• 25 Feb
    • 作詞家がシンボルとしての言葉を持つと言うことと、近代に置いて大切な運動の一つ『折衷』について

              去年から趣味で作詞を初めて大体今まででに30作くらい書いてその内、6作くらいはお蔵入りになって、その中で自分なりに学んだのは韻を踏むと詩の響きが良くなる。と言うこととか曲の中に花鳥風月を盛り込むと詩のムードが良くなる。   テーマに沿って思いついたフレーズをどんどん書いていってその中で残したいフレーズだけ使う。そうすると無駄がなくなってシャープで引き締まった詩になる。まぁ、そのようなことを自主学習しました。   詩の中に花鳥風月を盛り込むと詩のムードが良くなると言う話ですが例えば、風。例えば海、鳥。そう言った身近に誰もが肌で感じることの出来る言葉。   この前、斉藤由貴さんと松本隆さんが対談した番組の話をしましたが、僕は下手な作詞のアドバイスをした本を読むより松本さんがこれまで様々なアーティストに提供した歌詞を読む方が作詞の勉強になると思ってます。   それくらい作詞家・松本ワールドというのは広く深い、近代日本では最良の作詞家だと私は思っています。彼が詩の中でよく使う言葉に『風街』と言う言葉があります。   風の吹きすさぶ街。彼の中に自分の生きる世界『東京』とか『都会』と言う物に対してそう言ったイメージがあり、それを使い続けていたらそれが彼の作詞家としての強いアイデンティティになった。 作詞家として人々の記憶に刻まれたいならこのシンボル的なイメージも大切なんです。   例えばビーチボーイズだったら『海』桑田佳祐さんだったら『海』『湘南』『茅ヶ崎』『江ノ島』山下達郎さんだったら『少年』と言う言葉。そう言うシンボルカラーを自分の中に持つと言うこと。そしてそれが自分から言い出すんじゃなくて周りからそれが理解され認められると言うこと。これは作詞家に限らず表現者としてとても名誉なことだと思います。   松本さんが盟友、大瀧さんがいなくなってこれからの人生。どういう事をやっていきたいかと思った時に和と洋の折衷。西洋のメロディに日本の詩を載せたり、そう言った文化の橋渡しをライフワークとしてやっていきたいな、と語っていました。     この折衷という話になると又、話せば長くなるんですが、思えばはっぴいえんどで日本で初の西洋のロックのサウンドに日本語詞を載せたバンドの代表格としてデビューし、歌謡曲の世界にそれまでにない文学性を持ち込み、彼が作詞家として今までやってきた仕事の功績はこの折衷という言葉で表せるといっても良いかもしれない。   文化と文化、異なる物と異なる物、対立する物と対立する物の橋渡し。 思えば彼が影響を受けたボブディランのやってきたこともそうでした。ロックとフォークの垣根を越え、去年は文学とロックの詩の垣根をとって賞を授かった。   その彼に影響を与えたエルヴィスが最初にロックの世界で白人と黒人の垣根を払った。 橋渡し、垣根を取ること。これが20世紀、近代に生きる人間にとって大切な運動だったことは間違いない。                 松本隆/風街図鑑 15,429円 Amazon       壁を破る言葉   Amazon  

      テーマ:
  • 23 Feb
    • 創作について

            今日は創作についてお話しさせて頂きます。   僕は創作に置いてオリジナル至上主義ではありません。     大体、芸術自体が全て自然の模倣なんです。静岡の人は雪の結晶を観た事が無い人もいるようですが本物の雪の結晶は本当に美しい。     僕たちが美と感じ、仰ぐ物は全て生まれる前からそこにあった物であり僕たちが作り出そうとしてる美もその模倣でしかない。     只、模倣する際に表層を模倣した物と深いところでモチーフを理解した物では大きく隔たりがあると思います。     桑田佳祐さんや大滝詠一さん等は海外のポップテイストを自分也の解釈で分析しそれが質の高い表現へと繋がっていると思います。       只、僕のやっている創作の問題は基本的に替え歌とか即興芸なんです。 大体へんぴな唄を仕上げるのに最大で使った時間は三ヶ月程度。ちんけな画を仕上げるのに費やした時間は3ヶ月がいいところです。     そうやって即興的に作り上げた物って自分でもなんだけどなんか軽いんです。 もう少し苦労して作品を作り上げる事を覚えなければ。先ず何より自分には努力が足りない。     茨城の育ちで気が短く、こち亀なんかを読んで育った為、気が短い事を江戸っ子の『粋』と思って生きてきた様なところがあります。 作品を作るのに費やす努力、辛抱。そう言った物をもう少し身につけなければ。それが作品制作に置いて人生に置いても課題です。答えを急ぎ過ぎるところがあるんですね。何事に関しても。     パロディーと言う点で言えばタモリさんの影響はあったかも知れないですね!   伝説の(幻の!)アルバム『タモリ3』の実写版です。画質は荒いですが大変貴重な映像ですのでお時間に余裕がある時にどうぞ!               (伝説の四カ国語麻雀!!)                       カシアス耕作@6996296  ミュージックポートレートNHKの宣伝感半端無いな!!(好きで観てます!!)2017年02月24日 08:04   カシアス耕作@6996296  持っていると嬉しいのに無くす為にある物なんだ?2017年02月25日 07:52   カシアス耕作@6996296  身体の声に正直になりなさい。貴方は与えられた任務以外何一つ拘束される言われはありません。嫌な物から離れなさい。捨てられる物なら捨てなさい。貴方がいなくても誰も困りません。そうやって世界と自分との距離を健全に保つのです。2017年02月24日 19:48  

      テーマ:
    • 「カール&ザ・パッションズ〜ソータフ」

                随分長い間聴いてなかった。     一曲目はこの時期BBはゴスペルとかブラックミュージックに傾倒していた当時グループを引っ張っていたカールが彼也のコンテンポラリーをBBで展開しようともがいていた。   三曲目は曲の展開構成も中だるみ緩さが印象に残る。   四曲目は健太さんの番組でこの曲を聴いてホームランではない物のガツンとミドルヒットくらいのなんだ!この曲は!と言う衝撃が走ったのを覚えている。                               五曲目になるとビーチボーイズの「ビ」の字も感じない。 二曲目同様、当時サポートに呼んでいたフレイムの提供曲で完全にこれはフレイムの曲じゃないか、とツッコミが入る。                 七曲目の「All This Is That」今回再聴してこの曲が一番響いたかもしれない。 ブライアンがいなくなってコンテンポラリーを展開すると共にブライアン的な内省的な世界も演出として演じていた感もあり、カールに関して言えばライブに関して言えばブライアン以上の名演を聴かせていたかも知れないが作品を創作すると言う点に関してはブライアンには及ぶ筈も無く、どこかカールも無理してブライアンの変わりを埋めようとしている様な節を感じる曲が。   ブライアンが実質的に力を出せず、創作に関してはメンバーがブライアンの様な斬新な発想を持ち込みたいと言う思いはあったと思うが、ところがそんなの出来る訳ない(笑)   そう言う意味ではビーチボーイズのアルバムの中でも「痛さ」が目立つアルバムでもある訳だがその痛さがファンにとっては独特の哀愁も漂い。     その中でこの『All This Is That』は中々ブライアン的な斬新なハーモニーをメンバー也に苦心してひねり出そうとしているのが伝わってきて中々良いメロディーだし癒される。この曲を聴いてると健太さんが昔NHK-FMでラジオやってた時にブログでこのアルバム滅茶苦茶最近聴いてます!と語ってたのを思い出す。   あの番組、極端な話何でもアリだったもんなぁ。映画の話、ギターの話、映画の話、回文から何から、エルヴィスとか巨人の話になると知らねえとか又か、感はあった物の。     今、あまり心通うDJがいないのは寂しい。 アルバムの話に戻すとその中でデニスとかブルースって言うのはブライアンとは別の方向で凄く創作において花を咲かせていて、そう言う意味でラストにデニスの最高傑作とも言える『カドルアップ』でアルバムを締めるのはプロデューサーカールの賢明な判断だったと思います。     仕事をしていると色々ありますよね。 みんなを引っ張っていくタイプじゃない人間がその役を引き受けなければならず、そこで周りからああだ、こうだ!言われたりとか。この時期の創作に置けるカールには批判的な面と同情を禁じ得ない。両方の思いが入り交じり複雑です。                         カール&ザ・パッションズ~ソー・タフ 1,851円 Amazon       越谷オサム@koshigaya_osamu  @6996296 とりあえず、大丸心斎橋~♪あたりから始めてみます。2017年02月19日 17:34   カシアス耕作@6996296  ギャグ漫画の基本は身体感覚。まことちゃんも両さんもみんな身体張ってんだよ! 俺は身体弱くなってから面白く無くなったと思う。みんな、健康には気をつけろよ!2017年02月23日 18:21   あんけいよー@ankyon43  @6996296 ご機嫌ですね!こちらこそよろしくお願いいたします!うっひょひょ~!2016年12月31日 21:02   nima@mattetemattete  @6996296 編集長に回答して貰える日が来るとは思ってもなかったです(*゚▽゚*) ドーパミンが出まくってしまいました(^^;2016年12月15日 14:38   ビル山崎@bill_yamazaki  @6996296 ありがとうございます!僕はどう頑張っても、こんな感じの絵しか描けないです(笑)2016年12月03日 22:16  

      テーマ:
    • 雪の降る夜は楽しいペチカ♪

              幼稚園から小学二年生迄深い訳あって我が家で引き取る事になったおじいちゃんがいた。   おじいちゃんは油絵を描くのが好きで、おじいちゃんの思い出と言えば油絵を描いていた事、小型のラジオ機で野球放送を聴いていた事。 水戸黄門を一緒に観た事。時々針の先生が来てお灸を添えている間のやりとりを隣の部屋で聴いていた事。 おじいちゃんのローヤルゼリーを美味しいと食べて親に怒られた事。 そんな事を覚えてる。 そのおじいちゃんが僕が三年生の時94歳で亡くなった。 お通夜では親戚の伯父さんと囲碁をしたり、お寿司を食べたり、兄とふざけたり、そんな記憶がある。   大分後になって母から聴いた話だがおじいちゃんは毎夜満州で人を殺した夢を見てうなされていたそうだ。   母は私達が子供だったのでその話をしなかったそうだが、母に人を殺すってどんな気分ですか?と聴かれたおじいちゃんは   :とっても気持ち悪いもんだ。   と答えたそう。       雪の降る夜は楽しいペチカ/ペチカ燃えろよ/お話しましょ           記事に貼って何度も聴きたい。元は民謡なのですが最近民謡や童歌等にも深い歴史があり、個人的にとても興味深いと言うか。 10人のインディアンにギャシュリークラムのちびっ子達の文を載せて歌ったり南の島のハメハメハ大王をアレンジして歌ったり自分也に童謡•民謡への理解を深めています。             今年はこの歌を練習します。エルヴィスがロッカーからより幅広いエンターテイナーに舵を切った時期の名曲「好きにならずにいられない」の原曲です。             これが松本隆アイドル作詞第一作となった。 今日のミュージックポートレートも楽しみだ!では、行ってきます!        

