2012-10-09 19:40:59

ジャカルタ旅行 三日目① ボゴール植物園

テーマ:ジャカルタ旅行

今日はジャカルタから電車で一時間と少しの所にあるボゴール植物園に行くことにしました


ホテルからタクシーで、急行が止まる筈のガンビル駅に行ってボゴール行きの切符を買おうとしたのですが、売り場がよく分かりません。駅員のような人に聞くと

>ボゴール行きの切符はこの駅では売ってません。隣のゴンダンディア駅に行ってください。

>えっ、そうなんですか。

どうしてここで売っていないのか、急行が走ってないのか、それとも私の聞き方が悪かったのか、今でもよく分からないのですが、あわてて表に出て、タクシーは渋滞で時間がかかりそうなので、バイクタクシーに乗り、ゴンダンディア駅に向かいました。さすがに車の間をすばやく走り抜けることができて、すぐに着きました。しかしこの駅は私のホテルの近くにあるのです。とんだ遠回りをしてしまいました。

ここでボゴール行きの切符を買いホームに出て、向かいのホームに入ってくる電車を見ていて驚きました。ドアが開けっ放しなのです。何でしょうこれは、信じられません。日本なら当然大問題。あのマニラでも電車はドアをキチンと閉めてます。


                     <ゴンダンディア駅>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk37

             <ドアを開けたまま走ってます!>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk38



そして私の乗る電車がきたのですが、行き先の表示がありません。駅員に確認して乗ると、やはりドア開けっ放しです。おまけに車両はひどく汚れていて、気のせいか雰囲気も良くない感じです。

私は目立たないように端の席に座り、日本人と分かるとどういうタカリにあうか分からないので、ばれない様に眼鏡を外し、バッグをかかえおとなしく座ってました。外の風景を楽しむ余裕などありません。

車内は新聞果物文房具などの物売りが引切り無しに来てうっとうしいです。彼らも金を稼ぐのに大変なのでしょうけど。

緊張の1時間20分が過ぎて着きました。ボゴールは終点です。乗客が皆降りたのでここがそうなのでしょうけど、駅名の表示がありません。信じられないことばかりです。不安になりそこにいた新聞売りに聞きました。

>ここはボゴール駅ですか?

>ああ。

それで駅を出て通りに出て、そして・・・・ここからどう行けばいいのでしょう?方向が全くつかめません。こういう時はタクシーに乗って行き先を言えばいいのですが、そのタクシーが一台も走ってません。


後で調べて分かったのですが、私は駅の反対側に出てしまったのです。つまり地図の方向が逆になってしまったのですが、その時は全然気が付きませんでした。


仕方ないので人に聞くと、幸い、親切に教えてくれました。

>ここを5分くらい歩く。「2番」の車に乗る。料金は2000ルピア(20円)。

そのとうりにしてやっとボゴール植物園の入口に着きました。もうヘトヘトです。

・・・ああ、ガイドのいるツアーにすればよかった。そう思いました。

            

                  <これに乗ってボゴール植物園へ>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk39

               <植物園の入口 やっと着きました>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk40


しかしそれでもこの植物園はすばらしかったです。

中に入ると熱帯性の植物、草木。うっそうとした自然そのままの世界が広がってます。目障りになるような売店がありません。見物人も少なく、ゆったりした気分で歩いて行くと、次第に心身がリフレッシュしてくるのが分かります。

幼稚園の遠足の子の写真を撮ったりして約一持間半、見て歩きました。



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk41



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk42



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk43



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk44



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk45



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk46



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk47



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk48



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk49



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk50



植物園の外に出ると、そこにあるのは屋台と匂いのするドブ川。現実の世界に引き戻されてしまいます。

                  <植物園の外側>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk51


来たときと同じように「2番」の車に乗ってボゴール駅に戻りましたが、今度は正面の入口に着いたので、来た時と様子が違います。


                 <ボゴール駅です>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk52


散々迷いながらやっと切符を買い、何とかジャカルタ行きの電車に乗りました。帰りはドアの閉まる普通の電車でしたが、混んでいたので最初の30分は立ちっぱなし。

               <ドアが閉まる普通の電車>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk53

               <電車の窓から見たジャカルタの街>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk54


ゴンダンディア駅に着いてバイクタクシーでホテルに帰ったのが15時頃。まだ昼食を食べてません。ホテルの隣の7-11でご飯のような食べ物を買い、日本と同じように温めてくれます、それを食べてシャワーを浴びてやっと一息。いや~疲れました。ガイドのいない旅行は大変です。



        続きは一週間以内に更新予定




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ppjjさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■ガイド

何とかなるだろうと一人で行ったのですが、実際のところホント大変でした。
海外初めての土地はもっと慎重に考えたほうがいいですね。

3 ■お疲れさまでございます

いやいやガイド無しでしかもお一人で行かれたのですか?

怖さ知らずの私でも無理そう(笑
植物園は大きな樹木があったり(のどかな感じがいいですね)
私も一度でいいのでこのような旅してみたいものです。続き楽しみにしています^^

2 ■電車

いやほんと、目の前にドア開けっ放しの電車が来たときはビックリ!しました。
発展しているところと、そうでないところの格差がある感じです。

1 ■お疲れ様でした

いやいや、ご苦労をなさった様子。しかも暑いさなかですからタイヘンでしたね。

それにしても扉が閉まらない電車とはオドロキました。更新をタノシミにしていまーす。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。