PPCを使った㊙マーケティング法

PPCを使った㊙マーケティング法


テーマ:

こんにちは。


PPC広告で自分革命のシゲです。




「シゲさんは才能やセンスがあったから


PPC広告で稼げたんじゃないですか!?」




というメールを読者の方から頂きました。




「いくらPPC広告は誰にでもできる!」




と私がお話してもなかなか上手く伝わらず、


逆に猛烈に反省しました。




もしかしたらあなたは、このブログを読んで、




「シゲって奴は自分が出来ることを自慢している。」




と思っているかもしれません。




確かに私はPPC広告を使って儲けることができました。




資本金が少ない会社でコツコツ始めたPPC広告なので


1億とか5億とか想像もできない爆発的な売上げを


あげることは出来ませんが、




それでも1年間で約2000万円くらいは


PPC広告1本で稼いできました。




けれども、

誤解をしないで下さい。




私は「出来るヤツ」でも「頭がキレるヤツ」でも


ましてや「センスや才能があるヤツ」でもありません。




スタートはかなり地味でインキンでク○ッタレの


人生から始まったんです。




====================


私はサラリーマンとして挫折を繰り返した


元うつ病サラリーマンです。


====================




マジで過去の自分は1秒たりとも思い出したくないし、




当時を振り返るだけで今も心の中から猛烈な怒りが込み上げ、


握った拳を全力で壁にぶちかまして右手を粉砕骨折しても


なお壁にパンチを打ち続けるくらい強烈なストレスを感じます。




それほど屈辱的で悔しくて情けない人生でした。




住宅の営業マンとして働いていた頃、




決して優秀とは言えずパッとしない営業成績で


いつも影の薄い存在だった私。




それどころか契約棟数が少なくて営業会議では、




「契約が取れずに給料を貰う奴は給料泥棒以前に


犬以下の価値しかない無能な人間だ!!」




なんてボロク○言い放たれる。




事務所に帰ればくだらないことで1時間以上も立ったまま


耳に穴があくほどガミガミと永遠に説教をされる。




耳元で必要以上のイヤミと罵声を浴びせられた挙句、


上司のストレス発散という名のパワハラが続き、




スリッパ、マグカップ、灰皿が毎日宙を飛んで


私の体に叩き付けられる。




時には自分夫存在自体を全否定されて、




「おまえを生んだおっかさんは可哀想だ!」




と、親兄弟さえバカにされ誹謗中傷の的になる。




それでも私はこの業界で絶対に成功したい!


俺を罵りバカにした奴らをいつか見返してやりたい!




いや、、、




本音を言えば「リストラ」されたくなくていつも


不安と恐怖にビクビクしながらもクソッタレな


上司に媚びていただけなのかもしれない。




あぁ、情けない、、、。




まるで雨の日の深夜に空腹を満たそうとびしょ濡れに


なりながらもエサを求めて深夜3時をあてもなく放浪する


野良猫のようににゃ~にゃ~鳴いている気分でした。




「何のために俺は生きているのか?」




いくら自分に問いかけてもわからない。




ただ毎日に流されてしがみ付いているだけの自分が


情けなくて仕方がなかった、、、。




===================


私ははじめからPPC広告を使って成功を


収めたのではありません。


===================




この仕事に携わるようになってもはじめは


昔の住宅営業マン時代のようになかなか思う


ような結果を出すことができませんでした。




やり方がわるいのか、行動が遅いのか、


それともセンスがないのか。




売上げが上がらない理由がわからずに


深夜まで会社のPCにしがみ付いて徹底的に


研究・分析を繰り返してきました。




時には会社の机でそのまま眠ってしまい、




次の日の朝に出社したスタッフに起こされて


PPCの管理画面を見たら設定が全消去されおり


顔面蒼白になったこともあります。




また会社から預かった5万円の広告費を


設定ミスでわずか3時間で失ってしまい、




社長になんて言い訳したらいいのかと


胃を両手でグシャっと潰される様な危機的状況に


追い込まれたこともありました。




とにかく、


コツコツとやり続けることしか


なんの取り柄がなかった私にとって不器用ながらも


失敗を繰り返してやり続けることしか成功への道は


なかったのだと思います。




野球の「松坂投手」や「ダルビッシュ投手」のような


才能あふれる人材にどれだけ憧れても私には慣れません。




だから、




泥臭くても人の3倍努力をして智慧を取得


していく道しかなかったのです。




私はただの凡人です・°・(ノД`)・°・




今年で32歳になりますが今も人に自慢できるような


資格を持っている訳でもありませんし何か人よりも


突出した特技を持っているわけでもありません。




むしろ精神病を抱えて薬と酒に溺れて何度も現実から


逃げ出すかのように自殺未遂をしようと試みるも結局


死ぬ勇気もなく、意識が朦朧とする中で腕を天に伸ばし、




「誰か、僕を見つけてよ、、、。」




っと、小刻みにガクガクと震える体を両手で抱き、


泣きつかれてまだ次の日の朝を迎える弱い人間


だったのです。




人よりも遠回りして自分の存在価値を探し求めた


経験があるからこそ、私はあなたの気持ちがわかります。




私は完璧な成功者ではなく、むしろ泥水を舐めながら


必死でもがいてほんの小さな成功の可能性を見つけた


普通のサラリーマンだから。




今日はここまで勘弁して下さい。




最後まで読んで下さりありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。