1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-10-25 22:40:38

ジャカルタ旅行 七日目 ジャカルタ→成田

テーマ:ジャカルタ旅行

本日23時15分の飛行機で日本に帰ります。

しかしチェックアウトは12時。午後はどうしようかな~と考えながら、午前中は荷造りをして、そして貴重品は・・・どこへしまえばいいのでしょう。

ショルダーバッグでは引ったくりがこわいです。旅行カバンに入れてホテルのフロントに預けるのもいいのですが、やはり自分の手元においておきたいです。

それで首からぶら下げる貴重品入れ(ネックポーチというらしい)に、パスポート現金航空券を入れて首から下げ、上にシャツを着る、という事にしました。このようにして服の上から触ると、ここにあるのがすぐ分かるので、安心です。

12時前チェックアウト。旅行カバンをフロントに預け、大通りに出て立派なビルを見ながらぶらぶら歩いて行くと1時間で国立博物館に着きました。


                     <中心部は立派です>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk104


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk105



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk106


暇に任せて中を見ていると、小学生の女の子の一団がいたので記念に写真を撮ってあげると、一斉に大きな声で

>サンキュー

と言われてうれしかったのですが、インドネシア語で「ありがとう」は「テレマカシー」の筈。英語を教えている私立の小学校でしょうか。


                        <博物館の中>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk107


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk108


                <小学生のグループ 後ろ中央は先生>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk109


                     <博物館の入口>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk110

そこから更に歩いて行きました、マリオボロホテルへ(三日目に行ったスパ)。以前と同じようにフロントで

>スパ

そして番号札の付いた腕輪を受け取りカメラを預け右のドアを開け、今日は左にあるスパを利用しました。

ロッカーで貴重品の入ったネックポーチをショルダーバッグに入れて、用意しておいた鍵をかけ、それをロッカーにしまってそれにも鍵をかけ、紛失しないように万全の準備をしました。そうして見ると大きなパンツが置いてあります。それをはいて風呂に入る、という事です。、それで風呂に入るとどうも腰のあたりがブカブカして落ち着きません。それでも今までホテルではシャワーだけだったので、一週間ぶりの風呂は気持ちよかったです。

他に客が2~3人いて、それが日本人です。その日本語での話を聞いていると日本の温泉宿にいるような気分になります。そうしてゆっくりして風呂からあがり着替えて、そして2階にいって迷わず右の部屋へ。


今日もいましたAクラスの美女が30人くらい。どの子も色白ボディコンミニスカート。ほてった身体に冷たいビールを飲みながら、このような美女を眺めていられるのはなんとも言えないぜいたくで気分がいいです。

途中、店のママがきて

>女の子はどう?

今日はもう金を使う気がしないので

>ノーガール

と言って断りました。

30分くらいボンヤリユッタリ休んでフロントで清算。千5百円でした。


夕方が近くなってきたのでタクシーでホテルに帰りました。

さて、ホテルから空港までどのくらいかかるのでしょう。来たときは1時間(料金は2千円)かかりました。市内の渋滞が心配です。早めに出るのが賢明です。

17時50分、預けておいた荷物を受け取りタクシーに乗りました。ところがどういうわけなのでしょう、渋滞には会わないですぐに高速にのり、あとは空港まで一気に突っ走り、着いたのは18時30分。たった40分しかかかりませんでした。料金は千百円。チップを百円で計千2百円。出発まで約5時間あります。

まずは入口で休んでからチェックインカウンターへ。この空港のカウンターは横一列にズラリと並んでいます。私の乗るガルーダインドネシア航空のカウンターが・・・・見つかりません。カウンターの前を何回か往復して、やっと分かりましたが、その文字(Garuda Indonesia)が小さいのです。だから容易に分からなかったのです.。ボゴールに行ったときの駅の表示もそうでしたが 「利用者に分かりやすく表示する」 という考えがないのです。こういうところが疲れます。

それでカウンターに並ぼうとすると、女の職員が

>イエローバンド、何とか

と言って後ろを指差します。見ると、荷物を梱包する際によく使用する黄色のPテープがあって、係員が預け荷物にテープを巻いてくれる、というわけです。

それを終え、カウンターでは夜行便なので

>通路側の席をお願いします

と言って、搭乗券をもらってほっと一息。


          <空港の入口。 日本の地方の駅の改札のような雰囲気>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk111

その後、喫茶店で時間をつぶしたりして適当にすごし、定刻より少し遅れの23時30分、女の子の思い出多いジャカルタを飛びたちました。


                <コーヒーのシャーベット 4百円>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk112



                      <免税店>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk113



                   <搭乗口への通路>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk114



                 <搭乗口。洒落た造りです>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk115



                  <私が乗るGA884便>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk116



            <飛行機に乗ったところ。右のCAは美人でした>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk117



すぐ寝たのですがトイレに行きたくなって途中で目を覚まし、その後4時30分機内の灯りがついて、5時に食事が始まったので、2~3時間しか眠れませんでした。朝食は「和食か洋食」の「和食」をたべましたが、おかゆがでてきて美味しかったです。8時30分成田着。楽しかったジャカルタ旅行は終わりました。


                 <朝食。おかゆとパンがでました>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk118


                        <成田に到着>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk119


10数年前、初めてフィリピンパブに足を踏み入れ、フィリピーナの明るさ陽気さに魅力を感じ、要するに「はまって」しまいました。

   *私のような中年男はたくさんいます

その後フィリピンに行き、タイ・ベトナムにも行ってみて、その国にそれぞれ魅力のある女の子はいましたが、明るさ陽気さではフィリピーナに勝る女の子はいませんでした。

ところがです、インドネシアンはそのフィリピーナより更に明るく陽気だったのです。これは私にとって大発見でした。例えばカラオケで歌わせると、歌いながら踊りだします。フィリピーナにはこういう事がありません。というわけでジャカルタは何度も行ってみたい国です。しかし。