      テーマ:
  • 21 Feb
    • 卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう♪

              名言というのは極論が多いからこそ印象に残りやすく故にそれが名言たる所以なのだろう。     最近ことに思うのは「人生はギブ&テイク」求めすぎてもいけないし、与えすぎてもいけない。そのバランスが大事。   ブログで言えば「コメント下さい」とか「読者になってください」とか向こうから言って来た時は   :なんかこの人は、人にして貰うことばかり期待してるんだな。   と白けるので成る可く距離を置こうとする。 反対に向こうからあまり求めないで与える姿勢でいる人を見たら   :あっ、この人は自分本位じゃないんだな   と少し見直すというか。   しかし、人間基本的には自分本位。それを分かった上で許し合おうというのが健全な考え方なのかも知れない。つまり、私は世の中のために生きてます!とか社会のためにいつも尽くしてます!と自分から言う人はなんだか嘘くさい。   何事もバランスですね。どっちかに偏っていることが人間は多いな、と感じます。     カラオケでいつも男子四人で行くのですが今日はご婦人も招いてもう一方と六人で歌いました。私は「俺ら、東京さ行ぐだ」等でノリノリでしたが中でご婦人が歌った谷山浩子さんのカントリーガール。ご婦人の雰囲気にあったとても良い歌だなぁ、と思って聴いておりました!             来週は桃の節句と言うことで女性アーティストで今回は固めてみます! アンサリーの手紙。通好みのカヴァーで知られる彼女ですがブルーハーツのこの名曲を彼女の歌声で聴けるとは思わなかった!           Eテレでやってるミュージックポートレートが好きで好きな出演者の回になると録画して迄観てる。雑然とした番組が多い中、うるさい演出もなく、落ち着いて観れる番組が好きだ。   今回の出演は女優の斉藤由貴と作詞家の松本隆。 斉藤由貴はクドカン脚本でミッチーと共演した「我が輩は漱石である」を毎週観てて以来ファンに。 女優としても素晴らしいし、アイドル時代は唄も唄ってヒットさせている。 松本さんが作詞して由貴ちゃんに提供した「卒業」 二人の運命の巡り合わせについて松本さんが良く語ることの多いこのエピソード。   『未だ、由貴ちゃんを知る前に由貴ちゃんのポスターを観て惹かれる物があり、自分が卒業式で泣く。と言うことについて感じていた違和感をこの人に唄わせてみたい。この人はきっと卒業式で泣かない人だろう、と。逢う前から写真を見て人物の性格が分かる。そう言う直感みたいなのが時々あるんです』   この曲は聴いていて良いなぁ、と思っていた曲なんですがこう言うような青春は自分にはなかったよなぁ。と感じていたこの詩世界との距離がこのエピソードを聴いて少し縮まったような気がしました。   僕自身で言えば学校生活人より楽しくなかったし、そんな中で自分の中に何となく漫然とした夢というか希望のような物があり、そこで何か達成したいという思いがあって、未だそこのスタートラインにさえ立ってない時点で泣けないよなぁ、と言うのはあったかも知れないですね。簡単に泣く人にも違和感があるし、どこかでそう言う自分を冷たいんじゃないか?と責めたり、そう言う思いをこの歌が代弁してくれているような気がしました。         嗚呼、卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう♪でも、もっと哀しい瞬間に/   泪はとっておきたいの~♪       ビル山崎@bill_yamazaki  ラジオに投稿するようになって、そろそろ5年ぐらいになるのかな(そこから、初めてメールを読んでもらうまで4か月ぐらいかかったけど)。早かったなあ。2017年02月21日 12:39  

      テーマ:
  • 15 Feb
    • 二枚のレコード ペットサウンズ~ジョンの魂~

                一枚のレコードについて詳しく書いている本や、自分の好きだった音楽を一枚ずつ紹介している本がありますが自分は一つの物事を語る時にその一つの物事について色んな文脈から語っていくというやり方が好きなので   二枚のレコードを並べてその二枚の共通性、或いはその二枚から連想するテーマについて語るという企画を記事の中で小さくやってみようと思います。   今日は取りあえずコレ ビーチボーイズの「ペットサウンズ」とジョンレノンの「ジョンの魂」です。     グループで楽しく仲良くやっている音楽も素晴らしいと思いますが個人の情念が一枚のレコードを通じて伝わってくる。そう言うピュアで混じり気のない音楽に私は惹かれます。   そう言う意味ではこの二作は本当にピュアなポップレコードとしての芸術性は最高水準だな、と思います。   先ずペットサウンズですが音楽製作に置いてブライアンウイルソンが一切の妥協を許さず仲間と一緒に作った、音楽製作に関わる仕事をしている人間なら聴いてみて損はしないアルバムだと思います。   冒頭から素敵じゃないか、僕を信じて、が放つ眩しいほどにキラキラした世界観。 それでいてどの曲もナイーブな心象風景が伝わってきて切なく、物悲しい。   私個人の意見で言えばこの中でコミカルテイストの毛があるスループジョンBはアルバムのテイストとちょっと違うんじゃないか?と感じることもあるのですが。That’s Not Me, I Know There’s Answerと言った一見取っつきにくいポップでない楽曲もそこに流れるサウンドには何か心惹かれる物がある。   Don’t Talkと言う曲はとてもムーディーなバラードでビーチボーイズにはこう言うムードミュージック的な一面もあるので他のアーティストとは音楽を聴いた時の心地よさが自分の中で全然違いますね。             「God Only Knows」この曲はポップレコード史上最高のLove Songです。 歌詞の原文を読むとその韻の踏み方の素晴らしさに心惹かれます。   I may not always love you. But long as there are stars above you. と最初youで韻を踏み、その後itで韻を踏み最後はmeで韻を踏むのですがこの言葉の流れがとても美しいんです。             オペラ的とも言える熱烈なラブソング。 ハーモニー、サウンド、メロディ、リリック。その全てが奇跡的な調和を保って一つの方向に向かっているのでつまりメッセージとしては凄くシンプル。音楽的には高度かつ複雑でオリジナリティに富む。これを評してポールマッカートニーはこの曲をポップソング史上最高の一曲!と評したのだと思います。   ポール:ペットサウンズを聴かずに音楽の勉強をしたとは言えない。それくらい自分にとってかけがえのない一枚なんだ。   つまり音楽製作に置いて多くのタイプの音楽家にとってこのアルバムは一つの指針を示すアルバムなんだと思います。     ジョンレノンの「ジョンの魂」 これはジョンがブライアンウイルソン、ポールマッカートニータイプの音楽家とはちょっと違う。ジョンは手の込んだ複雑な物をやろうという事には拒否反応を示すタイプじゃないか、と思います。もっとシンプルに!もっとダイレクトに!ストレートに!自分のメッセージを伝えたい!と自分の表現を突き詰めていきました。それは彼が影響を受けたチャックベリー等50年代のシンプルなロックンロールから始まってやがて日本の俳句の世界にまで足を伸ばして行ったことにも分かります。表現はシンプルで簡潔あればあるほど良い。   つまり音楽を製作すると言う観点から言えば手法も違うし、作風も違うんですがやっぱり共通する物はありますよね。   つまり、シンプルであること。作品として混じり気が無くてピュアな物を目指していたと言うこと。     音楽を通した限りなくシンプルで混じり気のない詩。そのような物をこの二つに共通する物として感じます。                           ビル山崎@bill_yamazaki  義理チョコをいただいたので、「ありがとうございます!本命だと解釈します!」と元気よく言ったら、ちょっとだけウケました。2017年02月14日 22:14  

      2
      テーマ:
  • 12 Feb
    • 『グループホーム開設チャリティコンサート 踏みだそう!明日へ 長谷川きよし』に行ってきました!!

