皆さん、如何お過ごしですか?

 

 

今日私がニンニクの漬け物を食べてたら

 

:誰が食べて減ってるのかと思ったらお前だったか?

と一家。

:本当にお前は昔から酒飲みが好きな食べ物ばかり好きだったよなぁ。

 

と父。何でも酒飲みが好きな食べ物を好む人間を『さとう』と言うらしい。どう言う漢字を書くのだろう。ネットで調べてみるか?

 

高校時代教師に蕎麦よりうどんが好きだと話したら

:それはノンベ(飲兵衛)だ。

 

と言われた。アボカド、チーズ、トマト

基本珍味好きで酒飲みが好む物を昔から結構好きだったかも知れない。

良く考えたら昔から快楽主義、楽しいこと•気持ちいいことが目の前に差し出されたら直ぐそっちに行ってしまう。薬が効かなくなってしまうため、お酒は一切飲めず、酒のつまみだけで我慢しようと言うこの頃です。

 

 

創作落語『居酒屋きよし』を演じました。現時点で演芸物ではこれが自己ベストです。脱力ツッコミどころ有り過ぎでするかも知れませんが、楽しく聴いて頂ければ幸いです。

 

酒飲み=左党と書くらしいですね。

 

 

 

 

『客が店内のルールを守ってない』『…この店長、曲がってますよ』等沢山の感想を頂きました。『芸に磨きがかかってますね』等優しい言葉をかけて下さる方もおり、中には今まで私の作品制作に興味の無かった方が『面白い!』と喜んで下さり、少し私のことを認めて下さったようで芸は身を助くとはこのことだな、と感じました。

 

結構ストイックに前作を超える物を作ろう、と毎日の空き時間を利用してアイデアをメモ書きしています。

 

 

NHK-FMの三昧特集で『今日は一日、桑田佳裕三昧』をやるようです。芸名桑田が名付け親の嘉門達夫さんが出てサザン替え歌メドレーとか桑田に影響された著名人のコメント出演とか楽しそうですね。桑田に影響されてない著名人なんているのか(笑)沢山いそうですね!

 

 

桑田を漫画家に例えるならロック界の秋本治。サザンは桑田が生み出した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』みたいな物ではないか、と。

 

40年に及ぶ長い歴史が有り、時代時代で作風が変わってそのどれもが魅力的でファンによってどの時代が一番良かったか、一概に言えない。

 

只、こち亀ファンの私から言うと96年にアニメ化が始まった辺りから原作にパワーが無くなったように思う。否、それまでも元々親父が大暴れする話ではあった訳だが、作者が年齢を重ねる毎に親父ノリが強くなり、若い私はそれでも面白いからと楽しく読んでいたのだが、作品が力を落としてからその親父ノリが嫌味に感じるようになった。ロックでもオールマンブラザーズバンドとかサザンロック、親父系のノリで格好いい物は沢山あってそれは全然否定しないのだけど、こち亀の親父ノリはなんだか凄く泥臭く感じて、思春期に入ると馴染めなくなってしまった感じ。

 

 

今日、ブログ仲間のBB好きが『ミニヨン』と言う映画を紹介して、シュールなブラックコメディでありながらアニメらしい可愛らしさもキープしていてかなり私好みの世界観でした。音楽も60s.好きには堪らない選曲。今、新作が上映中。お盆だから子供連れの親子で込むかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(2)