・遠い・・・飛行機で7時間30分 東京~ジャカルタは6千km(ハワイと同じ) 私の地図で22cmもあります。

・高い・・・航空運賃は大体8万円~10万円。 LCCで5万円~

・治安・・・よくもないし悪くもありません。正確にいうと「マニラよりいい、バンコクより悪い」です。夜の外出は車を利用するのが無難でしょう。

・遊び・・・ゴーゴーバーはありません。カラオケは個室でボトルキープが普通。このへんは好みでしょう。



そういうわけです。今度はどこに行きましょう。まだ行ったことのない台湾、ゴーゴーバーのあるバンコク、それともどこか他の国へ。

これからゆっくり考えます。





             ジャカルタ旅行・・・・終わり






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-10-21 10:54:05

ジャカルタ旅行 六日目

テーマ:ジャカルタ旅行

朝、ゆっくり起きてホテル付近を散策(するほどキレイな所ではありませんが)。サリナデパートで独特の模様のクッションを見ていたら欲しくなったので、自分の土産に買い、午後はこのブログの文章を書いたり、明日帰国なので荷物を簡単にまとめたりして過ごしました。


                     <スターバックス>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk92


                    <ダンキンドーナッツ>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk93



                       <マクドナルド>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk94



               <ほかほか弁当…レストランです>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk95



               <きれいな模様のクッション。3千円>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk96


夕方、クラシックホテルへ。3P4千円の店へ再び、です。

   
                    <3階から下を見たところ>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk97



前回(二日目)と同じようにエスカレータで3階に上がりカメラを預け中に入って女の子を見ていると、ママが最初から女の子を一人連れてきて

>この子はどう

これがかわいい子で即決。

>もう一人選びますか

>はい、お願いします

こういう場合、2人の気のあった遊びが大切なので

>それでは、彼女の友達をお願いします

その場でママに4千円支払い、少し待って2階の部屋へ。


それで私の選んだ子を見ると、目ははっきりと形よく、何も着てないその姿は出ているところは出ていて、ウエストはほっそりして、スタイルは抜群。ちょっとしたグラビアアイドルという感じ。そしてもう一人は巨乳です。それが 「デブの巨乳」 ではなく、「普通のスタイルの巨乳」 です。紡錘形に形のいいそれは、日本ではなかなかお目にかかれません。

スタイルのいい子と楽しみながら彼女の巨乳に触るのは、う~ん、たまりません。快楽快楽。男に生まれてよかったな~と思うのは、こういう時です。

それで年を聞くと、2人とも

>19才

ああ、最高です。何もいうことはありません。これで4千円。ジャカルタ大好き!

終わってチップを千円ずつあげました。

3階で休んで、その後タクシーで

>ブロックMカラオケ、プリーズ

今日が最後のブロックMになります。

プラザブロックMというショッピングセンターで夕食にナシゴレン(炒飯)を注文しましたが、ここも酒類は置いてませんでした。


                      <プラザブロックM>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk98




フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk99



                    <ジャカルタ名物ナシゴレン>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk100



CLUB-J…三日目の小柄で可愛い子に会いに行きました。遅い時間だと他の客に指名されている可能性大なので20時頃入ると、いました。早速、部屋に入って飲んだり食べたりしている時、何かの用事で部屋から出るときの彼女の後ろ姿を見ると、スタイルがいいです。

>好きな歌を歌ってください、インドネシアの歌が聞きたいです、と言うと、歌と一緒に踊りだします(昨日の姉妹もそうでした)。これがなかなか楽しい。こういう子と個室で一緒にいられるのです。ジャカルタはいいですね~

 

*フィリピーナでも歌のうまい子はたくさんいますが、歌いながら踊りだす子はまずいません。インドネシアンがここまで明るいとは思いませんでした。

それで適当にイチャついているうちに気がつきました。化粧が少し濃いのです。22才くらいに見えるのですが、本当はいくつなのでしょう。

>年はいくつですか

>30才

>えっ、うそ!

>本当、子供いる、9才

ふ~ん、そうなんですか。それにしてもこの若さ、こういう子にめぐり会えて幸せです。2時間いて6千6百円。


                          <小柄でかわいい>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk101


                 <後ろ姿のスタイルがいい>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk102


   彼女の歌と踊りの動画です。 
http://peevee.tv/v?an9wf0

GEISHA…内装は清潔感があります。案内されたのは個室ではなく、大きな部屋を個室でいくつかに仕切った部屋。私は一人客で今日は土曜日で混んでいるでしょうから、これでOK。

部屋の照明が暗かったのですが、よく見ると私が選んだ子は黒髪、目が大きい南国の美少女。

接客に慣れてないようで仕事がぎこちありませんが、かえってそれがいい感じです。かわいい子は何をやってもかわいいのです。

年令は

>19才

おお、この子も若いです。オジサンはこういう子に弱いのです。この子なら何回も店にきたいのですが、これがジャカルタ最後の日の最後の店。ああ、もっと早くくればよかった、といってもしょうがないですけど。

ところがビールを飲んで30分もすると急に眠くなってきて、座ったまま寝てしまいました。やはり夕方のクラシックホテルの疲れがでてきたのです。目が覚めても頭はボ~ッとしたままです。明日は帰国なので、名残惜しく清算しました。たぶん90分くらいいて7千6百円。ボトルキープでないと少し高めです。