            静岡市清水区文化会館で行われたチャリティコンサート!     これは目の見えない人のためにグループホームを作りたいという特定非営利活動法人《ピアライフ静岡》さんが、ライブで集まったチケット代を全額グループホームの建設費に充てると言う主旨で開いたコンサートです。     清水駅で降りて直ぐ、今までここまで鮮やかなのは観たことない富士山の眺めに感動!!               ランチは魚料理店がひしめき合う開館で寿司を。     さて、ライブですが前半は『音心』と言うオカリナとピアノのアンサンブルユニット。 隣に座った方がオカリナ弾きのえんじろうさんにオカリナを教えて貰っている生徒さんで   :先生は教えるのがとっても上手いんですよ。オカリナの音色も澄んだ音色で。イタリアのオカリナは吹くのに物凄い肺活量がいるんです。それを吹くのに大変手こづって日本のオカリナを吹いたら逆にちょっと吹けば大きい音が出るのでそこで又、苦労された。   オカリナはイタリアから来た物が日本で独自の形に改良されて今に至ると言うような主催者の説明もありました。   音色の違うオカリナを交互に使いながら独自の世界を演出。 3曲目に演奏した「星への旅路」は星空を眺めて感じたえんじろうさんの素直な感動が伝わってくる演奏でした。   続いては弾き語りシャンソンピアニストの藤原一幸さん。 一曲目のインディオの祭りではえんじろうさんのオカリナとコラボ。 えんじろうさんが去るとバラ色の人生、ラ・ボエーム等シャンソンの名曲を安定感のある大人の歌声と演奏で聴かせてくれました。あまり気持ちよくて眠くなってしまいました。     休憩を挟んで今回のライブの目玉、長谷川きよしさんのライブに。 一曲目「虹の彼方に」が素晴らしすぎました!馴染みの深いメロディーがジャズのスタイルで巧みにアレンジされ、同じフレーズが繰り返される度に新たなフレーズを盛り込み、それでいて曲全体の構成もしっかりしていて全く飽きない演奏でした。              実は私は昔茨城時代にギター文化会館というところで彼のライブを観たのですがその時はMCは無かったのか?或いは印象に残らなかったのか全く記憶にない。   今回初めて(?)長谷川さんのMCを聴き、シャイなお人柄が伝わってきて人間としても大変好感を持ちました!   「虹の彼方に」は大学時代から演奏してる曲で、生まれは東京だが両親が元々静岡の育ちで休日になるといつも静岡に連れて行って貰っていった。その為この土地に大変愛着があるとか。     二曲目はデビュー曲「別れのサンバ」 この曲もそうですが間近で観て激しく弦を抑える指を変えているのが分かり、その大変な労力が伝わってきて聴いているこっちにも並々ならぬ緊張感が走りました。               三曲目はレコードでは「別れのサンバ」のB面でこちらの方が好きという人も多かったと語る「歩きつづけて」   「話しつづけて そのまま」「歩きつづけて このまま」「思いつづけて いつでも」 と続く歌詞の流れがとても心地よくウットリして聴いていました。              あまりにも緊張感漂う素晴らしい演奏が続いたので聴き手としてつい怠けたくなってしまうと言うか知らない曲になると逆に安心したくらいでした。     MCで歌詞についてのこだわりを語ったり、マシュケナダの演奏で手拍子をお客さんが始めると途中で演奏を止め   長谷川:折角手拍子をしてくれているお客さんがいるので一つ注文を。僕ぐらいの年代の人は手拍子で裏打ちをやりたがるんですけど、この曲の手拍子のリズムは裏打ちではなく、頭打ちです。     と笑いを誘って演奏を再開し、お客さんが手拍子を揃えて演奏を終えると最後に   長谷川:有り難うございました。若干怪しいところもありましたが(笑)   と又、観客の笑いを誘いました。             シナトラで有名になる前のフランス版「マイウェイ」はシナトラが歌った歌詞とは似ても似つかないフランス人ならではのアンニュイな世界だと説明し、そのイメージに忠実に日本語詞をつけた「いつも通り」が素晴らしかった!   今回はオリジナル曲も素晴らしかったのですが外国の唄に日本語詞をつけて歌った演奏がまるでヨーロッパの映画を観てるような世界観で聴いていてとても惹きつけられました!           野坂昭如さんの為に書いた代表曲「黒の舟歌」も勿論歌いました。 野坂さんが亡くなってこの歌を亡くなった野坂さんのためにも歌い継いでいかなければならないな、と近年益々感じているそうです。             その野坂さんは生前この国の政治状況を大変危惧している主旨の発言を繰り返していましたがきよしさんもライブ中何度も今、世の中が自分のことしか考えられない人が増えてその所為で自殺に追い込まれたり大変苦しい思いをしている人がいる。と言った主旨の話をしていました。   ちょっと脱線するかも知れませんが、ジブリの宮崎さんが言っていたのですが今の世の中の大きな問題は消費者が王様になれると思っている人が増えていると言うこと。生産的な事をやっている人に対するリスペクトが弱くなりつつある。人のために自分が何かやるのではなく、人が自分に何をやってくれるかを期待している人が増えている。 そんなこともこの話に繋がるかなぁ、とライブを終えて家に帰った時に思ったりしました。     唄を通して長谷川さんのナイーブな心象風景が伝わってきて素晴らしく感動したけど時折とても感傷的で切ない気持ちになる。そんな美しい音楽世界でした。     一緒に行った方がアボカド茶を薦めてくれたのでやろうか、と思っています。 清水はちびまる子ちゃんの舞台にもなっているそうでとても住むのに良い印象を受けました!そんな訳でとても楽しい休日でした!   明日から又、一週間頑張って働きたいと思います!             40年。まだこれがベストではない。長谷川きよしライヴ・レコーディング。 3,000円 Amazon       心震える時 3,240円 Amazon  

      2
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 音楽とお笑いを並列で語ると言う事について

              私のブログが音楽とお笑いを二本柱にしてると言うと音楽を真面目に追究してる人は眉間に皺を寄せてしまうし、お笑いの方のファンは洋楽の事はよくわかりません。   となってしまう。 そこでちょっとその事について筋道を立てて話してみる事にした。     今から40年程前アルファレコードと言うレコード会社からタモリさんが音楽と音楽の合間にギャグやパロディを散りばめた「タモリ」「タモリ2」「タモリ3」「ラジカルヒステリーツアー」と言うレコードを出しました。   スネークマンショーと言う小林克也さん、伊武雅刀、桑原茂一さんによるコント集団はその頃未だレコードは出していませんでしたがラジオ番組で同じく音楽と音楽の合間にギャグやパロディーを散りばめた物をやっていました。       古く遡ればシャボン玉ホリデー、ドリフターズ等音楽と笑いを組み合わせた音楽ショーは日本のエンターテイメントでは伝統的なスタイルと行っても過言ではありません。     そのシャボン玉ホリデーやドリフターズを観て育った桑田佳祐さんやユーミン等その後日本の音楽シーンに多大な貢献をするアーティストがその後日本の音楽シーンを引っ張っていきました。     そう言う意味では音楽とお笑いを一緒に語っていく私のスタイルはそれ程異端ではない筈なのですが中々同じ事をやっている人がネット上で見つからず少し寂しく感じる事もあります。     赤塚不二夫さんのイヤミは色々賛否両論あるかも知れませんがトニー谷をモデルにしてると思います。   語尾にザンスをつけるところ等トニー谷を思わせても仕方がないですし、赤塚さんが日本のコメディで伝統的な古典芸よりタモリ~トニー谷等の奇芸に属するタイプのお笑いを愛したのは何となく理解出来る気がします。     では、少し季節外れではありますが算盤弾いてクリスマスを祝うこの歌を。                   「おそ松君」を熱く語った著書が人気の泉麻人さんが昔やっていた「冗談画報」には清水ミチコさんやウッチャンナンチャン、伊集院光等が新人時代に出演しています。     赤塚さんから、シャボン玉ホリデー、ドリフターズ、タモリ、冗談画報色々な物は類が友を呼ぶが如く繋がっています。     これからも日本のエンターテイメントでは王道のスタイルだったこのジャンルについて語っていきたいと思います。                  

      テーマ:
  • 09 Feb
    • 90年代お気に入りJ-ROCK特集!!

        ダウンタウンが人気だった頃、僕はテレビはサッカー中継しか観なかった。小室ブームも僕より上の世代の人達の物って感じがした。   小学六年生に上がる頃に母が近所のゴミ捨て場からラジオを拾ってきて僕にくれた。   そこで僕は今まで知らなかった音楽の世界の知識を広げた。   ビートルズのヘイジュードの最後の部分はバラードの曲がいきなりロックに変化する構成に驚いた。色々聞いて学校で習う音楽の世界とは違う世界が自分の中で開いた感じがした。     ビーチボーイズだろうが何だろうが、良い物なら何でも先入観無く受け入れた。     J-POPの番組では中村貴子の「ミュージックスクエア」を毎週聴いていた。 今日はそんな中から今記憶にある当時聴いていた主にバンド系の音楽をセレクト。       先ずはスーパーカー drive         思春期だったこともあって当時聴いていた音楽は切ない曲が多かった。 この曲の切ないセンチな心象風景が当時の僕の精神年齢にはJust Fit!!だった。             吉井和哉は当時かなり色男でユニークなキャラクターと合わせてお茶の間を賑わせていた。   貴子さんの番組でサマーソング特集で紹介されていたこの曲も今となっては懐かしい。           イエモンと並んで貴子さんが強烈に番組でプッシュしていたのがエレカシ。 エレファントのつくバンドが大好きなんですよ。と松本人志がご飯物のコンビ名が大好きとM-1で語っていたかのごとくエレファントラブ、エレファントカシマシ、ミッシェルガンエレファントの名前を挙げていた。   詩は凄く日常的な物がテーマだったので凄く生活に密着した音楽だなぁ、とスンナリ馴染めた。エレカシもそうだけどこの頃のバンドは骨があったなぁ、と下世代とのジェネレーションギャップを感じてしまう。       (他にもあの頃好きだったアーティスト達!!)                                                                             yann@beyoung  ホフディランのゆうひさん、お料理番組やってるんだね。平日のテレビ観てるといろいろ面白い。2017年02月09日 12:20   Anita@apple_scruffs_a  そして大変美味しそうでありますな。ホフディランのミュージック(「遠距離恋愛は続く」)に乗ってカレーが作られていっております。 https://t.co/9w1RRSyCmh2017年02月09日 12:18   よっ酢@Kagetomo8  Eテレでホフディランの雄飛とサッカーの北澤がカレー作る番組やっててキャスティングがめちゃくちゃだな2017年02月09日 12:16   Anita@apple_scruffs_a  Eテレのやさいの時間、ホフディランの小宮山雄飛が出てる。カレー作ってるし。彼もカレー好きだもんね(ダジャレではない)2017年02月09日 12:16    

