スズキ、日産、ダイハツは25日、国土交通省にそれぞれリコール(回収・無償修理)を届けた。

 スズキは軽貨物車「エブリイ」とOEM(相手先ブランドによる受託生産)提供するマツダの「スクラム」の2車種43万2366台(05年8月~09年10月製造)。エアコンの外気導入部の構造が不適切なため、雨水がモーター部分に入り、最悪の場合、火災の恐れがある。09年7月と8月、愛知県甚目寺町と新潟県長岡市で助手席付近から出火するトラブルがあった。

 日産は普通乗用車「ティーダ」とOEM提供するマツダの「ファミリアバン」など10車種7万6415台(07年10月~08年5月製造)。エンジンに接触不良がある。

 ダイハツは軽乗用車「アトレーワゴン」など4車種6万774台(98年12月~00年4月製造)。エンジンのスイッチを入れた際、エアバッグがふくらむ恐れがある。

【関連ニュース】
スズキ:インドで生産の「Aスター」10万台リコール
新車販売:1月21.5%増 エコカー減税効果追い風に
新車販売:31年ぶりの500万台割れ 09年
スズキ アルト
スズキ:インドで生産の小型車10万台リコール

羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
「性同一性」相談、小中高で十数件 埼玉(産経新聞)
関東地方にも春一番、昨年より12日遅く(読売新聞)
<性同一性障害>深刻な相談十数件 埼玉県の学校緊急調査で(毎日新聞)
外相、シェパード取り締まり要請…豪首相は消極的(読売新聞)
AD