                  <この中から選びます>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk103


                     <南国の美少女、19才>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk460

ジャカルタ最後の日4人の女の子に会いましたが、どの子もかわいいかったでそ。いいところです、ジャカルタは。



    次の更新まで10日ほどお待ちください。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-20 11:52:28

ジャカルタ旅行 五日目

テーマ:ジャカルタ旅行

今日は・・・・する事がありません。

まずはホテルのプールサイドの椅子でゆったり。海外に来て何もしないでこのように寛げるのは、いいですね~、ささやかな贅沢気分です。それでも1時間もすると退屈してきました。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk91

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk90

昨日と同じようにプラザインドネシアに出かけ、地下1階のスーパーで土産のお菓子とドリアンの中身のパック詰めを買い、日本料理店で昼食を食べ、これは美味しかったです、ホテルに戻ってドリアンを食べて夕方まで休憩。ぼんやりとホテルで一人でいるのは何とも言えない開放感があります。

                 <ドリアンの中身 5百円>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk86
<これだけ見ていると日本にいるような>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk84

<オートバイの3人乗り>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk85

夕食は近くのレストランに行って「チャイニーズセット」というのを注文しました。つまり「中華定食」です。ところが飲み物ですが、メニューに酒類がありません。それで

>ビールをください

>お酒は置いてません

>えっ、そうなんですか。

そう言われて、ガイドブックに「インドネシアはイスラムの国なので、レストランにはお酒を置いてないのが普通です」と書いてあるのを思い出しました。本当にそうだったのですね。

代わりにジュースを注文しましたが、昼間は蒸し暑いので、ここは冷たいビールを楽しみたいところ。チャイニーズセットは美味しかったのですが、物足りません。

              <左上の飲み物はビールではなくジュース>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk87



それから女性相手のお遊びは、さすがに精力を使いすぎたので、今日は最初からブロックMで飲むことにしました。


JAWAJAWA…一日目に会ったインドネシア美人を指名。そうすると

>お姉さん、いる

>あっ、そうなの

それでお姉さんにも来てもらって3人で飲むことにしました。

このお姉さん、大学生で専攻は「日本語」だそうです。将来は先生になりたい、との事。さすがに日本語を上手に話します。それで性格が明るい。姉妹2人でカラオケ歌いっぱなし。

>日本に行きたいですか?

>はい、行きたいです

>日本のどこに行きたいですか?

>ディズニーランド!

このように若い女の子が楽しんでいるのを見ると、私も気分が若返ります。

2時間で1万円。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk88


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk89

              

   

   動画です http://peevee.tv/v?an9u5a

         http://peevee.tv/v?an9vde


BLOWDWAY…ママはスラリとした美人。てきぱきと案内してくれます。しかし22時頃入ったせいか、かわいい子がいません。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk90


やっと一人選んで飲み始めると本当に眠くなってきました。ソファーに横になっていると他の部屋から大きな歌声や騒ぎ声が聞こえてきました。そういえば今日は金曜日です(ベトナムのハノイのカラオケもそうでした)。

>あれは日本の駐在員ですか?

>そうです

・・・・以前私は 「東南アジアの駐在員は日本の高い給料で、かわいい現地の子と安く飲めてうらやましい~」 と思ってましたが、彼らには彼らの事情があるようです。

「いつ日本に帰れるのだろう。営業成績も上げなければ日本の本社からうるさく言われる」 と相当のストレスをかかえているらしいのです。それを金曜土曜になると発散させているのです。

明後日は日本に帰る私と、どちらがうらやましいのでしょう?


2時間いて8千円。少し高いのでチップはあげませんでした。





           一週間以内に更新予定



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-10-16 14:00:53

ジャカルタ旅行 四日目

テーマ:ジャカルタ旅行

昨日、一昨日と観光は一応終わったので、と言うよりジャカルタは元々名所旧跡がほとんどありません。土産物を買いに出かけました。

サリナデパートで5万円両替。これで両替したのは全部で15万円。ぶらぶら歩いて30分でプラザインドネシア、グランドインドネシアモール、高級ホテルのある一角に着きました。モールを歩いてみると、置いてあるのはブランド品ばかり。ここは見るだけです。


          

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk64


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk65



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk66



                    <ある高級ホテル>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk67



             <ショッピングセンター ブランド品が多い>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk68


ここからタクシーでブロックMのパサラヤというデパートに行きました。

*タクシーの初乗り料金は50~60円。市内を30分~1時間乗っても300円~500円です。


ここの3階は広いフロア全体にインドネシアの土産物が置いてあって、壮観というか、目移りがします。ここでバッグ、壁掛け、置物を買いました。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk70


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk71



                 <土産に買った壁掛け 千5百円>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk72


次にタクシーで骨董品が並ぶスラバヤ通りに向かいました。ところが途中で雨。荷物を抱えて車を降りるのも大変なので、車中からその骨董品屋をみましたが、どうも暗い感じがして印象もよくありません。ここは素通りしてホテルに帰りました。シャワーを浴びて一休み。


                      <雨が降ってきました>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk73


そして夕方になりました。タクシーに乗り、今日、私が行くところは・・・・

>スタジアムクラブ、プリーズ

17時頃着きました。奥にあるエレベーターで3階にいって店の中に入ってみると、女の子は4人しかいません。ここは夜から本格的な営業を始めるのでしょう。4人のうち3人はDクラス。残りの一人がBクラス。その子を選んで、受付のカウンターで3千2百円を支払いました。チップ以外に支払ったのはこれだけです。


