光回線などを使うブロードバンド(高速大容量)通信の普及策を議論する総務省の作業部会は14日に会合を開き、NTT組織再編の方向性を示す。電話局と家庭を結ぶ回線事業をNTTから分離するよう提案する見込み。ただ、NTTからの反発が予想され、調整は難航しそうだ。
 作業部会のこれまでの議論では、ブロードバンド通信の普及には、通信会社間の競争を促して利用料金を引き下げることが必要との指摘が出ている。通信各社がより安く回線を借りられるよう、回線事業をNTTグループ内で独立させる方法や、グループ外での別会社化といった複数案を示すことが有力視される。 

【関連ニュース】
NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も
光回線純増、前年度並み=210万件が目標-NTT東西の10年度
NTT接続料の現状維持を再要望=通信19社
NTT西に業務改善命令=顧客情報の漏えい問題で
「ひかり電話」の利用者約3万6千人に通話料金を過大請求=NTT東西

<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
今年最大、400円超の下げ=円高、欧米株下落で全面安-東京株(時事通信)
覆面パトカーにはねられ小1男児が重傷 兵庫・伊丹(産経新聞)
大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)
日比経済連携協定 マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
AD