      テーマ:
  • 05 Feb
    • バレンタインシーズンに選曲!ベタなLove Song特集~♪

                早くもチョコ責めにあっています!   送る阿呆に食べる阿呆、同じ阿呆ならのらなきゃ損損~♪ と言うことでバレンタインにはとりわけベタでシリーなラブソングが似合うんだろう、と言うことで今回はこの季節に合わせてベタベタなラブソングを紹介!     じゃあ先ずは一曲目はThe Beach Boys!!いつもそうじゃねえか…..     デニスがアルバム「ホランダ」もとい「オランダ」の為に作ったOnly With You!!     ベタベタ感半端無い甘いメロディーにストレートな歌詞を弟カールが歌い上げます。 何となくですがデニスの書く曲はこの季節に映えるなぁ。   ボクの一番好きなデニスナンバー「Barbara」も合わせて。エッ、Foreverは抜かすのかって?アレはもうみんな知ってるでしょう!                     ン~、では次は以前このシーズンに紹介して評判が良かったオノヨーコのリメンバーラブ。 素朴なメロディーでオノさんの曲では聴きやすいタイプ。この時期に良いのではないか、と。ちょっとヴァシュニティバニヤンみたいな雰囲気もある。                 続いてはじゃあビートルズ繫がりでワーズオブラブ。 家の父はワーズを聴いて音楽を聴いて生まれて初めて泪したそうですがこちらは伝説の彫刻家バディ彫り~のカヴァーです。フォーセールは今となっては一番聴くアルバム。一曲目にロケンロールミューズィックが入ってマスカラな~             続いてはベタでいきましょう!飛び切りビターでニガ〜な奴を。あっ、ニガーは向こうの放送禁止用語。まぁ、この季節は無礼講!ってことでお一つ。   ルースターズ「ガールフレンド」 ンー、名曲ですな~美人でもない賢くもない!だけど色んなことが分かってる!そうかぁ、そんな女性が良い。               ン~続いては~チョコレイト。シンプルに!高田みち子さんの名唱。ウーン、ジェントル甘い気品に満ちた香りだ。             こういった曲を沢山かける私好みの選曲番組「夢街名曲堂」土橋一夫さんの作詞作曲したこの歌を。真っ直ぐに生きてる物だけが見える翼。胸に突き刺さる歌詞です。             スティービーワンダーの代表曲「心の愛」 バレンタインでもハロウィーンでもないけどボクは貴方に伝えたい!愛している、と。 そんな歌詞だったと思います!             若い時にこの歌詞はストレート過ぎるんじゃない?と思っていた陽水が年齢を経るにつれて :飲み物に例えるとウイスキーが良いよねえ、とか否スコッチでしょう?私はウォッカが良いなぁ。ブランデーも最高!と枠がっていたのがやっぱり最後は麦茶と白湯が…   と老境の域に達してこの歌を唄ったそうです。             そろそろ疲れてきた…天国「君と太陽」 ブログ仲間のひろしさん作。名曲です!               もう少し粘って、頑張りましょう!失恋の唄は良くないと思いつつずっと使いたいと思って中々使えなかったのでハナレグミのヒッキーのカヴァー。これはもうアートの域に達している。静寂の美ですね。               私は自分のことを唄った詩はかなり少なくて、自分のことが一番つまらないと思っている人間なんで外を向いて何かに成り切って書いた詩が多いです。ノラネコに成り切ったり、老人に成り切ったり、イメージでいつも書いているため。どういう意味で書いたの?と聴かれても説明できないことが多い。これは一応ビーチボーイズのサーファーガールのLiitle one~♪を素敵な恋人~♪と訳してみたんですが原詩とは殆ど違う訳なのでご注意を!             ンっ、未だこんなのがあった!元まりちゃんずで低俗なコミックソングばかり唄っていた二人が崖の上のポニョをのぞみちゃんと一緒に唄っていたことで知られる藤岡藤巻と言うコンビになってからの代表曲!これで最後か?泣けてくる~               他にもドアーズのタッチミーやバングルスのマニックマンデーなどこの時期に選曲したいベタベタラブソングは沢山ありますが今回はこの辺で。じゃあ、又来週!月曜から又地獄の一週間だ!闘うぞ~♪                       宇多田ヒカル@utadahikaru  もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。 https://t.co/34ocEwCj8K2017年02月04日 17:25    

      2
      テーマ:
  • 29 Jan
    • アートガーファンクル/天使の歌声

              Sugarmountainさんの書き起こした大瀧さんの”ポップス”普動説です。   この記事を読んで自分がどのタイプのリスナーなのか確認するのも面白いと感じました。 自分はどのジャンルに手を出してもお笑いに行くのでかなり左に近いのかな?と。     昨日録音した夢街名曲堂で長門芳郎さん土橋一夫さんが語っていたのですが70年代初頭の日本のROCK黎明期あの時代のミュージシャンはもしかしたらどんな音楽評論家より勉強熱心だったし一枚のレコードに熱心に耳を傾け吸収し、それをどう自分の音楽に活かすかと言うことに対し貪欲だった。と言うようなことを語っていました。   やっぱり食べ物とか洋服もそうだけど充分に与えられてない人の方が貪欲だしそのジャンルに対する思い入れも強いですよね。年輩の人の洋服に対する拘りとか親世代の食べ物に対する拘りの強さとか結構ビックリします。   僕自身で言えば音楽に関して言うと少年時代洋楽の情報は今みたいにネットも知らなかったし、毎日ラジオをテープに録音したりハングリーだったなぁ、とは思いますね!   ビーチボーイズのスマイルが公式に出るなんてあの時は考えられなかったことでそれが実現したということの凄さ。なのであの作品を聴いて前半軽い感じだけど後半深みもあって流石だ。とか良く良さが分からない。とか組曲形式で良かった。只のアイドルバンドだと思ってたけどビートルズに匹敵すると思った。見直した!なんて言う意見もあったけどでも、やっぱりどの意見を聞いてもウーン、あの作品に対する思い入れの深さとは違うんだなぁ。   これが飢えていたからこその良く言われるSmile幻想だと言われたとしても中々そこは認めがたい物が。               アートガーファンクルのアルバムを買ったらポスターがついて来たので飾りました。 実際にこのようなところをスタジオにして録音したとのことです。   参加メンバーを見てみるとギターにしっかりポールサイモンが参加しているし、他にもラリーカールトン、ベースにジョーオズボーン、ドラムにハルブレイン、ジムゴードン、キーボードにラリーネクテル、マンドリンにトミーテデスコ。しっかりビーチボーイズ全盛期を支えた今で言うレッキングクリューのメンバーが。ちなみに先程話した夢街名曲堂情報に寄ればレッキングクリューと言う呼び名自体は彼等の全盛期には使われておらず後からそう呼ばれるようになったとか。   スペシャルサンクスでキャスエリオットの名前が入ってますが何故キャスなのか?勿論キャスとアートに親交がありそうなのは容易に想像できますが何か彼女の名前を出す特別な理由は?Sugarmountainさんがもし、記事を読んでいたら教えて欲しいです。     アルバムの中身に関して言えば一曲目のトラヴェリングボーイ(邦題『青春の旅路』)はロジャーウイリアムスにポールウイリアムスと言う伝説の人物二人によるペンの作品。 ヴァンモリソンのI Shall Sing、ランディニューマンのOld Man、トラディショナルとバッハの曲に詩をつけた構成はS&G時代のスカボローフェアを想い出させる木の葉は落ちて/魂は何処へ   A面だけでお腹いっぱいなくらい素晴らしい作品でした。 A面で小休止、コーヒーでも煎れてもう片面~♪が父の昔のレコードの聴き方でそれくらいのタイム感覚が良かった(つまりCDは長すぎる)そうで、ボクもそれに倣ってA面聴いたら他のことやったり或いは片面だけ聴いてもう片面は後日。と言うことも多いです。     アルバムとしては当時としては凄く新しい感覚もありつつ、時代性に囚われないGood Time Musicと言う感じです。この人はポールサイモンのようにクリエイターではないので豪華なアーティストに支えられてその素晴らしい名唱を聴かせると言うスタイルが合ってますね。     Traveling Boy          I Shall Sing       Old Man               (イヤ~やっぱこっちのヴァージョンも素晴らしい!アートの透き通るような声もいい。ランディの皮肉混じりの(失礼!皮肉のニュアンスを含んだ)ガラガラ声もいい。)     夢街名曲堂は大瀧さんやナイアガラ、ビーチボーイズとかサンシャインポップスあの流れをくんだアーティストを多数紹介する素晴らしい音楽番組です!   松田聖子さんに細野さん、大瀧さんが提供した楽曲をそれぞれ聞き比べてみると面白い。 それぞれ趣向性の違いとかあの時代アイドルソングを作るのはアーティストにとってもッ一つの実験の場で色々な試みがされていたのかなぁ、と感じます。                             (私が思うにアイドルソングではこれが最高!でしょう。日本流アメリカンポップスの最高峰!ダーレンラブもカヴァーしてます。)       今日はこれくらいで。あっ、もうちょっと言いたいことあった(笑) はなわのネタでは私はこれが一番好きです。             リプログで紹介したSugarmountainさんの記事にもありましたが、こういう芸人とロックというのは昔から相性が良いというか   50年代はエルヴィスもジェリーリールイスもアーティストじゃなくてショーマンだったからそう言うのを聴いてビーチボーイズだって育ったからマイクのあのスタイルも出来たわけだし、アーティストって言葉がちょっとやっぱり抵抗ありますよね。桑田さんなんかアーティストって言われるの嫌がる。坂本龍一さんがアーティストって言われるのは当然だけどオレはそう言う形容は合わない。辞めてくれ!って自著で語っていましたね。   『ハウンドドッグ』   いつ聴いても飽きないピカソのゲルニカにも匹敵するユニークなロックソングだと思います。           ジェリーリールイスの『火の玉ロック』   何となくジェリーリールイスという人にはそのパフォーマンスから人物自体にも惹かれるところがあります。                     思っちゃったんだからしょうがないbot@omocchatta_bot  もしも、辻仁成が「辻人生ゲーム」というテーブルゲームを作ったら “誰も愛をくれない→一回休み” というマスがあると思う。 (あんけいよー)2017年01月30日 23:29   カシアス耕作@6996296  今朝の一句:鳴かぬならみんなで笑おうホトトギス 説明不要!世界に向かってコマネチ!笑いは世界を救う! では、行ってきます!! https://t.co/LwuhgPh1Ay2017年01月31日 07:35     カシアス耕作@6996296  平和の俳句は平和をテーマにした大喜利で昇太の役をいとうせいこうがやるようなものだと思ってます。 https://t.co/IjOvs47J6G2017年01月29日 07:07        