個室はシャワーとベッドの普通の部屋ですが清潔感はあります。そして彼女のサービスが始まりましたが、二日続けて女性を相手にしたせいか、今日はどうにもなりません。

それで彼女を脇に寝かせ、そのまま抱き合うようにして寝ました。これはこれで気持ちがいいです。年は19才だそうです。う~ん、若い子はいいですね。

1時間経って部屋の電話が鳴ってお終い。

この子から>チップちょうだい、がないので、私から千円あげると、ちょっと驚いた顔をして

>これ私にか

>そう、チップです、と言うと、嬉しそうな顔をしました。たぶん地方からジャカルタに出てきたばかりなのでしょう。まだ純情なのです。

あ~かわいい。ジャカルタはいい所です。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk74


帰り際(18時頃)、店の中を覗くと、女の子は10数人に増えてました。やはり夜中心の営業なのです。

表に出ると外はうす暗く、しかもこの店は大通りから50mくらい入った所にあるせいか、人通りがほとんどなく、少々不気味な雰囲気。さっさと歩いて大通りに出てタクシーを拾い

>ブロックMカラオケ、プリーズ

ところがこの運転手、ブロックMは分かってもカラオケはよく分かっていなかったのです。

1時間程走ってもうそろそろかな、と思っているとタクシーが止まり、運転手が

>ここだ

私は外を見てギョッとしました。そこはネオンも照明もほとんど無い、うす暗いところなのです。周りを見てもほとんど何もありません。危険度は100%の雰囲気。一軒だけポツンと灯りのついた店があって、それをカラオケと勘違いしたのでしょう。いずれにしても、こんな所で降ろされたらどういう事になるか分かりません。あわてて

>ここではない、早く行ってください

それで地図を見せて説明すると、運転手は少し鈍そうな表情で

>ああ

そうしてやっとネオンがいっぱいのブロックMに着きました。少し怖い思いをしましたがほっとしました。

飲むには時間が早いので、ブロックMというショッピングセンターを見て、20時頃


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk75


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk76



YUJIRO…派手な看板のある店。期待して入ったのですが、建物は古びて女の子はBクラスばかり。これは、という子がいません。その中からおとなしそうな子を指名。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk77


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk78



案内された個室のソファーも古いです。彼女にインドネシアの曲を歌ってもらったのですが、バラード風のスローテンポの曲ばかり歌うので、今一盛り上がりません。

彼女をひざ枕にして横になりました。この格好だと私の後頭部が彼女の下腹部に当たります。これが何とも言えない柔らかさで気持ちがいいです。彼女はおとなしく座ってます。

それで私は計画的に寝返りをうちました。こうすると私の顔面が彼女の下腹部に直接当たります。う~ん気持ちがいい。彼女は何も言わずおとなしく座ってます。

調子にのってスカートをめくりあげると、彼女の下腹部が直接目の前です。あ~気持ちがいい。それでもおとなしく座ってました。

>しょ~がないな、このオヤジ、とでも思っているのでしょう。

年令を聞くと

>20才

若い子はいいですね。ますますジャカルタが好きになってきました。

2時間いて6千円。チップを千円あげました。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk79


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk80


動画です http://peevee.tv/v?an9p09


会計を済ませ表に出ると、私は余程ボンヤリしていたのでしょう、2~3軒隣の店の客引きの女の子に捕まってしまいました。


JUNKO…個室に入ってよく見ると、私を誘った子はCクラスのごく普通の子でした。話をするのも面倒になってきたので

>今日は疲れた、寝る。と言うと

>マッサージする

それでソファーにうつぶせになりましたが、このマッサージが上手なのです。

肩から背中、お尻から足。あおむけになって足からお腹、胸へ。ゆっくりていねいに強くもむように、たっぷり時間をかけて。これは本当に気持ちが良かったです。

>昼間はマッサージの仕事をしているのですか?

>いいえ、友達がマッサージの仕事をしています。それを見て覚えました。

お礼に彼女の胸を直接マッサージしてあげました。彼女は何もいいません。

ジャカルタはいいですね~ 

会計は90分いて6千円。チップを2千円あげました。



             続きは一週間以内に更新予定



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2012-10-12 19:04:02

ジャカルタ旅行 三日目② 夜の観光

テーマ:ジャカルタ旅行

そして夕方になりました。

タクシーに乗り、これから私が行くところは・・・

>マリオボロホテル、プリーズ

30分で到着。1階のフロアは狭いスペースです。フロントで

>スパ、プリーズ

番号札のついた腕輪をもらい(昨日のクラシックホテルもそうでした)、カメラをここで預けます。

右のドアを開けて左がスパですが、ホテルでシャワーを浴びてきたので、ここは省略。右の階段を上がって2階へ行きます。

そこは三つの部屋に分かれていて正面はスパの客のためのマッサージ部屋。ここは用事がありません。

左(WINE BAR)に入ると、それほど広くない部屋にインドネシアの子が10数人、料金は3千5百円、レベルはBクラス、がいて、少しだけ見てすぐに出ました。

そして右の部屋に入ると、そこはレストランの造りになっている少し広いスペースに、おおお、Aクラスの美女が30~40人、優雅に座っているのです!おそらくほとんどが外人の女、中国タイベトナムロシア等々、色白でスタイルがよくて、ボディコンの服が良く似合う子が目の前に30~40人! う~ん、これは極楽というかパラダイスというか。


こういう所です http://www.youtube.com/watch?v=PZFCzxG1k9Y


女の子を見ながらビールを飲んでいるとボーイがきて

>女の子はいかがでしょうか?

