日本医師会(日医)の政治団体である「日本医師連盟」(日医連)が昨年の政権交代以降、長年支持してきた自民党への政治献金を凍結していることが15日、分かった。

 日医は4月に会長選を控えているが、自民党支持路線に軸足を置く現会長に、民主党支持派と政治的中立を訴える第3の候補が挑む三つどもえの構図となっている。ある幹部は「新体制が発足し、政治へのスタンスが決まるまでは献金を続けても意味がない」と強調、現在は全政党への献金を見送っていると説明している。

 関係者によると、日医は長年、日医連を通じて政治献金を行ってきた。近年は年間約5億円で、ほとんどが自民党や各派閥、厚生労働族議員に渡っていた。ただ献金とは別に、パーティー券の購入は続いているという。

「有人宇宙船実現へ努力を」=NASA局長、文科相を表敬(時事通信)
人件費、3000億円上昇も=郵政の正社員化で-亀井氏(時事通信)
ここまでしてくれるとは…競争主義者、橋下知事の意外な一面(産経新聞)
来月の新党結成に意欲=鳩山邦氏「覚悟できている」(時事通信)
決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)
AD