      テーマ:
  • 28 Jan
    • 音楽ブログのつもりじゃなかった

              久しくブログのための記事は書いてないというか。フェイスブックで思いつきで書いた記事の中からあっ!これは記録しておく価値があるかな?と感じた物を抜粋してるので最近は無理矢理感が無く、自然体かも知れないし又、つぎはぎ感は少しあるかも知れません。   音楽ブログといつの間にか銘打つようになったんだ。 最初はそんなつもりじゃなかった!好きなこと書くためのブログだった。   それがいつの間にか読者が増えていく内に周りから音楽記事を期待されるようになってしまい   :音楽記事を書いてください!   そう言われるようになったので元々気の弱い私はそう言われたらその思いに応えるしかないじゃないか??そもそもやりとりしてる人の大半が音楽ブログで何故か他ジャンルは私を避けていくらしい。動画を使ってるって部分もあるかな?割と話題が(云われなくとも)マニアックだしね~♪     最近気に入ってる音楽番組はずっと言ってるカエラのコズミックレイディオ!と夢街名曲堂。この二つは欠かさず聴いています。   今日は久しぶりに渋谷さんを聴いた。ウインターソング特集でビョークとか。 早朝はバラカンさんを聴く予定。   渋谷さんでROCK!!を激しく聴いたせいか眠れず時間つぶしのためにネットをいじる。 ネットでは健康情報や天気予報をチェック。後は検索のツールとして使ってます。ブログも質の良いのは幾らでもいるけどその中でも楽しくやりとり出来る相手だけを残しています。   音楽に使ってるお金も最近は少なく、生活費と珠にラーメン食べに行ったりそう言うことで消えていく感じ。スヌーピーの英和辞典。これは凄く面白かった。ピーナッツの会話に出てくるような単純な英語を作品の例文つきで紹介するこの本はかなり昔から人気の英辞書だったそうな。文芸好きの私はドストエフスキーのロシア語辞典とかそう言うのがあったら面白いかも、と思ったり。         スヌーピーの英和辞典―カラー版   Amazon             さて、音楽ですが(やっぱりそっちに逃げる!)太田裕美さんの歌謡曲。 フェイスブックでファンの人が色々上げてるのを見て太田さんの動画こんなにあるのか!!と驚き。   恋愛遊戯、First Quarter~上弦の月~、夕焼け、ピッツァハウス二十二時。 ひろみさんのラジオで耳に馴染んだ名唱の数々。夕焼けが好きだったなぁ。   答えがないから~青春だった~答えがないから~♪                                   (ヒロミさんのルーツ!!)     ユーミンの動画はホントにないなぁ。アーティストによって好きでもあったりなかったり。       お笑いで好きならもさんの動画をSugarmountainさんが紹介していたので。イヤ~この頃のらもさんは神懸かり的に面白い!                   (カラオケで演歌を歌う人を見て自分も歌いたいと思ったのですが自分に合う唄が見つからず簡潔な演歌を作詞作曲しました。)     『虎』   (台詞:打って来るぞと天婦羅の 器を片付け出掛けるは 復讐誓ったマウンドよ ビール片手の中高年や 何にも知らない青二才 今宵、4番の名前に恥じぬ 私、場外打ちまする!!)   奴は俺の眼光睨み 外角高めを投げてくる イダ天男が盗塁目指し 奴の視線が後ろに移る 何にも知らない 若輩者に 虎の名前を焼き付けろ 焼き付けろ〜 ♪   今日の試合は惨めな物よ 苦いビールの味がする 反省ばかりが全てじゃないと 素振りの姿で全てを語る 野球、孤独と背中合わせよ 男は口より背中で語れ 背中で語れ〜 ♪       演歌を歌ったりオペラの替え歌を作ったりタモリさんの後追いばかりで申し訳ないです。 何故か地元で名司会者の声が。言われるほど上手くないんですが(笑)バレ無い内に世代交代したい(笑)             (こうやって一部の動画を観るだけでも、音楽とお笑いが融合した凄いバラエティー番組だったんだなぁ、と。)   お気に入りの「Kamakura」の内ジャケから。夫婦二人仲良く。確かこのアルバムが出た頃はさんまさんがアルバムの宣伝CMに出演してたとか。アミダババアの唄。等たけちゃんマン時代から気があったんでしょうか?有名なクリスマスショーもさんまさん司会だからこその豪華なメンツが成り立ったとか。桑田さんとお笑いは切っても切り離せないですね!お気に入りは二枚組、一枚目のB面。     :欲しくて欲しくてたまらない(間奏でスティービーワンダー風のハーモニカが入る) :Happy Birthday(クリスマスとか特別な行事。ここぞという行事に名曲を書く桑田さん。お祭り男というか流石ヒットメーカーとしてのセンスを感じる。イントロから、アレンジも良くできてると感心) :Merody :吉田拓郎の唄 :鎌倉物語       この一枚目B面はサザンの最高の瞬間を捉えた物の一つ。                 ブルースを朝聴きたいと思うようになったのはバラカンさんの影響かも知れない。 バラカンさんが以前サエキけんぞうさんと話した時にサエキさんが   :ブルースを暗い音楽だと思ってずっと避けてきた     という話をされて「意外だった」と語っていて、バラカンさんのラジオを聴けば分かると思いますがバラカンさんはブルースを暗い音楽だと捉えていず、むしろファンキーで楽しい音楽だと捉えているのが分かる。このベスト盤にはストーンズの「Shake Your Hips」の元ネタ「Going Back Home」も収録されている。ハウリンウルフでブルース朝からゴキゲンである。                                       以前やりとりしていた方に教えて貰ったバンド。YMOの影響も感じる。 Tokyo Junk!!          

      テーマ:
  • 21 Jan
    • 好き好きMusic Special!!

           昔、放送部時代一緒に部に所属していた先生の言葉 :今、売れてる音楽を聴いた方が良いと思うよ  私がKYに年に似合わぬ渋い音楽を紹介していた事に関しては色々賛否両論が分かれた。自分也に歌詞を朗読して紹介したり創意工夫を試みたがお昼の時間はクラシックが、とか。 中には歌詞の朗読が上手いとか間の取り方が良いとか褒めてくれる人もいたんだ。でも、世間での音楽の認知ってそう言う物なんだと思った。みんなが聴いてる流行ってる音楽を聴く事が良い事なんだ、と。 今は地元で司会業を任されるようになってそう言う経験が活かされていると+に考えたい。 オリコンとかチャートと言う物は今、若い人達の間でどれだけの力を持っているんだろう。中学生の頃は毎週チェックしてたし宇多田が出てきたときが一番衝撃だったね。それまで名前も知らない人がいきなり一位に出てきてしかも聴いたら滅茶苦茶新しいセンスを持った音楽だったから。 一方で私はラジオを聞いててお気に入りの邦楽番組が中村貴子さん時代の「ミュージックスクエア」スーパーカーとかイエローモンキー、ハイロウズ、ゆらゆら帝国、フラワーカンパニーズ、高野寛、クラムボン、ホフディランあの頃番組でかかってたJ-POPは今の数倍面白かったなぁ。 最近良かったのは在日ファンク、星野源、ZAZEN BOYS特にZAZENは凄かった。 アドバンテージルーシーと言うバンドは中村貴子さん時代の「ミュージックスクエア」で聴きましたが元はルーシーヴァンベルトと言うバンド名でやっていたのが著作権の問題で改名したとか。「グッバイ」と言う曲がよくかかってて :嗚呼、いいなあと思って聴いてましたが確かSinger Songerのヒット曲は少なからずこの曲に影響を受けていた筈。  7年程前にLive Beatと言うバンドでこのバンドのライブが放送されて十年振りに聴いて懐かしいとともに昔より良くなっているのに驚いた。その頃発表されたアルバムには草野マナムネさんの推薦コメントもついてたとか。  やがて雨は止み 旅に出ようよ柔らかな陽射しの未来へと新しい車にいつもの曲で夢の続きへと走り出すんだ ♪       大好きソング①  子供の頃この唄が好きで。替え歌を作ろうかと考えてハテ?この詩より面白い詩が描けるかと考えた結果辞めました。今聴いても滅茶苦茶面白い。噛めば噛む程笑いが止まらないスルメイカコミックソングです。      大好きソング② 一緒に年をとっていこうって言う唄ですね。その願いは敵わなかったが。 ジョンはこの曲をウェディングソングのスタンダードにしたかったと言う願いがあったらしい。イヤ〜やっぱ、コレはね〜泣けるよ!!     大好きソング③  とにかく、前を向いて頑張っていこうって言う時にこの唄が沁みるね~  皆さんは、どちらのヴァージョンがお好みですか??    (又、例によってシンプルな日本語詩をつけてみました!!)    どんなに辛い事が待っていても 僕は明日を信じ、長い道を歩く きっと 世界はいつも無情に 過ぎ去っていくよ Oh…. どこまで行けば、この道は終わるのか?ススメ~ 行こう、行こう 長い道を 今日を乗り越えて 一人、取り残されて 孤独を感じても Oh…. いつでも 僕を 明日が待っているよ きっと! 深い夜が明けた頃に 朝日が昇る 行こう、行こう 長い道を 休まず ススメ~♪  ようこそ夢街名曲堂へ!@yumemachi_m 1/21・28(土)21時~K-mixと1/22・29(日)16時~FM PORTで放送の「ようこそ夢街名曲堂へ!」は、昨年音楽本を出した音楽プロデューサーの牧村憲一さん、オーナー、店長の3人で、「音楽本の愉み〜Books Tri… https://t.co/Pt2LorNIbs2017年01月19日 15:13  