>いや、少し見てる

ところでその料金ですが、大体1万8千円らしいのです。

 ・これで昨日の3P4千円なら何回遊べるでしょう。

 ・ジャカルタに来たのはインドネシアの子と楽しむためです。

さて・・・・ここは止めました。

ビールを飲んで、WINE BARに戻って、Bクラスの子から一人選んで、3階の部屋に案内されて。ここもクラシックホテルと同じようにシャワーの仕切りは透明なので安心できます。私の相手をしてくれたのは明るい子で、この子にしてよかったです。

終わってそのまま寝ているとマッサージをしてくれました。あ~気持ちがいい。1時間たって電話が鳴ってお終いです。

1階のフロントで清算すると3千5百円以外に2千円プラスされてます。

>この2千円はなんですか?

>レディースなんとか。

指名料のようなものでしょう。それでも計5千5百円は安いです。


ロビーで休んでから、昨日と同じようにタクシーで

>ブロックMカラオケ、プリーズ

途中はやはり渋滞で1時間で到着。


          <車の窓から見たジャカルタの夜の街>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk55


居酒屋で食事をしました。ここは浴衣が制服ですが、色の少し黒い女の子には今一かな~。原色系の服がよく似合うと思います。

             

                <居酒屋のカウンター>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk58

                      <制服は浴衣>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk59
<カレーライスを食べました。メニューは日本語>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk60

CLUB-J…二日前は遅い時間に入ったのでそれほどの子しかいなかったのですが、きょうは早い時間なので期待して。小柄な子を指名。胸とお尻がでていて腰が引き締まったスタイルのいい子。こういう子は日本人好みです。

少し飲んでから手を伸ばすと服の上からは平気なのですが、その下は断固拒否。こういう時は無理しません。その代わり私のひざの上に乗せてあげました。全然嫌がりません。そのままでいると、あ~気持ちがいい、

極楽極楽、ずっとこにまま何もしたくありません。

<小柄でかわいい>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk61

<彼女は私のひざの上 へへへ>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk63

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk62


こういう事ができるので個室タイプのカラオケクラブはいいですね~。

しばらくそのままでいましたが、疲れが出て寝てしまいました。二時間で

清算。彼女がドリンクを3杯飲んだので6千5百円。

昨日の>チップちょうだい2千円の子といい、この子といい、

自分の生活費を稼ぐのに必死なのでしょう。

今日はこれだけでホテルに帰りました。





  続きは一週間以内に更新予定


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-10-09 19:40:59

ジャカルタ旅行 三日目① ボゴール植物園

テーマ:ジャカルタ旅行

今日はジャカルタから電車で一時間と少しの所にあるボゴール植物園に行くことにしました


ホテルからタクシーで、急行が止まる筈のガンビル駅に行ってボゴール行きの切符を買おうとしたのですが、売り場がよく分かりません。駅員のような人に聞くと

>ボゴール行きの切符はこの駅では売ってません。隣のゴンダンディア駅に行ってください。

>えっ、そうなんですか。

どうしてここで売っていないのか、急行が走ってないのか、それとも私の聞き方が悪かったのか、今でもよく分からないのですが、あわてて表に出て、タクシーは渋滞で時間がかかりそうなので、バイクタクシーに乗り、ゴンダンディア駅に向かいました。さすがに車の間をすばやく走り抜けることができて、すぐに着きました。しかしこの駅は私のホテルの近くにあるのです。とんだ遠回りをしてしまいました。

ここでボゴール行きの切符を買いホームに出て、向かいのホームに入ってくる電車を見ていて驚きました。ドアが開けっ放しなのです。何でしょうこれは、信じられません。日本なら当然大問題。あのマニラでも電車はドアをキチンと閉めてます。


                     <ゴンダンディア駅>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk37

             <ドアを開けたまま走ってます!>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk38



そして私の乗る電車がきたのですが、行き先の表示がありません。駅員に確認して乗ると、やはりドア開けっ放しです。おまけに車両はひどく汚れていて、気のせいか雰囲気も良くない感じです。

私は目立たないように端の席に座り、日本人と分かるとどういうタカリにあうか分からないので、ばれない様に眼鏡を外し、バッグをかかえおとなしく座ってました。外の風景を楽しむ余裕などありません。

車内は新聞果物文房具などの物売りが引切り無しに来てうっとうしいです。彼らも金を稼ぐのに大変なのでしょうけど。

緊張の1時間20分が過ぎて着きました。ボゴールは終点です。乗客が皆降りたのでここがそうなのでしょうけど、駅名の表示がありません。信じられないことばかりです。不安になりそこにいた新聞売りに聞きました。

>ここはボゴール駅ですか?

>ああ。

それで駅を出て通りに出て、そして・・・・ここからどう行けばいいのでしょう?方向が全くつかめません。こういう時はタクシーに乗って行き先を言えばいいのですが、そのタクシーが一台も走ってません。


後で調べて分かったのですが、私は駅の反対側に出てしまったのです。つまり地図の方向が逆になってしまったのですが、その時は全然気が付きませんでした。


仕方ないので人に聞くと、幸い、親切に教えてくれました。

>ここを5分くらい歩く。「2番」の車に乗る。料金は2000ルピア(20円)。

そのとうりにしてやっとボゴール植物園の入口に着きました。もうヘトヘトです。

・・・ああ、ガイドのいるツアーにすればよかった。そう思いました。

            

                  <これに乗ってボゴール植物園へ>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk39

               <植物園の入口 やっと着きました>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk40


しかしそれでもこの植物園はすばらしかったです。

中に入ると熱帯性の植物、草木。うっそうとした自然そのままの世界が広がってます。目障りになるような売店がありません。見物人も少なく、ゆったりした気分で歩いて行くと、次第に心身がリフレッシュしてくるのが分かります。

