青森県六ケ所村の核燃料再処理工場内で、作業で生じた放射性廃棄物が数百袋のポリ袋に入れて未処理のまま仮置きされていることが10日分かった。経済産業省原子力安全・保安院が実施中の保安検査で判明した。運営する日本原燃は「施錠した室内に置いてあり、管理されているという認識だった」と説明している。【山田大輔】

【関連ニュース】
日本原燃:炉内温度変化で耐火レンガ破損 核燃再処理工場
直嶋経産相:低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請
夕張市:カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?
六ケ所村:高レベル放射性廃棄物、英から初搬入
特集:高速増殖炉「もんじゅ」14年ぶり再開へ 最終処分場、めどなく

岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲-外相(時事通信)
火災 住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
<日比谷線>事故から10年 関係者が冥福祈る(毎日新聞)
<北教組事件>書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか(毎日新聞)
火災 住宅全焼 家族4人が死亡か 群馬・伊勢崎(毎日新聞)
AD