      テーマ:
  • 15 Jan
    • 風に吹かれて

         ベットミドラーはB級映画に出てアホっぽい演技をしてるちょっと洒落の聴いたオバさんと言うイメージがあります。 昨日録音したラジオで紹介された「踊りませんか?」のワルツ調のこのアレンジは中々面白かった。 :アメリカが生んだ最後のシンガー この曲が入ってる1st.アルバムの邦題だそうです。当時SSWブームで、レコード会社としてはそう言う宣伝文句で売り出し方だったんだろう、と。 BBによるアップテンポヴァージョンが有名ですが曲自体が秀逸と言う事でしょうね。  風に吹かれて 作詞:耕作 (この詩を書いたのはSMAPがきっかけですが、ビートルズ解散のこともあったし、個人的な心情もあります。別れた後再会すると意外と素っ気なかったり、お互い人見知りしたり自分が思ってた程心通じてなかったのかな?とか自分の場合、そんなことの繰り返しですね。)    この丘を共に 越えていこう明けない夜は 無い筈と明日の答えは 霧の向こう  ビル街に 雲が浮かんで広い青空に 吸い込まれそう風の吹く方へ 飛んでいく  別れはどんな時だって辛い夜明け前はいつも いつだって暗い  それぞれの 道を往こう楽しかった事 色々あるけど大事な思いで 胸に秘め  人は皆、孤独抱えて海を漂う 小舟のよう 虹の向こうに 連れてって このまま….    イヤ、しかし木村カエラのコズミックラジオ面白すぎ!若いDJでは一番良い!!    酒井 静香@shizukavn 結婚式場で演奏してから、帰りはいつも木村カエラのコズミックradio♪癒される〜2017年01月08日 15:02 

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 漫才:退屈なスピーチ

           耕作:しかし、小学校時代朝礼の先生の挨拶とか退屈でしたよね。まぁ、何処言ってもそうだけどインテリの話って言うのはつまんないんでしょうね。横文字ばっかり並べちゃってね。 そこ行くと今世間を騒がせてるトランプ大統領って言うのは話が分かりやすいんで受けるんでしょうね?トランプの次はオセロ大統領なんて出てきて、もっと白黒ついて分かりやすい 結婚式のスピーチなんか退屈ですよ。やっと飽きてきたと思ったら花嫁のお父さんが「てんとう虫のサンバ」なんか歌い出しちゃって私も負けじと頼みましたよ!『シーフードのドリア』 谺:つまんねーよ! 耕作:ここまでは余興。花嫁の奥さんが本当にこの美女と野獣で英語で言うとビューティー&ベースボール=美女と野球 谺:オマエの話が一番退屈だ…. 耕作:今まで一番良かったのはこの前聴いた睡眠のエキスパートの先生くらいですかね。 谺:へぇ、どこら辺が良かった? 耕作:アンマリ先生の話が心地よかったんで眠くなって忘れてしまいました! 谺:それじゃ、ダメだろ!もう、いいよ!!  お祭り小唄    タ はターキーのタチ はチキンのチツ はツクネのツテ は手羽先のテト はトリュフのトナ イフをちゃんと二 ぎりしめたらさあ、飲んで騒ご! Go Go Go…  ど•れ•に•し•よ•う•か•な?(な•ん•で•も•ご•ざ•る•よ!) さかな~フライ~イクラ~穴子♪玉子~筋子~釜を焚いて~ ♪ (食べよう!飲もう!踊ろう!騒ごう!)  楽しい夜は静かに更けて~ (タ!) のしい夜だ(チ!) 球全体!(ツ!) み人達も(テ!) ンを仰いで~(シュ) に感謝して〜(ミ) ~はラッパ飲み~(シ) チメンチョウ 食べて愉快な奴ら~    よ~~あ~~け~~ま~~で~~つ~~づ~~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:  (今日は~楽~しい~ お~ま〜つ~り~)(さわ~) (ぎさ~) (みな~)  く~よ~ Oh.Oh.Oh…….(く~よ~) (チャンチャン)

      テーマ:
    • ビーチボーイズへの思い

        ブログ仲間のももんが。さんにビーチボーイズへの思い託されたんでとりあえず一ネタ。  歌のレッスンを受けている先生から要らなくなったと言う事でピアノを進呈され、暇を見つけてはいじくり続ける日々。私自身小学時代毎日クラシックの先生から授業を受けていたがRockに目覚めてから堅苦しい音楽でなく本当の音楽の楽しさを教えられ、通っているところがそう言う体質でなかったため合わなくなって辞めてしまった。 と言うよりRockと出会うかなり前から辞めたいとは思っていた様な気がする。久しぶりにいじってドレミの唄とかそう言う割と基本的なのをちょこちょこ弾いています。色々音楽は聴くだけじゃなく自分でプレイしてみると色々面白い発見がある物でこの前ビーチボーイズのカールが作曲した「Feel Frows」この曲のフレーズ  (white hot glistening shadowy flows)Feel frows,feel goes(Black hot glistening shadowy flows)  これを高速回転するとサーフシティのフレーズにソックリだと言う事に気がつきました。  Yeah,we're going to Surf City,wanna have some fun(Woo Wee Woo)Well,we're going to Surf City' coz it's two to one(Woo Wee Woo)yeah, going to Surf City,wanna have some fun(Woo Wee Woo)  ビーチボーイズって言うのは癖の強いバンドで他にも癖の強いアーティスト一杯いるけどこのリズム感とかメロディーのこう言う感じって言うのは誰も真似出来ないビーチボーイズだよねって言う感じがある。        (↑この曲をブログをお辞めになるももんが。さんに捧げます。↑)  Rock以外は音楽じゃない! と語る近田春夫さんがいて 坊や、Rockは音楽じゃない。生き方なんだ。 と語る山口富士夫さんがいて ロックとは楽しさを追究した音楽。と昔ブログで書いた事がある。 その楽しさを追求した果てに極楽浄土が待っているのではないか?と思っているのだが果て?? ブログ仲間のひろしさんの名曲:君と太陽  天国ヴァージョン。名演です!!      (愛しの糸コン舌鼓おでんin パラダイス♪ 夏でも冬でも気分は〜♪ Let's In おでんハワイ〜♪)  最近はドノヴァンにハマってます。色々聴いて1st.とドノヴァンの贈り物が特に気に入りました。1st.も良いけどドノヴァンの贈り物の方がコアな感じがする。      佐々木幹郎@alicejamjp NHK-Eテレ(教育)【100分de名著「中原中也詩集」】1月9日(月)午後10時25分~10時50分/1月16日(月)午後10時25分~10時50分▼出演【指南役】太田治子【第1回、第2回、VTR解説】佐々木幹郎【朗読】森山未來 https://t.co/vKT3ELksUI2017年01月05日 08:30  