幼稚園の遠足の子の写真を撮ったりして約一持間半、見て歩きました。



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk41



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk42



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk43



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk44



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk45



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk46



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk47



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk48



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk49



フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk50



植物園の外に出ると、そこにあるのは屋台と匂いのするドブ川。現実の世界に引き戻されてしまいます。

                  <植物園の外側>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk51


来たときと同じように「2番」の車に乗ってボゴール駅に戻りましたが、今度は正面の入口に着いたので、来た時と様子が違います。


                 <ボゴール駅です>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk52


散々迷いながらやっと切符を買い、何とかジャカルタ行きの電車に乗りました。帰りはドアの閉まる普通の電車でしたが、混んでいたので最初の30分は立ちっぱなし。

               <ドアが閉まる普通の電車>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk53

               <電車の窓から見たジャカルタの街>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk54


ゴンダンディア駅に着いてバイクタクシーでホテルに帰ったのが15時頃。まだ昼食を食べてません。ホテルの隣の7-11でご飯のような食べ物を買い、日本と同じように温めてくれます、それを食べてシャワーを浴びてやっと一息。いや~疲れました。ガイドのいない旅行は大変です。



        続きは一週間以内に更新予定




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012-10-04 09:45:06

ジャカルタ旅行 二日目② 夜の観光

テーマ:ジャカルタ旅行

そして夕方になりました。

私がジャカルタに来た目的がここから始まります。

それは「クラシックホテル3階で3Pが4千円」という事です。

この話は本当なのでしょうか。

表に出てタクシーを拾い

>クラシックホテル、プリーズ

>分からない

出鼻をくじかれましたが、次に捕まえたタクシーで行きました。30分で到着。そこは私の想像した、場末の古びた、とはぜんぜん違う立派な高級ホテルでした。気後れしながら3階へ。


                <このエスカレーターで3階へ>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk29


  
<3階から下を見たところ 立派なホテル>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk30  


受付でカバンを入念に調べられ、持っていたカメラを預けられ(預り証をもらいます)、そして中に入ると、おお!そこは真新しいフロアが広がり、その壁際に置かれたソファーに女の子がズラリと座ってます。50人はいたでしょう

照明が明るく照らされてます。バンコクのポセイドンの3階を立派にしたようです

>さて、どの子を と思いながら見ていると、ママが寄ってきて話しかけてきました。適当に無視してよく見てみると、どの子もBクラスばかり。特に美人はいません。どの子も似たような感じにしか見えません。再びママが、今度は女の子を一人連れてきて

>この子はどう? 

どの子でも大差なさそうなので

>OK 

すると自分のメモ帳を見ながら、私の期待どうりに

>一人では3千円、もう一人選ぶと4千円。と言ってきました。

    「3P4千円」 の話は本当だったのです。私の返事は

>OK

    

    *ママが言ったのは正確には43万ルピア。これは日本円で3千5百円です。


もう一人もママに選んでもらい、その場で5千円を支払って、三人で待っていると10分ほどでお釣りをきちんと持ってきて、2階の部屋に案内されました。

そこは8畳位の広さ。清潔感があります。隅のシャワーの仕切りは透明の板なので、私がシャワーしている時に金を盗まれる心配もする必要がありません。

>飲み物欲しい 

女の子にジュースを二つ私にビールを頼んで、適当にイチャついてシャワーをあびて、それからベッドの上で両側に女の子にはさまれました。う~んいい感じです。二人とも若く明るく私のようなオジサンをリードしてくれます。早く終わらせたいのでしょうけど。

・・・・コトが終わると、疲れていた私はそのままぐったり。女の子はしばらく音楽を聴いたりして遊んでいましたが、それにも飽きたようで、ベッドの上で再び私の両側に。三人でバスタオルにくるまってゆっくりするのは・・・う~ん、このどんよりまったりした感じはなんともいいですね。

1時間経った頃、部屋の電話がなりました。時間です。

>チップちょうだい。 

千円ずつあげました。

3階に戻り、少し休んでカウンターで飲み物代千2百円を清算し、表に出てタクシーを拾い 

>ブロックM、プリーズ

途中はやはり渋滞。20時頃着いて日本料理店で食事。こちらの方が安心して食べられます。


                           <ブロックM>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk31

           <日本料理店 店員はインドネシアン>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk32


         <これを食べました、ビールと中華丼。メニューは日本語>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk33



TOKISHIRAZU…女の子が多い。30人はいたでしょう。


           <ズラリと並んだ可愛い子。この中から選びます>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk34


目のパッチリした可愛い子を選んで案内されたのは、大きな部屋を四つに区切って衝立を置いた造りの部屋。

>個室に変えてください と言って、小さな部屋に変えてもらいました。この方が落ち着きます。ところがシステムを聞いたところ、基本的にボトルキープとの事。

>私は旅行者です。ボトルキープできません。ビールを飲みます。それでいくらですか?

