心だが、支持者に年配の人が多いこともあり、「どこまで効果があるか不明な点も多い」(陣営)。ツイッターについては「問題が多いのでやらない」という。

 民主現職の広田一氏の陣営は「(ネット選挙の)重要性は分かっている」としながらも、スタッフの人員や「基本は1人でも多くの人と対面する」という選挙戦術からなかなかネット戦術まで手が回らないという。「ホームページの活動報告でブログの代わりにしたい」。

【関連記事】
政治家もネット力大切 ツイッターなりすまし
ネット選挙解禁、会期延長なければ「白紙」
ツイッターで民主党参院議員16人のなりすまし出現
ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき
【メディアと社会】安易な「タレント」候補擁立の危うさ 渡辺武達
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

振興銀の債務者向け110番実施 対策弁護団が6日に(産経新聞)
<地震>岩手、宮城で震度3=午前7時39分(毎日新聞)
【ゆがむ郵政「改革」】慣例崩す「法案」強行採決…審議わずか6時間(産経新聞)
日本漫画家協会が都青少年条例改正に反対声明(産経新聞)
野口さん、親しみやすい飛行士として活躍(産経新聞)
AD