      2
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 『誰でも出来るラップ講座』 byカシアス耕作

      表現部[Amebaグルっぽ]    耕作:明けましておめでとうございます!中州産業大学教授、カシアス耕作です。 今回はラップをテーマに話させて頂きます。 小学時代駄洒落博士と言われた私がその言語スキルを活かしてラップをレクチャーしよう!と。 谺:勉強になります~(拍手) 耕作:先ず音楽で言う韻を譜むって言う作業は言語を扱う表現ならもっと遙か昔、シェークスピアの時代からやっていたと思われます。只、その話をすると長くなるので今回は軽く。 先ず挨拶。これをテーマに軽くラップしてみますね!(谺:挨拶?フム。)耕筰:イェー、イェー、挨拶、それは大切!解説つまり前節!神田川、南こうせつ!間接、外してキャンセル!ヤントニオ猪木の伝説!ヘイ! と、やや無理矢理感はありますが、こうやって語尾の母音、或いは子音を揃えることで言葉の響きとかリズム感、ノリが良くなるわけです。 谺:ホォー 耕作:これがマスターできれば唄の内容に合わせてラップを被せられるようになります。じゃあ、谺さんの名曲「衝突」に被せてみますか。私のライムを。 谺:大丈夫かなぁ。(耕筰:大丈夫!)じゃあ、いきますよ。唄:生と死の欲動が交錯し、衝突する~ボクの国の中では暴力が頻発する~♪ 耕筰:イェー、イェー、イェー、交錯し、衝突!デコボコ、それはオートツ!ネットする奴は情報通!トランプに安倍が譲歩す~ 谺:ちょ~っと待った~!! 耕作:なになに?? 谺:流石にオレの大事にしてる唄に勘弁してくれ!デコボコ、それはオートツ!って途中から変な方向に行ってたし~ 耕作:だから制御不能~♪なんじゃないですか~ 谺:衝突の歌詞ね。でも、やっぱりちょっと~ナンつーんだ、その~ 耕作:じゃあやっぱり陽水さんの唄とかにしますか? 谺:陽水さんもファンがちょっとひんしゅくを浴びるような。 耕作:じゃあ、ユーミン!(谺:否、ユーミンも)大瀧さんにしますか?(亡くなってるからな~)つんく、つんくなら良いでしょう。(谺:イヤ~つんくでも何でもあんまり..)分かった!じゃあ日本国憲法! 谺:日本国憲法って唄じゃないじゃないか!相変わらず無茶苦茶だ。それじゃあ読みますよ。『第一条 天皇は国の象徴 人々の統一の象徴とする。』 耕作:イヤ~、イヤ~、昭仁様、彼はシンボル!空に鳴り響くシンバル!明日開かれるシンポジウム!討論の果てに進歩す~ 厚焼き卵と軟骨~ オンリーワン 奴はNo.2!!一人寂しい寝正月~♪ ヘイ!! 谺:また、滅茶苦茶だ…『国の主権は人々にあり、天皇の地位も人々の意思に基づいている。』 耕作:そう!そう!そう!そう!みんなが彼を選択!おばあさん、今日も洗濯!桃が流れてきて監督!切るかどうするか3択! 谺:….まぁ、考えればラップは幾らでも作れるってことだね。 耕作:これに意味を持たせるって言うのが難しいんだ。 谺:是非、手軽に楽しめるこの遊びを皆さんも楽しんでください。  二人:有り難うございました~   通っているピアノ教室の先生からピアノを送呈されました。大変嬉しく朝からノリノリで歌心全開で歌っていました。 下の歌詞はあまり暑苦しく無い軽やかなランニングソングを作ろうと思って描いた詩なのでワザとシンプルな内容になっています!   風を切る  走る(走る) 走る(走る) 風を切って走る 走る(走る) 走る(走る) 雲を追い越して  Run Run Run Run Run Ra RunRan Run Run Run Run Ra RunRun Run Run Run Run Ra RunRun Run Run Run Run Ra Run  気がつきゃ体からマイナスイオンが 走るのは楽し 心も弾む  走る(走る) 走る(走る) 湘南海岸走る(走る) 走る(走る) 小金井公園  Run Run Run Run Run Ra RunRun Run Run Run Run Ra RunRun Run Run Run Run Ra RanRun Run Run Run Run Ra Ran  男は30から 走り始めると 僕のおじさん言ってた その通りだった  なびく(なびく) なびく(なびく) 日の丸の旗が溶ける(溶ける) 溶ける(溶ける) ヨークルスアゥルロゥン Run Run Run Run Run Ra RunRun Run Run Run Run Ra RunRun Run Run Run Run Ra RunRun Run Run Run Run Ra Run   思春期の頃ジャケに惹かれて買ったはいいが全く良さが分からなかった。美メロの連続に聴いていると段々、スピリチュアルに心が高まっていくのを感じます。    ドノヴァンの贈り物/夢の花園よ1,888円Amazon  

      テーマ:
  • 09 Jan
    • 音楽熱話

          今から十余年前、オレは聴く方に関してはバリバリのロックリスナーだった。今は聴かないであろう音楽も背伸びして聴いてた物だった。 渋谷陽一さんの番組で「隠れた名曲、意外な名曲この一曲!!」と言うリクエスト特集のお題があり、私はオジーさんならぬイギー伯父さんのこの歌をリクエストした。 渋谷さん曰く:イギーとB-52sなんて水と油じゃないか?と思って聴いたらお互いの味がどちらかに迎合しあうでも無く上手い具合に溶け合ってる。恥ずかしながらこの曲知りませんでした。とのことだった。 渋谷さんはロック評論家として色々聴かなきゃいけないDisc.が沢山あり、全ては聴けないのだろう、とスンナリ思った。渋谷さんの言葉で心に残ったのは :批評と言うのも表現だ。 と言う言葉かな?批評してるってのは一つの表現なんだから只、気に入らない物をボロクソに言えばいいってもんじゃない。批評する言葉自体も表現として美しく無くてはいけないのだと言う事を教えられた。      以前、カラオケで「ドリフの早口言葉」を歌ったら盛り上がったので今度はこの曲を歌おうと思って。この曲は日本で最初のラップと言われる事も多いですが、その少し前にテレビで人気だった「ドリフの早口言葉」も元祖と言われているし「俺ら、東京さ行ぐだ」だと語る人もいて。 最近「たけしのニッポン芸能史」と言う番組でコミックソング特集を組んでその中で「俺ら、東京さ行ぐだ」が最初からラップを意識して作られた歌だったと言う話にはかなり感動しました。咲坂と桃内に話を戻すとカラオケで歌おうと思って歌詞を思い出してみたらちゃんとフレーズの一部に :すももも、ももも、もものうち。となりの客はカキを食う。:竹がきに、竹たてかけたのを誰立てた。とドリフの早口言葉へのオマージュがあったではないですか!?如何に当時の志村さんの感性が時代の先端を言っていたのかと言う事に又、感動致しました。    ごきげん、いかが 歌詞   先日通っている歌のレッスンの先生にこの歌をオペラ調に歌いたいと申し出たところ:この曲のどこが気に入った?と先生がボソッとお聴きになったので:メロディーラインですね。と答えたのですが非常に冷ややかな反応で 通っているレッスン教室はスタンダードなポップスのレッスンを専門としてるところで、ブライアンウイルソンが一番アヴァンギャルドに狂っていたこの時期の音楽を聴いて「?」感が半端無かったようで :先ず、ポップスをやりたいならポップス。オペラをやりたいならオペラ。これはバンドでやるから良いんであってあまり誰も知らない様なこの曲を皆の前でやるのは大変難しい技量が必要。 来年度迄歌う歌を先生達と考える充電期間にしようと思ったのですが相当この曲が気に入らなかったらしくビリージョエルでも何でも歌いたい歌を今のうちに決めないとどんどん時間過ぎてくよ!といつになく厳しく言いよられてしまいました。 この曲が入ってるアルバムはブライアンウイルソン自身がロックオペラと形容しているのでオペラ調で歌いたいと言う発想は的外れではなかったかも知れないけど。 ビーチボーイズのデニスウイルソンが :God Only Knowsを聴いてブライアンのやりたい事が分かった。兄の胸の内が歌を通じて伝わってきた。と有名な発言があるのですが今となっては私から言わせれば:英雄と悪漢を聴いてブライアンウイルソンが目指したい方向が分かった。と言うか。 ブライアンウイルソンと言う人は創造すると言う行為の中に全身全霊を支げてしまった人だと私は思っていてそれ故に受け取ったリスクもあまりにも大きい人生を送ってきた人だと思っています。ブライアンはドラッグの助けを借りてまでもこちらの方向に行きたかったのだ。と最近しみじみ思います。 :Smileに比べればペットサウンズはクズさ。同じくデニスの言葉です。            思っちゃったんだからしょうがないbot@omocchatta_bot アメリカンギャングの、先輩へのヨイショで最も多いのは 「今のセンパイの言葉、ソッコーでタトゥー入れますよ!」 だと思う。 (あんけいよー)2017年01月08日 17:29 MONKEY@monkey_info1 柴田元幸が訳し下ろしたチャールズ・ブコウスキーの短編「アダルト・ブックストア店員の一日」を掲載! MONKEY次号(2/15発売)は特集:ともだちがいない! 詳細・ご予約は▷https://t.co/ElvRLKbMxY #柴田元幸 #ブコウスキー2017年01月07日 12:30    