そうすると

>ビール1本がいくらで、何とかチャージがいくらで2時間8千円が基本、という事でOKしました。


*大体どの店も、地元の駐在員向けなのでボトルキープが基本になります。時間でいくら、というのは少ないです。昨日のJAWAJAWAとCLUB-Jがその数少ない店です。


女の子はポッチャリした色白の、これは日本人好みの子です。私のためにスリッパを用意してくれたり、飲み始めるとピッタリ寄り添ってくれたりで、なかなかいいですね。ジャカルタに来て良かったと思います。でも、私が手をのばすとちょっと嫌がります。胸に障るのは絶対ダメ。サービスがいいのはチップが目当てなのでしょう。これはこれで仕方ありません。DKを3回しました。

少し飲んでたら、昼間の観光とさっきの3Pの疲れがでて眠くなってきました。我慢できずソファーに横になり彼女をひざ枕にして、この柔らかさはなんとも言えません。う~ん、気持ちがいい。

2時間はあっという間にすぎました。会計の際、案の定

>チップ頂戴、2千円

お金を稼ぐのに必死なのでしょうけど

>ノー 千円

>うん OK


         <この子と一緒に個室で2時間。ジャカルタに来て良かった>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk36



昨日と同じようにタクシーをよんでもらってホテルに帰りました。



     

           続きは一週間以内に更新予定




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2012-10-01 19:35:57

ジャカルタ旅行 二日目① 市内観光

テーマ:ジャカルタ旅行

早朝、大きなうなり声で目が覚めました。イスラムの祈りが町中に響き渡っているのです。時計を見ると4時半。毎朝これがあるようです。ちょっと参りましたが10分ほどで終わりました。

9時頃起きてホテルの近くを歩いてみました。
            

              <泊まった部屋 新しくて気持ちがいい>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk11


                   <ホテルのロビー>                                                      

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk12

<宿泊したホテル 隣に7-11があって便利です>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk13

舗装が壊れた歩道、屋台、デパート、飲食店がある雑然と町で、
マニラのエルミタ・マラテに似てます。夜は少し怖い雰囲気になるでしょう。
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk14

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk15


サリナデパートの1階で5万円両替。レートは1万円=117万ルピアで、円高はいいですね。昨日空港で両替したのと合わせて計10万円相当のルピア、これが当面の軍資金です。一旦ホテルに戻って現金を大切に隠して、市内観光に出かけました。

タクシーで独立記念塔へ。その入口というのが記念塔の北側の道路を挟んだ向かい側の地下1階にあって、そこで入場券を買い地下道を歩いてエレベーターで展望台へ、というややこしさ。それでもそこから見ると高層ビルがいくつも立ち並び、ジャカルタが大都会という事がよく分かります。
                         <独立記念塔>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk16

<展望台の中>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk17

                  <高層ビルが並んでます>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk19


                         <イスラム教の寺院>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk18


再びタクシーでコタ駅近くのファタヒラ広場へ向かいました。ところが渋滞がひどい! おそらく15分で行けるところが1時間かかって到着。ここでゆっくりガイドブックに書いてある 「オランダ統治時代の建物が残っている静かな雰囲気」 を楽しむつもりが、車と人が多すぎそれどころではありません。道路を横断しようとしましたが、車とオートバイがスピードをだして走っているのでとても無理、>さてどうしようか、と思っていると、10人位の小学生の女の子の一団が来て、車の流れをよく見ながらサッと手を上げ車を止めて道路を渡り始めました。少し進んで再び手を上げ車を止めて、これを繰り返してすばやく歩いていきます。危ない危ない、と思いながら私もその後に続いて、この子達のおかげでやっと道路を横断しました。・・・・なんだか逆じゃないのかな~

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk20
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk21


それでまた歩いてみたのですが、蒸し暑いのでバジャイというオート三輪の車で「跳ね橋」へ行きました。ところがその跳ね橋がある川はどうしようもなく汚れたドブ川で異臭が漂ってます。そして近くにあるのはゴミ捨て場。どこが「オランダ統治時代の静かな雰囲気」なのでしょう。

                <バジャイです これに乗りました>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk24
<異臭漂うドブ川>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk22

<オランダ統治時代の跳ね橋 周囲はドブ川とゴミ捨て場>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk23

<コタの近くで・・・私がジャカルタの猫です>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk25

<か~ちゃん お腹がすいた>
フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk26


                    <お~よしよし>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk27


さっさとタクシーを拾って退散しました。次に向かったのはバサールパルという商店街。上野のアメ横に似てます。ここでジュースとサンドイッティの昼食をとり、女の子のお土産にハローキティーのバッグを買ってホテルに戻りました。シャワーを浴びて一休み。
               

                 <これを買いました 千4百円>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk28



ジャカルタはマニラに比べて治安はいいのでしょうが、市内を循環する電車がないので渋滞がひどいです。

         



             夜の部は一週間以内に更新します。



  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-29 11:18:36

ジャカルタ旅行 一日目 成田→ジャカルタ

テーマ:ジャカルタ旅行

9月17日

朝5時起床。準備は予定どうりすすんで、9時成田第一空港に到着。これから海外へ、という独特の雰囲気がたまりません。

チェックインカウンターはバリ行きと同じため多少混雑していましたが、まもなく手続きを終え、5階の展望台で飛行機を眺め、12時にGA885は出発しました。中はほぼ満席。16時頃、係員が巡回して入国手続きが機内で行われました。到着時の混雑を緩和するためです。終わると青い紙の証明書が渡されます。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk1

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk2


17時15分(現地時間)予定より30分早くジャカルタ空港に到着。ここは「これが首都の空港ですか」と思わせるような貧弱さです。これはベトナムのハノイ空港もそうでした。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk3

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk4



ほどなく荷物を受け取り、少し歩くと両替所が数軒並んでいて、それぞれレートが違います。1万円=115~119万ルピア。2年前のバリ旅行では1万円=96万ルピアだったので、これはいいレートです。118万ルピアの店で5万円を両替して590万ルピアを受け取り、

 

*ここからジャカルタの価格を日本円に換算して書きます。

  レートは細かい計算が面倒なので1万円=100万ルピアです。


次にタクシーカウンターで私の泊まるホテル名を言うと、ホテルの一覧表を見て「二千円」。少し高めなのですが、ここは初めての土地、安全第一で申し込みました。チップは不要です。表に出てタクシースタンドで直接乗るともっと安めの筈ですが、それでも千五百円位でしょう。

