居酒屋『きよし』

 

 

 

えー、過ぎたるは及ばざるが如しなんてえことを言いますが、これと似た言葉に「蛇足」これの反対に「画竜点睛を欠く」善は急げ、急がば回れまぁ、これはちょっと置いといて、北は北海道、南は奄美、否、北はアイスランドから南はエロマンガ島迄、古今東西、人間てえのは何処へ行っても昔から現在まで過剰な生き物で。

この過剰なのをどうにかしようとして、決まりが出来て、その決まりも行きすぎれば、これが過剰になる。これはある村のある居酒屋の物語。ここの店の主人は曲がったことが大嫌い。濁りのない世界を作ろうってんで、店内で決めたルールに客人が大わらわ。遂にはとんでもないどんでん返しになるかどうかは私のお筆先次第。あっ、否これは口で喋ってるんだわな?どうも、そこら辺がいつも曖昧でいけねえ。

イヤ~、しかし寒いなぁ。こんな時は熱燗に焼き鳥、ビールでも….おっ、いいタイミングで良い店がある。居酒屋『きよし』オーイ、マスター、ビール一杯恵んでくんねえ!!

マスター出てくる。
「とうもとうも、お寒い中、よくそおこしくたさいました。ささっ、とうそ、おあかりになってくたさい!!」

「なってくたさい」と来たか?こりゃあ、どこの地方の方言かシラネエが、粋の良いマスターじゃあねえか?じゃ、取りあえず生ビール!!

「なまひーるいっはいてすね」「ン?」「なまひーるいっはいてすね?」
「どうも、寒さの所為で俺の耳が詰まってんのか?生ビールとおつまみ!ひとつよろしくたのむよぉ!!」
「おきゃくさま、おそれひりますか、とうてんはにこりのないさかや、をめさしていまして、とうかとうてんにおきましては、たくおん、はんたくおんのつくおことはは、こえんりょくたさいませ、そうろう」


「おう、おうおうおう!!たくわんだか人参だかシラネエが、良くわかんネエ店に入っちまったなぁ、オイ!!当店におきましては濁音、半濁音のつく言葉はお控えくださいって?それじゃ、なんだい?飲むのは清酒のみ、濁り酒なしの居酒屋『きよし』ってかい??」

「すへて、清音のみておねかひいいたします」
「キツネにつつまれて、狸にでも化かされた気分だ。なにっ、なに、このメニュー表は?これは何語で書いてある?焼き鳥、つくねまでは良いが、たいこんのにつけ?トントコトンのトントントン!!こりゃ、大根の煮付けってことかい?このにんしんってのは人参のことかい?にんしん八ヶ月お目出度うござい!ってこうなっちまわなぁ?シンシャエール?新車の名前がエール?そうじゃない?ジンジャエールのことか?エエ、独りよがりも、ここまで来れば立派!エエ、分かった!マスター、ヒール持ってこい!ヒール!それから「てんふらそは」と「とりのからあけ」と「にしんそは」ジャンジャン持ってこい!!」

客人ヤケになって食うは歌うは。翌日カラスカァ、で夜が明けて

「ああ、すっかり清められた、マスターお勘定!!」
「お客様、お金はいりませんよ。」
「おや、またどうしてだい?」
「サ~イセンナ~イ♪オ~ツリ~ナ~イ♪」
「ショ~ガナ~イ♪セマ~イテンナイ~♪『きよしこの夜』ってか?やられたよ」

季節はクリスマス「居酒屋・きよし」の一席でした。

 

 

 

『Mama Says』のゲップ音はブライアンが意識的にアイディアを出していたことが今回の未発表テイク集で判明チョキ

 

本当ビーチボーイズって半世紀経っても発見が絶えないバンドです!!古くて永遠に新しい!!

 

 

 

 

AD