      テーマ:
  • 04 Jan
    • ディランをテーマに漫才♪替え歌♪

         漫才:現代版お伽噺 耕筰:ボブディランがノーベル文学賞を受賞したのは画期的だったね!その昔フォークミュージシャンがロックを始めたと言って大ブーイングを浴びた彼が半世紀後ポップスの詩が文学賞を受賞して良いのかと大論争にあった。フォークとロックの垣根をとった男が半世紀後にポップスと文学の垣根も飛び越えて賞を与えられた。革命って言うのはこの垣根を飛び越えることだと私は思うね。 谺:珍しくまともな話じゃん! 耕筰:まともな話、未だ未だ続きます!今回はボケ無しで!(谺:オォー)ディランに賞を与えたってことは文学という物がそれだけ行き詰まっていると言うことの証ですよ。もう今、多分文学に色気を感じない人が増えてる。私なんかもそうですね~。古典ばっかり読んでる。何世紀も読まれてる古典は偉大ですね。例えば「桃太郎」 谺:名作!???だよね〜.... 耕筰:ただ、先程言った垣根を跳び越えるという話で言えば桃太郎も、もう少しリニューアルして現代版があっても良いんじゃないか、と思うんですよね! 谺:そんなことは無いんじゃない?現代は現代の子供に聴かせる話を作ってる訳だし、古典は古典でそのままあれば。  耕作:そこで私が考えました!現代版お伽噺!題して桃太郎ならぬ「山田太郎物語」 谺:無視かよ!なんだその陳腐なタイトルは!それだったら蜜柑太郎とかバナナ太郎とかの方が未だ読みたいとおじさんは思うなぁ。 耕作:ハイ、バナナだけにスベってゴメンネ、ゴメンネ~ 谺:蜜柑だけに酸っぱいツッコミでした。 耕作:その弁解、渋い柿の味がするぜ! 谺:そろそろ果物ネタから離れろ! 耕作:山田太郎物語。この話は如何にも普通で何処にでもある名前の男が川から流れてくるところから始まる! 谺:ちょっと待て!確かに何処にでもありそうでなさそうな名前だけど川から流れてくるってやっぱりその設定が古いよ! 耕作:野球だけにミットもねえ!ってか??谺:やっぱりドカベンの山田太郎じゃないか?いい加減にしろ!   耕作:舞台を現代に戻します。今時スリラーと言ったら四谷怪談が舞台じゃ現実味がない。ネットの世界はもっとスリラーだじぇ~ 谺:ネットを舞台にしたホラー話。ソレ読みたい!読みたい! 耕作:山田太郎が川から流れてくるとおばあさんがそれを拾い上げ、おじいさんがソレを切るとネットの世界は大炎上!「おじいさん、そんな大きい桃切ったら人が入ってたらどうすんだ~」「マジ、このおじいさん怖いよ〜!!」 谺:ちょっと待て!舞台はネットの世界なのに山田太郎は画面の向こうにいるんだな?どっちがメイン舞台なんだ? 耕作:正にスリラー!3次元四谷怪談。 谺:本当に、いい加減だ。話の作り方が。 耕作:途中オペラも入ります。良~く来た~♪鬼の国へ~♪丸~呑~み~♪八つ裂きさ~♪お~前~に~♪たった一撃喰らわす~♪(The Beach Boys 「Do It Again」) 谺:耕作さんの好きなビーチボーイズの唄も使って趣味趣味感半端無いお伽噺だな~     耕作:一寸さんが~来てくれた~♪助~けに~♪お碗にのって~来てくれた~♪私~を♪(Me Japanese Boy) 谺:ちょっと待て!歌は良いけど内容!一寸法師になってるぞ! 耕作:一寸さん~♪あの娘を助けてやりな~♪早く時間が飽きて来ちゃった~♪(スーダラ節) 谺:スーダラ節のメロディーに載せて聞こえてくる声はネットの観客の声か?いよいよ話が分からなくなってきたぞ~ 耕作:この後話はどんでん返しを迎えますが時間がないのでこの辺で! 谺:最初から考えてなかったんだろう!もう!!いい加減にしろ! 二人:どうも有り難うございました~    (時代は変わるにオリジナル日本語詩つけました) 腰の曲がった老人が 辛そうに自転車押している僕の未来を重ねて、何も言葉が出なかった 嵐の夜も、風が吹く朝も 無情に世界は 変わらず回っていく ♪ 今の僕を年老いた 僕は観て何を想うの??昨日、楽しかった記憶を 今日も引きずり昨日正しかった答えに 今日もしがみつく 僕より劣っていた筈の男が、僕を抜いていく取り残された マヌケな男が一人 ♪ 今日、平和でも 明日には爆撃機が飛び交いそんな状態も長くは続かない今日、健康でも明日には病魔が襲い明後日、回復して 来年には墓場行き 葬儀に参列した者達にも、いつかは忘れ去られそれでも、世界は 変わらず回っている ♪ 共に働く、仲間達よ 未来、出会う者達よいつかは別れ、離れていく 今迄、お世話になりました  未来の世代にバトンは渡る それまで世界は 僕らの物なんだ ♪ つまらぬ道徳説く者や 正義を振りかざす権力者貴方の信じる真実は いつでも、木の葉に揺れている 正しかろうが、後悔しようが風に吹かれて、全ては過ぎ去っていく ♪   カシアス耕作@6996296 金鉱を掘り当てられると噂の国で一人だけ金鉱を掘り当てずにお金を儲けた人間がいた。どうやって儲けたかって金鉱を掘り当てる「斧」を売って儲けた。2017年01月05日 15:05  思っちゃったんだからしょうがないbot@omocchatta_bot 「ワシャ、帰るで!」 と 「Have a nice day!」 は、似てると思う。 (ホロ酔いのキリン)2017年01月03日 15:29 nima@mattetemattete 大滝詠一さんが作ってたのか…うなずきマーチ(゚o゚;2017年01月03日 09:00 思っちゃったんだからしょうがないbot@omocchatta_bot なぜ、昔の人は「買う」と「売る」という、真逆の意味を表す漢字を、どちらも「ばい」と読ませるようにしたのか。 しかも、英語で買うは“buy”だなんて…おふざけにも程がある。 (ポニ岡ポニー)2017年01月02日 22:29 

      テーマ:
  • 01 Jan
    • 新年明けましておめでとう御座います!!

          思えば去年のオレ、頑張り足りてなかった。 人々がオレに対して嫌悪感をあらわにする時オレの人間的な素質に問題があるのかなぁ、と半ば諦めていた瞬間もあった。でも、それだとドツボにはまって全く進歩しないのでこれからは頑張り足りてないから人は僕の事を認めないんだな、と思う事にしようと思った。そうすればあっ!もっと頑張ろう!と辛い事があっても背筋を正して前を向く姿勢が作れるじゃない。  今年は背筋を正して先ずは姿勢から!そうすれば精神も後からついてくるかな!と。  新年の挨拶、私にとっては毎年この動画でネット上は幕をあける。新年初笑いPVです。      今年は酉年。と言う事でCosmic Radioはこの曲で幕を開けました!!    昔、渋谷陽一さんの番組でシチュエーションリクエスト特集と言うのがあってその中でプロレスの入場曲にこの曲がいいんじゃないですか?とリクエストしたら採用頂いた。 ロックファンにプロレス好きは結構多いらしく他にもそのリクエストが多い中での採用だったらしい。 ギターリフ的にはクリームのクロスロードを意識している様にも思えるが。 その頃、我が家にはネットも無かったし洋楽の映像も殆ど観る機会がなかったので最近この映像を見てここまでアブノーマルな人だとは思わなかった。 母はイーグルスが好きであの時洋楽はラジオしか情報が無くて良かった。映像があったら好きになれなかった人がいっぱいいただろうね。とシミジミ語っていた。 まぁ、でも曲のノリは至ってシンプルで私は結構今でも、この曲が好きだ。 初リクエスト採用曲でもあるしね(笑)アレッ、健太さんの番組にリクエストしたCSN&Yの「ヘルプレス」だっけ?ビーチボーイズの「Don't Worry Baby」の71年コンサートヴァージョンだっけ?今はもう遠い昔14歳の頃の話です。。      今から14年程前BSでうじきつよしさん司会の懐かしの洋楽のビデオクリップ紹介をやっていた。 時々ローリーがゲストに出て女性アナウンサーと3人で色々ビデオを観ながらツッコミを入れつつ楽しい洋楽談義に花を咲かせていた。ヤードバーズのデビュー曲でフォヤラ~と力の抜けた歌を聴かせるクリップに驚いた。 ローリー:とても後にビッグになるバンドとは思えない。 EL&Pのド派手なパフォーマンスに驚いた!キースエマーソンの暴力的なオルガンプレイ。最後は風船を洋服の中に入れて胸を揉む仕草をしてスタジオを去っていった。 :これがロックなんだ。。と思った。 エルトンジョン&キキディーの「Don't Go Breaking My Herat」がとても可愛らしかった。とにかくその頃はラジオ以外洋楽の情報が無かったため映像で色んなアーティストを観れるのが嬉しかった。 番組はクリスマスSpecialで幕を閉じた。その時のビデオは今も私の押し入れに閉まってある。 KissのLoving You BabyThe Rolling StonesのMiss YouPrince BatmanBillie Joel Uptown Girl濃いビデオばかりでその時我が家は休戦モードに入っていたのでホンワカした思い出とともにその時観たアーティストの曲はどれもそれ也に鮮烈に印象に残っている。      引退後は自分探しの旅と名乗って世界各地を渡り歩き :甘っちょろい!!とたけしや太田らお茶の間で笑いのネタにされてしまった中田。 しかし彼が活躍し出した97年頃日本サッカーは大きく変わったと言える。それまではカズの様なFWストライカータイプが日本サッカーでは圧倒的に人気だった。 そこへ中田が現れMFのスターが誕生したのだ。伝説のキラーパスは冴えていた頃のは今観ても尋常じゃない切れ味。その後小笠原満男、中村俊輔、小野伸二、稲本と次々と日本サッカー界にMFのスターが登場した。 FWがシュートを打って決める。この当たり前の格好よさがウケる単純さからもっとクレバーで知的なプレーが注目される様になった。 彼の登場は日本サッカーの質そのものが変わった象徴的な出来事だった。私はと言えばサッカー部の中で大の目立ちたがりには勝てずいつもDFで、たまに上手いストライカータイプからパスが上手い。影のストライカーだ!等とお褒めの言葉を頂いたりしたくらい。 FWは最前線にいつもいなければいけない為MFやDFの様にいつも全体を見渡せる広い視野を持った選手に比べ監督業は向いてない様に思う。結局ジーコは失敗でオシムの方が監督として評価を上げる事になる。 私が近年ずっと注目している選手は鹿島の小笠原。今年で36になったと思うが未だにチームを上手く纏めている。前々から彼は長続きするだろう、と感じていた。カズは30過ぎくらいにはプレーの質が落ちてしまったが力技のFWに比べ技で勝負するMFは長続きする。 それはかつて私が好きだったテニスのアガシについても力よりテクニックタイプの方が長続きする事のアカシである。      PS. 今日の天皇杯は久しぶりに良いサッカーを観た。川崎もよく頑張った!決して突出した選手ばかりでない鹿島の組織力を大切にする伝統が充分に活かされた試合であった。今の鹿島には敵がいないんじゃないか?若手もどんどん投入して世代交代も潤滑で当分鹿島の黄金時代は続きそうである。  ​ 私の2017年の書き初め \ 2017年 /書き初めメーカー 新年の書き初めをしよう      あんけいよー@ankyon43 @6996296 いろいろと濃そうな御父様をお持ちで!うちの親父は本当に何も知らないどうしようもない人間で、ドラえもんのしずかちゃんを「あかねさん」と呼んでました。おはようございまーーす!2016年06月04日 07:36 ビル山崎@bill_yamazaki @6996296 最高ですね。談志さんのブラックジョークは学生の頃、ものすごく影響を受けました。 ありがとうございます!2016年05月25日 12:20  あんけいよー@ankyon43 @6996296 太田さんも解説を書いたことあるんですね!ロボット警官なつかしい!今読み直してるんですが、時代時代で面白さが変わって楽しいですよね。両さんメチャクチャすぎ!2016年02月02日 16:15  

      6
      テーマ:
AD

最近のコメント

ランキング

総合ランキング
160268 位
総合月間
198083 位
お笑い
215 位
洋楽
261 位

ランキングトップへ

AD

プロフィール

カシアス耕作

自己紹介:
好きなラジオ番組は木村カエラの「コズミックレディオ」「夢街名曲堂」 (こう言った楽しいコミ...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。