受付の女の子が私のカバンを持って乗り場まで案内してくれてタクシーに乗り、高速道路は順調でしたが、一般道に入るとジャカルタ名物の渋滞にあいました。


時間でホテル着。部屋は新しく清潔で窓が大きく気に入りましたが、風呂はシャワーだけの浴槽なし、そして金庫がありません。これは不満ですが仕方ありません。お金の管理は自分でキチンとしましょう。

貴重品をまとめてカバンに入れ鍵をかけそれをテープで巻いて、20時外出。歩いて数分のインドネシア料理店で最初の食事を楽しもうとしましたが

 ビール…よく冷えてない

 ミーゴレン(焼きそば)…辛い

 アヤムゴレン(鶏肉を揚げたもの)…うまくもまずくもない

出鼻をくじかれ半分以上残してしまいました。会計は千円。


             <冷えてない 辛い 美味しくない>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk5



そしていよいよ夜の街へ。ブルーバードタクシーというのが信頼できるというので、それを見つけて

>ブロックM カラオケ、プリーズ

運転手は陽気な人で

>インドネシアンミュージック、ダンシング! と言って

明るい音楽をかけてきます。話に適当に相槌をうっているうちに30分ほどでブロックMに着きました。料金は三百円。四百円をだすと 

>サンキュー と陽気に言って、お釣りをよこしませんでした。


ブロックMは狭い一角に日本人向けの、ほとんど個室タイプのカラオケクラブが十数軒、他に日本食レストラン居酒屋が数軒、大きなショッピングセンターが二軒ある歓楽街です。

車を降りると派手なネオンが輝き、客引きの女の子が何人も表にいます。

可愛い子を指名するためには早い時間、20~21時までがいいようです。


                       <ここがブロックMです>

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk6



一軒目・JAWAJAWA…15人位の子から一人選んで個室に案内されます。彼女は目が大きい可愛い子で話し方はおとなしく日本人のようです。最初にこういうインドネシア美人に会えて幸運です。年令は24才子供が一人。

マネージャーがきて >いらっしゃいませ

私は英語で >この店初めて ジャカルタ初めて

マネージャー >あ~そうですか

ここで気が付きました。マネージャーは日本人です。

彼女と二人になり30分は歌ったり話したり過ごして、タイミングをみて肩に手をかけると嫌がりません。腰に手を回すと私に寄り添ってきます。う~ん、脈ありです。適当にイチャイチャして、胸に触ってもおとなしいです。フィリピーナであればここで嫌がられます。やはりインドネシアンはフィリピーナより開放的なのです。

ドサクサにまぎれて直接胸に触ると、少し嫌がるそぶりをみせましたが、それでもおとなしいです。調子にのってDKすると、そのままです。一緒にいる間、10回はしたでしょうね。思い切って

>連れ出しは? と聞くと

>ノー でした。

2時間充分楽しんで会計は五千五百円。チップを千円あげました。彼女にはもう一度会いたいです。


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk7

    

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk8

       

    動画http://peevee.tv/v?an9l5b
     


二軒目・CLUB-J…遅い時間のせいか特にきれいな子がいません。普通の子ばかり。一人では物足りないので二人選んで個室に入りました。ここでも一人の子には直接たのしませてもらって、もう一人の子は少し嫌がる様子なので、これは止めました。二時間いて一万円。 

フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk9


フィリピーナ その愛と誠ではなく愛と嘘-jk10


     動画   http://peevee.tv/v?an9m5b


ブルーバードタクシーをよんでもらってホテルに帰り、隣の7-11で朝食のパンとコーヒーを買って、ジャカルタ最初の夜は終わりました。


 

           続きは一週間以内に更新予定





いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2012-09-25 19:38:18

ジャカルタへ

テーマ:ジャカルタ旅行

2年前インドネシア・バリ島に行きました。

昼は観光をして夜はクラブに飲みに行きました。

そこでのインドネシアの女の子のノリはフィリピーナと同じで、明るく陽気で大変楽しい思いをしました。


その時の様子

http://peevee.tv/v?6u10e9


ところがバリにはクラブが2~3軒しかなく、少々物足りない感じです。

それで調べると首都ジャカルタには日本の駐在員が大勢いて、その人目当ての店がある、という事がわかりました。

その場所はブロックM。ここにはカラオケクラブが何軒かあって、個室タイプが多いようです。

もう一ヶ所。コタ地区にはスパ、置屋があって、なかにはマカオのようにホテルに併設されているのもあるようです。

一度はジャカルタに行ってみたい、そう思って9月17日~9月24日、6泊8日の旅行を計画しました。


ツアーで一人参加だと割高になるので個人旅行に。

航空券は日本航空が107,000円。ところがガルーダ・インドネシア航空が「日本・インドネシア就航50周年記念」というキャンペーンをやっていて79,000円で手に入れることができました。

ホテルはブロックMとコタの間に「ジャラン・ジャクサ」という安宿エリアがあって、ここはコンビニ両替商食堂があって便利そうなので、そこの一泊5000円のホテルを予約。その際うっかり「朝食なし」にしてしまいました。


ちなみにジャランは「道、通り」と言う意味。

銀座通りは、ジャラン・ギンザといいます。

ジャラン・ジャランと二つ続けると「散歩する」という意味になります。



出発する10日ほど前、中国パブでの会話。

>今度ジャカルタに行く

>いっぱい楽しんでね、浮気しないでね、無理だね




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。